2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.07 (Wed)

オーストラリアのアウトバックにて

Road_Australia1.jpg オーストラリアの乾燥したアウトバックを車で走ったとき、今ここで最も重要なのは、ガソリンと水であることを実感しました。次にガソリンスタンドがあるのは何km先か、今タンクにどれくらい残っているか、この車の燃費だとあとどれくらい走れるか・・・

 道の途中で故障しても、JAFのように助けは来てくれません。 携帯も圏外です。
Road_Australia2.jpg
 そうなると、遭難?したとき用に、お水と食料もある程度用意しておかなきゃ!ってクーラーボックスに詰め込んでいました。対向車とも滅多にお目にかかりません。だからたま~にすれ違うと、手を挙げたりして挨拶をしてくれるほどです。

 このようにオーストラリアは真ん中がぽっこり乾燥地域なので、水資源にさぞや困窮しているのではと思ったのですが、統計値で見る限り、意外とそうでもないのですね。
Gas_station.jpg
  国内の一人あたり水資源賦存量(注1)
  ---------------------------------
   日本         3,383 (m3/人・年) (注2)
   オーストラリア  17,923 (m3/人・年) 
  ---------------------------------
water_consumption.jpg
 次に、水をどれくらい利用しているか調べてみると、国全体では日本はアメリカに次いで2番目に多い使用量で、国民一人あたりに換算すると、このOECDの統計にある国々では真ん中より少し多めで、オーストラリアよりは少ないようです。
water_consumption_用途別
 この水は、一体どういう用途に使用しているかというと、日本では約15%が生活に使用、75%が農業、10%が工業に使用です。そしてオーストラリアも日本と似たような傾向で、生活に20%、農業に62%、工業に18%です(注1-2)


 ところで日本は食糧自給率がカロリーベースで約40%という先進国では最低水準の国で、特にアメリカやオーストラリアからは多くの食料を輸入しています。そして、植物や動物を育てるには、たくさんの水が必要であり、例えば
Mt_conner.jpg
小麦1kg の生産に   900リットル
牛肉1kg の生産に 15,000リットル

の水が必要なんだそうです(注1)

 すなわち、我が国が膨大な食料を輸入しているということは、食料そのものに含まれる水のみならず、その生育に必要であった膨大な水も輸入していることになります。

Ayers Rock3 

 この間接的に使用している水が、“バーチャルウォーター”。(バーチャルウォーターとは、東京大学の沖大幹先生のページにありますので、詳しくはそちらをご参照下さい。)


 このバーチャルウォーターの量は、日本での総使用量約900億m3/年の約3分の2に値する量のようです(注3)。

 直接的な水使用量は、日本国民はそれほど多くないと感じましたが、バーチャルウォーターを含めると、最も使用量の多いアメリカをも追い抜き兼ねない量になってきます。
kangaroo.jpg
 こうしてみると、たくさんの貴重な水を消費して得られた食品を大切にしないといけないのだと改めて感じます。腐らせたり、無駄に廃棄することは、とても罪なのですね...

な、なんか、カンガルーに呆れられてます?

注1) Robin Clarke,Jannet King, 水の世界地図 ,丸善(2006)
注2) 2000年データ
注3) 沖大幹,“世界の水危機、日本の水問題”,http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/Info/Press200207/


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *水* *資源*

23:27  |  ├ Australia (NT)  |  トラックバック(2)  |  コメント(2)

2008.03.14 (Fri)

シンガポールにダイソー

Daiso_01.jpgシンガポールで、ダイソーのお店を見つけました。

日本では100円ショップですが、
シンガポールでは2ドル(約147円)ショップ。

ダイソーは他にも、東南アジアのみならず
様々な国々にも出店しているそうです。

おそるべし、100円ショップ。

Daiso_05.jpg


アメリカで1dollarショップ、
ヨーロッパで1euroショップを
見たことがありますが、

日本同様、安売りショップというイメージ。
Singapore_02.jpg

徹底解剖100円ショップ”という本によると、

東南アジアのこのようなお店は、
どちらかというと、「質の良い日本雑貨店」
というコンセプトだとか。

シンガポールのショップは
結構な人でにぎわっていました。

ごみ箱_singapore
ところで、上述の本によれば

日本の100円ショップに
売っている品物の出所は

中国46% 日本15% 韓国12% 台湾10%
だそうです。

Daiso_02.jpg
日本の経済って、本当に中国と切っても
切れない状況なんだと、改めて。

この本を読んでいて、悲しくなったのが、
100円ショップで売っている有田焼の話。

安価な中国産の登場で
有田焼が売れなくなって、その結果

Daiso_04.jpg

機械化・合理化を進め
単価を下げて、大量販売することで
経営をまかなっている。

ある窯元では、
100円ショップへの納入が80%にも
達しているとのこと。

Merlion_05.jpg
日本の農業が、中国産に押されてしまったように
これでは、大切な日本の工芸品も
廃れていってしまいそう...

