2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.06.03 (Tue)

デインツリー動物園

08Cairns_Zoo_01.jpg
ケアンズを訪れた際に
デインツリー動物園に行きました。

先日、書いた 『ヒクイドリ』 がいたところです。

入り口の門をくぐると、
裸足に短パンの奥さんが出迎えてくれました。

そして園内を簡単に紹介して
ヒクイドリのエサ用に果物
カンガルー用にパン
を渡してくれました。

08Cairns_Zoo_02.jpg
熱帯特有のオウムが多かったのですが、
どの子も、私たちが行くと
おもしろそうに寄ってきてくれます。

網の隙間から、大きな口を開けて
丸っこい舌を見せてくれます。

08Cairns_Zoo_03.jpg

以前にダルマインコを
飼っていたことがあるのですが

大型インコのくちばしは
恐るべき破壊力。

昔、私の机の上の、
ありとあらゆる物を破壊してくれました。

08Cairns_Zoo_04.jpg
例えば、鉛筆は芯以外は
きれいに木くずにしてくれたり...

だからこの動物園に入って最初に、
上述の奥さんが大きな赤いシッポをもつ
オウムを肩に乗せてくれたとき

私の頭の上にあった
サングラスをガリガリやりはじめ
ちょっと、ヒヤヒヤでした。

08Cairns_Zoo_05.jpg

動物園の動物たちって、
本当はこんな人工的なところに
入れられて、不幸だと言うべきなんでしょう。

でも、私は動物園が好き...

ここの動物園は、柵がない場合が多く、
補食関係にない動物たちは
一緒に入れられていました。

08Cairns_Zoo_06.jpg

さすが、オーストラリア、
カンガルー・エリアには入って
餌付け体験ができるようになっていました。

カンガルーたちは、私たちを見ると
「エサがきた!」と
もう、必至のアピールです。

08Cairns_Zoo_07.jpg

カンガルーって後ろ足と尾っぽが立派ですが
意外と前足は華奢。

その小さい手で、おねだりポーズをします。

私たちに与えられたエサは
食パン3枚。

08Cairns_Zoo_08.jpg
あげると、きちんと手でつかんで
食べます。

ココの動物園では、入り口でくれるエサは
あげて良いことになっているらしい。

ところで、

動物にエサをあげるって、
どうして楽しいんでしょう?
08Cairns_Zoo_09.jpg


人間がご飯を食べている姿
を見るのって
あまり楽しいと思わないんですが。

どうして、
鳥や動物たちにエサをあげるのは
楽しいのだろうかと、

な~んか、オヤジくさい
カンガルー達をみて、考えてしまいました...

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ* *動物園* *鳥*

23:12  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.10.27 (Mon)

だって眠いんだもん

08TOBU_02.jpg
先週末に、埼玉県にある
東武動物公園に行ってきました。

なんでかって、

私がいつもお邪魔している
ばいせんさんのページ

とってもおちゃめなトラを見たから...

ちょうど
ホワイトタイガーが

東武動物公園に新たに
やってくると聴いて、

いそいそと、行ってきました。

08TOBU_01.jpg
それが・・・

行った時間が悪かった。
どこ見ても、

寝てる↑ 寝てる← 寝てる↓

でも、
ご飯食べると眠くなる

08TOBU_03.jpg
っていうのは、仕方な~い
ですよね。

そして、人間様でも
イタリアやスペインには

シエスタ(お昼寝)の習慣が
あると言います。

ところで、日本にもお昼寝時間を作る

08TOBU_22.jpg
っていうのはどうなんでしょう?

特に夏なんて、

お昼過ぎに電力消費量が
増えるために、

よく節電のアナウンスが流れます。


08TOBU_16.jpg

電力は時間によって
消費される量にムラがあり

それを平準化することが

①電力供給の安定化
②電力コストの低減
③省エネルギー/CO2排出量削減

08TOBU_24.jpg
につながると言われ、
その対策が検討されています(注1)

だったら、
みんなでお昼寝しちゃえば、
頑張らなくても、節電できるような...

サクっとお昼寝して
効率よく午後の仕事を片づける。


お昼ご飯あとに、眠くて眠くて仕方がない私の願望でしょうか???

注1) 経済産業省資源エネルギー庁、電力負荷平準化対策について

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ* *動物園*

08:13  |  ├ 埼玉  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2008.10.31 (Fri)

ぞうさんペーパー

08TOBU_14.jpg
東武動物公園の続きです。

私が入園した際には
誰も彼もがお昼寝タイム...

