2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.25 (Tue)

洞峰公園

tsukuba_03.jpg先週末に、
つくば市にある洞峰公園に行きました。

お天気が良かったこともあり
たくさんの家族連でにぎわっていました。

つくば市は、都心から
約40~50km北にあるので
都内と比較すると、若干気温が低いです。

tsukuba_04.jpg

よって、先週末に都内では何輪か桜が咲いて
開花宣言もされましたが、
ここでは、その気配はありませんでした。

しかし、梅、椿、クロッカス、水仙など
季節の花が、そこそこに咲いていました。

tsukuba_01.jpg
ところで、桜が咲く時期にお花見をするという習慣は
他の国でもあるのでしょうか?
私は大好きです。

海外主要都市の一人あたり公園面積というデータが
あるのですが(注1)、それを見ると

tsukuba_02.jpg
----------
ニューヨーク   29.1㎡/人
ロンドン      25.3㎡/人
パリ        27.4㎡/人
ストックホルム  79.4㎡/人
東京(特別区)  2.9㎡/人
札幌市      10.8㎡/人
----------

だそうです。
tsukuba_05.jpg


このデータの算出方法にも
色々と議論があるようですが

それでも日本は、
公園面積が小さいと
言えそうな感じ。

tsukuba_06.jpg

確かに、花を見に行ったのに
人を見てきたような気分になるのは
うんざりです。

都心のヒートアイランド現象の抑制効果もあるでしょうし、
緑あふれる公園が、
今後、どんどん増えていってくれると嬉しい...

ソメイヨシノ、もうすぐですね。
とても楽しみです。

(注1) 国土交通省 都市・地域整備局公園緑地課、平成16年度末都市公園等整備の現況
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *花* *公園*

10:12  |  ├ 茨城  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.03.29 (Sat)

小石川植物園のさくらさく♪

Harima_zaka_01.jpg
数日前までは、まだ堅いつぼみだったと思っていた
ソメイヨシノが今日は、ほぼ満開。

いてもたってもいられず
お昼休みに、
近くにある播磨坂へ。
Harima_zaka_03.jpg
ところが、
あまりの人の多さに
辟易。。。

よって播磨坂近くの、
小石川植物園まで足を伸ばしました。

こちらも人は結構いましたが、さすが入園料(330円)が、
かかるだけあって?混雑している、
という程ではありませんでした。

forest_area4.jpg
とぉ~っても奇麗でした!

植物園の中には、
ソメイヨシノのみならず

たくさんの種類が
あるようですから、
桜はしばらく楽しめそう。

さて、
先日の公園面積に続いて
今度は森林面積について
(注1)。

koishikawa_06.jpg
日本の森林面積は国土の約68%で
北欧に負けないくらいの割合↑。

(ただ人口が多いので、一人あたりに換算すると
大したこと無いような気もしますが...)

ところが北欧などと違って、日本の森林は急斜面に存在。

koishikawa_05.jpg
私も一度、営林地を見学に行ったことがあるのですが、

落ち葉でふわっふわの地面に
急勾配は、非常に歩きづらく
危険も伴う。

このような状況では、木を切り出すことに、
コストがかかる

中国などからの安い木材を利用

林業の衰退...

koishikawa_04.jpg
結局、国土の7割程度もが、森林のわりには、

国産木材を利用をしないし、
生活に緑が感じられることも少ない...

そして、花粉症だけは問題になっている。

なんでやねん?





注1)国連食料農業機関(FAO)、Global Forest Resources Assessment 2005より著者が作成

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *花* *公園*

02:06  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2010.10.23 (Sat)

お金の使い方

10GrandTeton_24.jpg
グランドティトン国立公園の南に

Laurence S. Rockefeller Preserve
(ローレンス スピールマン ロックフェラー
 自然保護地区)

というところがありました。

ロックフェラー家が

このグランドティトンの美しい自然を
保護するために、

買い上げて管理し
一般に無料開放しているところです。

ローレンスさんとは



10GrandTeton_27.jpg

石油で莫大な富を築いた
ジョン・ロックフェラーの3世代目だそうです。

国立公園は国が管理していますが

このエリアは、
ロックフェラー家が管理しているのです。

公園は、国立公園同様に、
きれいに管理されており、

いくつものハイキングコースがあり
とても魅力的なところでした。

ビジターセンターも立派で




10GrandTeton_25.jpg
何人もの人が、

これらすべての管理のために
雇用されているのでしょうけど

それらを

ロックフェラー財団が
まかなっているということです。

歩いて廻るには
結構な時間がかかりそうで

ビジターセンターだけ
くるりと見物して帰ってきましたが

次回は数日間かけて、
ゆっくり歩きたいです。


10GrandTeton_26.jpg

このエリアをみて

自分が、世界一のお金持ちになったら
そのお金を何に使うだろう

と思わず考えてしまいました。

何もかも手に入れてしまったら
次に、何をするのだろうと。

えこたびだったら
何に使うだろう???

ここの駐車場には
ハイブリッドカーの
優先スペースがありました。



10YellowStone_15.jpg

このロックフェラー家の敷地は、
そもそもは自然保護のことを考えて

だと思うのですが

えこたびには、

自分のことだけではなく
みんなのことを一緒に考えようよと、

そういう
コミュニケーションの場を

提供しているところのようにも
思えました。


テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *公園*

14:58  |  └ USA (WY)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。