100円ショップって、とても便利。

Singapore_01.jpg

「え、これも100円?」って
所狭しと並んでいるショップ内を
散策するのは結構楽しい...

そして、敵の術中にまんまとはまって
衝動買いしてしまう...


こういう私のお買い物は、
大量消費を助長したり、
日本の産業を衰退させる原因になりかねないと
この本を読んで、ちょっと反省しました...

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *資源*

23:36  |  ├ Singapore  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.06.28 (Sat)

木づかい

08JIE_bio_03.jpg
数年前ですが、山梨県早川町というところに
森の見学に行きました。

早川町とは、
甲府市と富士市の間くらいに位置し
南アルプスと富士山に挟まれたところ。

山に抱かれた、とても美しい街です。

早川町役場の人から林業の現状について
お話を伺った後に
08JIE_bio_02.jpg
典型的だといわれる急傾斜林(斜度30~40°)に登りました。

地面は、ふわっふわの腐葉土で
登ろうとしても、足下が崩れてしまい
なかなか前に進めません。

そして、あまりに急勾配なので、
一旦転ぶと、
転がり続けそうな恐怖感...
08JIE_bio_04.jpg
人工林というのは、間伐材を切ったり
管理していかないと、維持は難しいのだそう。

ただ、林業の担い手が高齢化
するなか、この足場の悪い林で
木々を切り出すのは至難の業。

08JIE_bio_07.jpg

苦労して切り出した木々も
安い中国産などの木材に太刀打ち出来ない。

そういう悪循環で、どんどん衰退しています。

現状を説明して下さった方も
かなりのご高齢ですが
跡継ぎはいないそう。

08JIE_bio_08.jpg
この街は、林業の衰退とともに
過疎化が進んでいるそうで(人口85%流出)

この見学会の際の宿は
廃校になった街の小学校を
宿に改造したところでした。

コレを見て、国産材を使おう!
って思いましたが、
39.jpg
なかなか普段の生活で
国産材を選ぶ手段というのがありませんでした。

が、元気な森づくりの為の
プロジェクトがあることを
(今頃)発見!

木づかい運動って言うんだそう。(注1)
国産材には、
←このようなマークをつけているそうです。

例えば、コンビニのミニストップでは
このマークがついた
08JIE_bio_09.jpg

国産材の割り箸が→、
一膳5円で
販売されていました。

割り箸とは、そもそも間伐材を利用したり
丸太から角材を取り出した際に、残った端材を利用する、いわゆる廃材の有効利用(注3)。

08JIE_bio_01.jpg
しかし、現在ではそれを使わず
そのまま森に捨て

中国から割り箸を輸入している。

日本の割り箸は9割以上が
中国産だとか(注2)。

マイ箸も良いですけど、
我が国の林業活性化、


ひいては森林の保護の為に、国産材割り箸を使うのも、一案なんですね。

段々、食べ物の写真が
定番になりつつありますが...

↑これは、山梨名物ホウトウ!真夏に食べたから、汗だくでした。


注1) 財団法人 日本木材総合情報センター 木づかい運動情報サイト
注2) 環境三四郎 「割り箸から見た環境問題
注3) 田中淳夫 「割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 」 ちくま新書、東京、203pp

テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

タグ : *資源*

09:31  |  ├ 山梨  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.09.10 (Wed)

アイスランドのアルミニウム

icelandmapweb.gif
まだまだ続くアイスランドです。

アイスランドでは
水資源も豊富。

地表の約10%が
氷河で覆われており(注1)

その氷河の水が
たくさんの滝を造り出しています。

08Vatnajokull_11.jpg

ドライブしていても
最初の頃は、写真を撮ろうと

滝を見つけると
車を停めていましたが
そのうち、飽きてしまうほど...

なかでも  ←『スコガフォス』 と
『セルフォス』↓ という滝は

とても大きくて、
観光名所となっています。

このような豊富な
水資源を利用して


08Vatnajokull_10.jpg
アイスランドで
発電される電力量は(注2)

81% 水力
19% 地熱

の割合。

ちなみに、日本は(注2)

08Vatnajokull_02.jpg
62% 火力(化石燃料)
28% 原子力
8%  水力

となっています。

そして、国内の
水資源賦存量(注3)
みてみると

08Vatnajokull_12.jpg

カナダ      89,934
フランス      3,367
オーストラリア  24,411
日本        3,357
アイスランド   576,271
 (単位 m3/人・年)

と、ちょっとアイスランドは破格(注4)