もう敵襲という感覚が
なくなってしまっているのかと

そう思えるほどの
見事な寝相でしたが

↓起きるとみんな凛々しいのです!

ところで、

08TOBU_08.jpg
動物たちからは、
結構な量の糞尿が出ますが、

その処理は意外と手間がかかります。

糞尿は畑の肥料にすれば
良いじゃん?

って思うのですが


08TOBU_06.jpg水分を含んでいる為に、
その運搬も大変らしい。

ニオイがキツイ為に
近隣住民から苦情が来たりとか...

そして糞尿を畑に蒔くまでには

熟成や発酵などの
手間暇がいるそうです。

08TOBU_18.jpg
また、このご時世

メラミンだの、シアンだの
話題になってますが

動物がもし変なモノ食べていたり、
病気していたりしたり、

不純物が入っている可能性も

08TOBU_17.jpg
あるわけです。

以前に、
生ごみから堆肥を作り
それを地元の畑で使ってもらって・・・

って私たちが
考えていたときに

農家の方の反対に会いました。

08TOBU_15.jpg
何が入っているかよくわからないものを
うちの畑に蒔くのか?

うちの畑を、ごみ捨て場にするつもりか?

担い手が高齢化しているので

軽い化学肥料、に比較して
重い堆肥、を蒔くのは大変。

誰が手伝ってくれるのか?

08TOBU_27.jpg



化学肥料を蒔くために、
機械を今使っているが

堆肥用の機械を、
誰が買ってくれるんだ?

自分が農業について全く知らず

自分はきれいなところで、

環境問題の為にああしよう、
こうしようって机上の議論をしている・・・

それをものすごく反省した瞬間でした。

08TOBU_19.jpg
動物園のサイが、

グレープフルーツ大の
まん丸ウンチを

ボテボテボテぇ~って
お尻から出しているのを見て↑

急にあのときの
苦い経験を思い出しました。

簡単に 『リサイクル』 や 『循環』
って口にするけど


08TOBU_23.jpg
たくさんの問題を
はらんでいることを
学びました。

動物園のおみやげ屋さん
で見つけた

ぞうさんペーパー

ぞうさんのウンチから
繊維を取りだして
作った紙だそうです。

ちょっと分厚くてゴツゴツした感じの紙。
きれいにハート形にくりぬいたカラフルなメモ帳になって、箱に入っていました。

こんな使い道もあるんですねぇ。



テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : *どうぶつ* *動物園* *リサイクル* *おみやげ*

00:01  |  ├ 埼玉  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2008.12.01 (Mon)

パンダはいません

08UenoZOO_02.jpg
先週末は上野動物園にお散歩。

上野の紅葉は終盤でしたが

鮮やかな色の落ち葉が
地面に敷き詰められ

風が吹くたびに、
木から新たな落ち葉が

08UenoZOO_04.jpg
ひらひらと
舞い降りてきて

とても印象的でした。

私の中では、
上野動物園=ジャイアントパンダ
でした。

そういうイメージは、他の人にもあるのか

動物園入り口に
「パンダはいません」
って看板がありました。

08UenoZOO_01.jpg



今年4月に
リンリンは他界してしまったのですね...

そういえば、
あの愛くるしいパンダが

かつては肉食動物だったって
聴いて、ちょっとびっくり。

今では笹ばっかり食べていますが

パンダの身体って
肉食獣の構造をしているらしい。

08UenoZOO_15.jpg

これは、進化の過程で

どうしても笹しか食べられない
環境に追い込まれた、

若しくは、

笹を食べるのが
一番生き残りやすい環境に置かれて、

笹を食べる事に順応した個体
だけが生き残り、

そうでないものは死滅して、

08UenoZOO_05.jpg


笹を食べる生き物へと
変わっていったのではないかと
言われているとか...

このように環境に適応しようと

動物たちは自らの身体を変化させ、
生きながらえてきた...

人間は頭がいいから、
自らの身体を変化させ適応するのではなく

周りの環境を変化させてきた。

08UenoZOO_13.jpg


例えば、

寒ければエアコンを作り
食べ物が無ければ、栽培して作った。

パンダの頭では、
笹しかないという環境を

克服出来なかった為に
死んでしまった個体がいるように

人間の頭では、
適応しきれないような状況がくれば

人間は滅びてしまうのでしょうか。

08UenoZOO_20.jpg
上野動物園に
パンダがいなくなっても

お土産だけは健在。

おへそに桜マークの
桜木亭のパンダ焼→
6個480円也。



テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

タグ : *どうぶつ* *動物園* *おみやげ*

10:31  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)

2008.12.04 (Thu)

上野動物公園のホッキョクグマ

08UenoZOO_10.jpg
先週末に行った
上野動物園には

2頭のホッキョクグマ(シロクマ)
がいました。

ものすごい人気で、
柵の近くに
なかなか寄れなかったほどです。

見目形もカワイイのですけど

それよりもその挙動がおかしい...

