2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.31 (Wed)

北欧のごみ箱

 ここ何日か、ノルウェーの旅行記について書いたので、今日は“ごみ”について少し考えてみました。
 いつも違う国に行くと、我が家の恒例作業となっているのが、ごみ箱撮影。いくつか撮って来ました。英語どころか、北欧の言語もちんぷんかんぷんなので、ちょっとわかりませんでしたが、分別項目はカン・ビン、紙類、生ごみ、その他、の様子でした。

ごみ箱_stockholm1 ごみ箱_copenhavn ごみ箱_NSB
ストックホルム街頭         コペンハーゲン街頭       ノルウェーの電車内

ここで一つ感じたのが、ごみ箱サイズが大きいこと。どうしてこんなに大きいのかしら。ちょっと気になったので、どれだけごみを排出しているのか調べてみました。

          OECD_waste
             各国の一般廃棄物の発生量

 上記グラフは、OECDの統計データを利用し私が作成したものです。(詳しく知りたい方は、OECDのデータでご確認下さい。)データは国によって若干異なりますが、大体2003年のデータのようです。
 これを見ると、国全体でみるとアメリカ、ドイツについで、日本は3番目の排出量ですが、日本の人口を考えると当然のような気もします。

   日本 vs 北欧 の人口 (2005年)
  ------------------------
  日本       127,897,000人

  スウェーデン   9,038,000人
  ノルウェー    4,639,000人
  デンマーク    5,417,000人
  フィンランド   5,246,000人
  ------------------------
出典:United Nations Population Division, World Population Prospects

 そして国民一人あたりに換算すると、日本人の排出量は意外と少ないのですね。ごみの定義や、調査年が違うので単純比較は出来ないのでしょうか? このグラフの解釈について、お詳しい方がいらしたら教えて下さい。

 で、本題にもどって、どうしてごみ箱が大きいのかしら。これは一人あたり排出量の違いなのかしら、それとも単なる習慣?ごみ収集車がやってくる回数が少ないとか? 
 我が家の謎は解決されずですが、こんなこと考えながら旅をするのって、ちょっと変なような気もするので、主人と議論するのは止めました。

 今日はこれで、おしまい。


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *ごみ*

17:17  |  ├ Norway  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.07.10 (Thu)

大量の氷と大量のごみ

08tsukiji_13.jpg
築地のお話の続きです...

築地を歩いていて、
ものすごく目についたのが
発泡スチロールの数。

昔は魚を入れるのに
トロ箱という木製のものが

08tsukiji_17.jpg

使われていたようですが
現在、鮮魚を入れるのは、

保温性や軽量性などで優れる
発泡スチロールのケース。

しかし、
この世界最大の魚市場で

使われている量を見ると、
すごい量です...
08tsukiji_26.jpg

この利用後の発砲スチロールは、

産業廃棄物として
処理が問題となっているとか。

また、最近では
「フードマイレージ」という

言葉が聞かれるようになりました。

08tsukiji_32.jpg

魚に限らず、
食糧自給率の低い我が国は

様々なところから、食糧を輸入しており
運んだ食糧の距離(マイレージ)は、

そのまま輸送燃料の消費に直結します。

とくに、鮮魚のような食品は

その距離を
冷蔵や冷凍するためにかかる
エネルギーも無視できません。

とてつもなく巨大な

08tsukiji_27.jpg

東京の台所を見て、

私たちが
魚を口にするまでの過程には、

色々な環境負荷が生じているのだと
改めて感じました。

先日 『日本の「食」は安すぎる』 
という本を読みました。

08tsukiji_23.jpg

最近様々な食品偽装の問題が
取り沙汰されていますが

安さだけを追求する
消費者にも責任があると
この作者は指摘しています。

08tsukiji_33.jpg

日本では消費者が満足する方向に
大きくエネルギーが偏り、

サービス提供者側は
疲弊しているように思える、

消費者はもはや「弱者」ではない、

といった内容でした。

まだ薄暗い早朝からスゴイ勢いで、

貴重な私たちの食糧を真剣に取引する
築地の人々を見て、色々と考えてしまいました...



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *食糧* *ごみ*

00:25  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。