こうやって、『水』という資源が豊富なので
ダムを造って
水力発電量を増やし

『電力の塊』と言われるほどの
アルミニウムの精錬産業が
成長しているとか。

08Vatnajokull_04.jpg

金属の製造にかかるCO2排出量
を見てみると
 
鉄板      2.10
銅板      1.42
ステンレス板 5.09
アルミ板    11.0
 (単位 kg・CO2/kg・素材)(注5)

となっており、アルミは精錬するのに
他の金属と比較して
非常に電力を消費します(注6)

08Vatnajokull_03.jpg

よって、世界全体でみれば、

アルミニウムは自然エネルギーを
利用できるところで精錬した方が

地球温暖化ガスの排出量が
少ないと言えます(注7)

そして主幹産業である漁業が
漁獲量の減少で衰退しつつある
アイスランドでは

漁業に代わる産業を模索して

アルミニウム産業を
積極的に導入してきた。

08Iceland_goods_01.jpg
しかし、ダムを造るということは
アイスランドの美しい地域環境の
破壊につながる...

そこで、経済活性化か
自然保護なのかで議論が
ヒートアップしているとか(注8)

日本人の私は

08Vatnajokull_13.jpg
自然エネルギーの宝庫で
羨ましいわね~なんて
安易に考えていました。

そして「経済発展か環境保護か」
という問題はよく聴きますが

自然エネルギーが豊富である
この先進国には、無縁の問題と思っていました。

地熱も上手く利用したり
観光産業を活性化するなど
他の産業と共に

国民にとっても
地域環境にとっても
よい方向性が見いだされますように。

えこたびは、
アイスランドの観光産業活性化の為に
頑張って散財してきました(爆)。

注1) アイスランド大使館、 http://www.iceland.org/jp/
注2) 2005年データ、IEA http://www.iea.org/index.asp
注3) FAO Aquastat  http://www.fao.org/nr/water/aquastat/main/index.stm
注4) 人口あたりの値です。絶対量とは異なります。アイスランドの人口は30万人です。
注5) 産業環境管理協会、Simple-LCA、http://www.jemai.or.jp/CACHE/lca_index.cfm#04
注6) Simple-LCAでは、リサイクル地金を勘案しています。リサイクル方法の捉え方によっては値が異なります。
注7) アルミの輸送工程は、製造工程に比較すると小さいと考えています。
注8) ジュディチェ,マルゲリテ(2008) “相克の島国アイスランド”、ナショナルジオグラフィック、14(7),106-127

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : *資源* *水*

15:36  |  ├ Iceland  |  トラックバック(1)  |  コメント(9)

2010.02.16 (Tue)

お宅のタンスにレアアースの山が!

09ZabriskiePoint02.jpg
去年の冬休みに

ゆるゆると
楽しんだアメリカ西部は

ゴールドラッシュの舞台とも
なったように

鉱脈に恵まれているんだな~と
感じました。

日本は、

エネルギー資源
のみならず
鉱物資源にも恵まれない国。

最近は、

09DesertMuseum11.jpg
地球温暖化の
話題が多いので

意外と陰が薄い?ですが

鉱物資源の枯渇も
非常に深刻です。

埋蔵量が世界的にみて少なく
精錬が極めて困難な金属を

レアメタル
と呼ぶそうですが

そのレアメタルは
日本の主要産業である



09DesertMuseum03.jpg
電子・通信や
自動車部門において

なくてはならない存在。

なかでもインジウムの消費量は
1983年の25倍(注1)

にもなっているとか。

インジウムとは、

液晶ディスプレイや
パソコン、携帯電話

などに使われています。

そして、

09DesertMuseum10.jpg
日本の石油は
中東に頼っているように

インジウムなどのレアメタルは
中国に大きく頼っています。

我が国が生きていくのに
必要な資源を

他国に頼っているというのは
なんとも不安ではないですか...

その一方で

私たちが使い終わった
電子機器の中には、



たんすケータイ
レアメタルが
豊富に存在しており

これらは
都市鉱山 と称されるほどの量だとか。

金属はプラスチックに比較すると
リサイクルしやすいのですが

なかなか回収が
進んでいないそうです。

そこで、こんなキャンペーン
経済産業省もやっているとか→。

分ければ、資源になるものも
混ぜれば、ただのごみ。

えこたびも
ごみ溜めのようなタンスの中を、眠っている機器がないか探してみる。 ゴソゴソゴソ。


今日の写真は
1枚目が デスバレーのザブリスキーポイント(Zabriskie Point / Death Valley National Park )。
2枚目以降が ソノラ砂漠博物館 (Arisona-Sonora Desert Muserum) にて。


注1) 西山孝 (2009) 『レアメタル・資源 38元素の統計と展望』 丸善株式会社、 181pp

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *資源*

00:22  |  ├ USA (AZ/UT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。