水の中にドボ~ンって、
飛び込んでみたり、

08UenoZOO_06.jpg

愛嬌を振りまき続けています。

私がいつもお邪魔させて頂いている
ryounoskeさんのページにも

ものすごく面白いシロクマ君がいました。

シロクマって、
愛嬌のある動物なんですねぇ。

みんなに慕われる理由がわかります。

でも、シロクマというと、
地球温暖化の犠牲者の
シンボル的存在。

08UenoZOO_09.jpg

現にIUCN(国際自然保護連合)
レッドリストカテゴリーにも取り上げられ

EX: 絶滅
EW: 野生絶滅
CR: 絶滅危惧ⅠA
EN: 絶滅危惧ⅠB
VU: 絶滅危惧Ⅱ
NT: 准絶滅危惧

というカテゴリーのうち

シロクマは、
下から二番目のVUに
分類されているそうです。

08UenoZOO_22.jpg

こうやって悲劇の主人公にされている
シロクマ君ですけど

ヒグマとの交配種
「ハイブリッド」 が確認されているとか。

意外と、
ジャイアントパンダのように

シロクマ君も、自ら亜種を作って
たくましく生き延びていって、

レッドリストカテゴリーに
掲載されるべきは


08UenoZOO_21.jpg
ホモサピエンスだったりして...

この前、テレビ番組で
人類消滅後、地球はどうなるかを
シミュレーションしていました。

1万年後に、人類が生きた痕跡は
跡形もなく消えてしまい

地球上は動植物に満ちあふれ
もとの美しい姿を
取り戻すといったものです。

どうもこの原著は
The World Without Us」で、

翻訳版は、
人類が消えた世界」みたい。
08UenoZOO_11.jpg
科学的根拠に基づいているとありますが
どれほどなのか、早速読んでみます。

そういえば昔々、
大学院の入試の際に面接で

「環境問題は人類が滅びれば解決するんだ」

って試験官に言われて、
フリーズした覚えがあります。

その先生、医学部の先生だったので

「では、莫大なエネルギー投入して
 人間の延命治療なんかせずに
 放置したらどうですか」って、

08UenoZOO_12.jpg
ケンカ売りたかったんですけどね、
にこやかに「そうですね。」って
ダンマリました。

人類がすべて消えるわけには
行かないのだから、

自分たちが諸悪の根元である
ということを認識しつつ

北極のシロクマも、
近所の三毛猫も、

みんなで仲良くハッピーに
生き続ける方法を
賢い人間が考える、

それが環境問題なのでは
ないでしょうか。

ちょっと今回は長くなってしまいました。ごめんなさい。

最後に北極圏つながりで、白フクロウ↑。怒ってはいません。たぶん。


テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ* *生物多様性* *動物園*

08:29  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2011.09.23 (Fri)

アラスカ動物園

11Alaska_zoo_01.jpg
デナリ国立公園では
悪天候であったこともあり

思ったほど

野生動物たちに
出会うことができませんでした。

そこで
アンカレッジにある

アラスカ動物園
行ってみました。

この動物園は、
そもそも



11Alaska_zoo_02.jpg

保護された動物のための

リハビリテーションが
目的で作られた

施設であったらしく

園内の動物には
それぞれに

この施設にやってきた経緯が
書かれていました。

よって、
普通動物園によくいる



11Alaska_zoo_03.jpg
キリンやゾウなどは
おらず

アラスカに生息する
動物のみがいるのでした。

こんな大自然のアラスカに
やってきて

動物園にいくことに
矛盾を感じましたが

本来近寄ってみることが
不可能な動物たちを

間近で眺めることが
できるのは


11Alaska_zoo_09.jpg

それはそれで
楽しかったです。

予想されたことではありますが
デナリ国立公園では

熊に出会ったときの注意を
何回も何回も繰り返されました。

例えば、

出会った熊が
立ち上がっていた場合

静かに話しかける。
手を上に挙げながら、後ろに下がる。


11Alaska_zoo_04.jpg

走ってはなりません。
木に登ってはいけません。

熊に、
好きなだけしゃべらせなさい。

とか、

熊がこっちに向かってきた場合

グリズリーベアならば

頭や首、
頸動脈部分を保護し

うつぶせになり


11Alaska_zoo_08.jpg

死んだふりをしてください。

ブラックベアーならば

手を大きく挙げて、
戦う準備をしてください。

とありました。

オソロシ過ぎます...

熊に出会ったときに

これだけのことを
冷静に判断できるものだろうか(反語)。



気持ちよさそうに、眠っているグリズリーベアを見る限りは
とてもそんなにオソロシイ状況を想像できないんですけどねぇ...






テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *動物園*

19:05  |  ├ USA (AK)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.17 (Mon)

レミュール パーク

12Lemur_Park_06.jpg
マダガスカルの首都
アンタナナリボ市内から

車で30~40分
行ったところの

レミュール・パーク

というところに行きました。

ベレンティーや
キリンディ保護区の

自然な中に生きる

キツネザルを
たくさん見た後

だったので、

12Lemur_Park_04.jpg

ちょっと物足りない気は
しましたけど

ここのキツネザルは

とても
慣れているので

かなり間近で
観察できました。

だから、

写真がとても
撮りやすかったです。




12Lemur_Park_02.jpg

↑こんな、どべ~っとした姿や

子連れ姿→
なんて

普通に森で生きている
状態だと

見つけて写真に収めるなんて

えこたびには
至難のワザなのです。

そして

キツネザルを見つけるのに
時間がかからないので


12Lemur_Park_03.jpg

結構サクサク
回れました。

そこがいいと言えば
いいのでしょうけど

おもしろくないと言えば
おもしろくないのです。

オリがないだけで
動物園のような感じ。

でも

今から思えば
先にこっちを廻っておくと



12Lemur_Park_01.jpg

キツネザルの
予習になって

いいかなと思いました。

えこたびにとっては

動きの速い
キツネザルの写真を撮るのは

非常に難しくて
夢中に撮ってから

あとでPCで見て
ガッカリ...

ばかりでしたので(涙)。


12Lemur_Park_08.jpg

このレミュール・パークには

感じのよい
小さなカフェがあって

ここでランチを
食べました。

で、謎だったのが

↓これは
キツネザルの顔に

なっているのか
なっていないのか?

上下逆さまなのか??


12Lemur_Park_09.jpg

何なんだろう...

この小さなカフェの他に
小さなおみやげやさんもあり

極めて観光客用といった
感じですけど

アンタナナリボ市内から
比較的簡単に行けますし

いろいろな意味で
とっても気に入った

レミュール・パークでした。





テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *動物園*

18:37  |  ├ Madagascar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.23 (Sun)

マダガスカル・エキゾチック

12Madagascar_00.jpg
マダガスカル内の
都市間移動は

主に飛行機だったのですが

いちいち
アンタナナリボ経由なので

アンタナナリボ空港で

旅行中の日本人に会う

といった状況が
何回かありました。

よって
どこ行きました?
どうでした??


12Baobab_32.jpg

など、

会った際に会話することが
多々ありました。

その際に

カメレオン見てきたと

たくさんの画像を
iPadで

見せてくれた

3人組の女性が
いました。



12Madagascar_Exiotic_01.jpg

は虫類大好きの
えこたびは

それまでに

十分に
カメレオン見ることが

出来ていなかったので

その場所を聞いて
ガイドさんに連絡して

そこに連れて行ってもらうことに
しました。

は虫類がたくさんいたのは


12Madagascar_Exiotic_02.jpg

マダガスカル・エキゾチック
Madagascar Exotic

という名前のは虫類の動物園。

小さなオリがたくさんあって
それぞれに、異なる種類の

カメレオンやら、トカゲやらが
いました。

なんで
「エキゾチック」なんだろうと

ちょっと突っ込みたく
なりましたが



12Madagascar_Exiotic_04.jpg

ここにいた
トカゲやカメレオン

は、とてもユニークでした。

巨大なムカデとか
ちょっと気持ち悪いのも

いました。

しかし
そのユニークさ故に

欲しがる愛好家が
多いらしく

密輸が絶えないんだとか...


12Madagascar_Exiotic_05.jpg

1つおかしかったのは

カメレオンって、
日中は飛んでいる蚊を

長い舌でぐる~んと

捕まえて
パクッと食べるわけですが

夜はよく見えないので

蚊を
捕まえることは出来ず

逆に蚊に
刺されるんだそうです...


12Madagascar_Exiotic_06.jpg

カメレオンは普段

木にぺったりとくっついて
擬態しているので

見つけにくく

苦労しましたが

ここでゆっくりと
見ることが出来て

とてもよかったです。

そして、
カメレオン、めちゃくちゃカワイかったです...




テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ* *動物園*

18:22  |  ├ Madagascar  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |