2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.14 (Mon)

浜松の田舎生活

hamamatsu_01.jpg少しアメリカ旅行の内容はお休みして、ガラッと場所を変え、
この連休に帰省した時のお話です。

主人の方の実家で、浜松にあります。
義父は、独りで隠居生活。
hamamatsu_08.jpg
農家ではないのですけど、

庭は田舎ならではの大きさで、みかん、はっさく、あんず、すもも、もも、カキ、びわの木もあれば、竹藪まであります...

自分で食べる程度に野菜を作っており、外で野菜や果物を購入することはほとんど無い様子。

浜松の特にこの辺りは日照率が非常に高く、南側はすべて窓なので日中は天気が良ければ、真冬でも太陽熱で暖房の必要はありません。
かぶ_02
それでも寒い日は、庭に出て剪定した枝等で焚き火をし、暖を取りながら、その火でお芋を焼いたり、煮物をしたりします。

水道には湯沸かし器等ついていないので、
食器を洗うのはとても冷たい、

hamamatsu_09.jpg
暖房設備はほとんど無いため、
日光のない朝晩は冷える、

お風呂にはシャワーがないので、
髪の毛の長い私は髪を洗うのが大変、

洗濯機は二槽式、生ごみは庭に埋める、

hamamatsu_02.jpg庭で出来た野菜は無農薬なので、虫やナメクジがいっぱい、

飲料水は、天竜川?の上流に汲みにいく、

家にはゴキブリや、ネズミがでる...

初めてこの家に来たとき、私はやっていけるのだろうかと、ぼーぜんとした覚えがあります。
hamamatsu_04.jpg
ところが、結婚して8年。
何回もここを訪れるうちに、私はここがすっかり気に入ってしまいました。

中に何が入っているかわからない食べ物に囲まれ、自然と切り離された生活の中で、多少不便があっても、こういうところで生活するのは気持ちよいと思えるようになったのです。

年のせいでしょうか?hamamatsu_07.jpg

この日の夕食は、ワラサ(ブリの幼魚)をさばき、刺身、あらの塩焼き、庭でとれたほうれん草のお浸し、カブのお漬け物 そして日本酒で食卓を囲みました。

たった2泊3日の短い滞在でしたが、
水仕事や力仕事が多く、手先は荒れるし、
疲れました...
hamamatsu_06.jpg
しかし、なんとなく心身ともども洗浄された気分です。そして、こういう生活こそがエコロジーだとしみじみと思いました。

今朝トランクに庭の野菜とみかん満載して、東名高速に乗り、雲に隠れた富士山を眺めながら戻ってきました。


いつも行く度に、できの悪いヨメは色々なことを学びます。
義父には長生きしてもらいたいです。

スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *ライフスタイル*

18:58  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.04.28 (Mon)

役立たずの援農

hama0804_10.jpg先週末、主人の実家の浜松に「援農」に行ってきました。

前にも書きましたが、78歳になる義父が
浜松で隠居生活をしています。
そして自給自足できる程度に、畑を耕しています。

現在、玉葱が収穫時期なのですが
引っこ抜くのに腰が痛いというので
呼ばれたのです。

hama0804_02.jpg
しかーーし、
気の短い義父は、

「もう抜かないといけない頃に
なってしまったので、
先に抜いてしもうたわ。」

って、もしもし?

玉葱は、すっかり収穫し終わり
きれいに紐で縛って、乾されています...

hama0804_07.jpg

じゃあお義父さん、
来た意味がないじゃないですか?って言ったら

はっさくが、ゴロゴロ落っこちていて
草刈り機をかけるのに、邪魔だから
あれを拾ってくれと言う。

hama0804_03.jpg

主人と二人で、
はっさくをひーこら拾いました。

腐っているのは、
土に埋める用のコンテナへ

きれいなのは、
食べる用のコンテナへ

って、分別しながら。
hama0804_04.jpg

うーん、
私たちはあまり役に立たないと
見越されての、作業だったような...

と、私たちが拾った、はっさくを
スーパー袋にせっせと詰める義父。

詰め終わったら、それをもって
スタスタと出かけていきました。

hama0804_09.jpg
で、数分後に帰ってきて
「おらんかった。」って。

どこに行ったんですか?と聴けば

うちのエンドウ豆が、少し足らないから
○○さんちのエンドウ豆を分けてもらうと
思ったんだがって。

すなわち、
はっさくとエンドウ豆のトレードだったらしい。

hama0804_06.jpg
この日は、浜松は暑いくらいで
少しうつむく角度を変えると

麦わら帽子が作る影から
容赦なく日差しが、飛び出してきて
ジリジリと首筋に照りつけました。

そんな中、通り抜けていく風が
何ともいえず、心地よかったです。

あまり助けにならなかった「援農」でした。

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *ライフスタイル*

23:20  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2008.05.03 (Sat)

プロシューマー

hama0804_05.jpg
先週末に行った主人の実家の浜松で...

行くたびに感心してしまうのですが、
義父は何でも自分で作ります。

決して上手ではないモノもありますが
私はその「自分で作ろう」という気持ちが
すごいと思います。

そんな義父をみていてふと、
“プロシューマー” という言葉が浮かびました。

hama0804_19.jpg
アルビン・トフラー著 『第三の波
という著書で紹介されたもので、

コンシューマー(消費者)と
プロデューサー(生産者)を
くっつけた造語です。

hama0804_21.jpg

狩猟採集社会から農耕社会
への移行が第一の波

農耕社会から工業社会
への移行が第二の波

hama0804_18.jpg
そして第三の波が
工業社会から新しい社会へ移行
としています。

自給自足的経済のもとで
生産者と消費者は一体化していたのが

工業社会では両者が明確に分離されるようになった。

それが様々な問題を引き起こし

hama0804_11.jpg

第三の波がもたらす社会では
分離された生産者のと消費者が
再び融合する、

プロシューマーの復活というわけです。

トフラーはこの本を1980年頃に出して
いますが、その頃の予想に反して
hama0804_12.jpg
生産者の技術や合理的生産体制は
ますます高度化、

消費者と生産者の技術格差は拡大
「消費の外部化」が進んでいるような...

プロシューマーなんて、今の若い世代に
いるのかしら?

外食産業はますます盛んだし、
hama0804_16.jpg
家で何かを縫うことは減り、
既製品ばかり、

何かが壊れても自分で修理できない...

ちなみに私も、
コンシューマーでしかありません。

hama0804_17.jpg

まだ使える素材も、
そこから何かを作り出すことが出来なければ
ごみになります。

食べ物も自分で作っていれば
無駄に捨てることも無くなるような。

hama0804_08.jpg
そう考えると、プロシューマーは
環境問題の点からみれば
歓迎すべき存在ですよね。

環境教育というのは、もしかしたら
プロシューマーを育てることなのかなぁと
思ったりします。

うちの義父のような人は、とても貴重かも。 最近はしみじみ、そう思います。

ちなみに彼は、78歳にして、2ちゃんねらーです。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *プロシューマー*

01:26  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.09.16 (Tue)

援農ふたたび

08Hama09_03.jpg
先週末の3連休を
利用して

主人の実家がある浜松へ。

78歳になる義父は、
仕事を引退し、

一人で隠居生活。

08Hama09_10.jpg
何回も書いている
かも知れませんが

田舎ならではの
義父の生活ぶりで

だだっぴろい庭で
野菜等を育てて
ほぼ自給自足の生活。

身体を動かしているせいか、
よく日焼けしており

08Hama09_09.jpg

体力は私たち以上にありそう。

伴侶、すなわち私の姑は
17年前に先立ちました。

そして、
義父は緑内障を患い

ほぼ片眼を失明しての
独居生活。

いつかは完全に失明して
しまうだろうことも、
08Hama09_04.jpg

極めて前向きに捉えており

1~2ヶ月に一度、緑内障の治療の為に
浜松から都内の病院に通っています。

そんな状況にもかかわらず
弱音や泣き言は一切吐かない、

その姿に
本当にいつも感心します...

昭和一桁代生まれの
こんな、ツオイ父親に対して

軟弱ッキーな親不孝者の私たち。

08Hama09_01.jpg

久しぶりに浜松を訪れた
今回の私たちのお役目は、

家の周りの生け垣のお掃除。

電動カッターで、
勢いよく生け垣の木々を
義父がブンブン切りそろえ、

そのあとを、
私たちがせっせと掃除しました。

枝をカッターで落とす方が
08Hama09_07.jpg

よっぽど大変だと思うのですが、
義父曰く

腰が痛いので、
まっすぐ立って出来る仕事はいいが、

屈んでする作業はイヤなのだとか。

な~んだ、そんなの簡単!と

大したことのない作業のように
思っていましたが、

08Hama09_17.jpg

普段机に座ってばっかりの私たちには
汗ダラダラで、
意外とキツかったのでした...

たっぷりと汗をかいたあとは

庭に成っている、
ピーマン、ナス、カボチャ
を採ってきて

食卓を囲みました。

ヤブ蚊には、
そこら中刺されましたけど

やっぱり、気持ちよいひとときでした。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

09:21  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2008.09.19 (Fri)

初代インサイトのホイールカバー

08Hama09_11.jpg
先日の3連休に
浜松に行ったとき

東海道五十三次のうちの
東京日本橋から数えて

30番目の宿場である
「舞阪宿」付近へドライブしました。

その昔、
人や馬しか通らなかった東海道は

路面は奇麗に舗装され
車が行き交います。

松並木のみが保存され
その面影を辛うじて残していますが
08Hama09_12.jpg

太く古そうな
松の木をよく見ると

「シロアリ防除処理済み」であるとか
「松食い虫駆除処理」

といったプレートが埋め込まれています↓。

日本橋から京都まで約500kmを
昔の人は約2週間で踏破していたとか。

単純に14日で割ると
一日平均36kmを歩いていたことになります。

08Hama09_13.jpg
成人大人の歩くスピードは
だいたい4~6km/hというので
1日に6~9時間歩いていたことになる?

すごーい。私には絶対無理~。

私たちは東海道五十三次のほぼ半分、
浜松までの約250kmを

人力でも馬力でもない
ガソリン+電力の
ハイブリッドカー・インサイトで

片道約5時間、ガソリン約8Lを消費して
出かけました。

08Hama09_14.jpg
車ってスゴイわ~♪
って思っていたら

運転している最中に、
何か異音が。

石でも跳ねたのかしらと
ふとサイドミラーをみると

左後ろにヒラヒラしているものが...

インサイトは、
走行時の空気抵抗を下げる為に

後輪上部にホイールカバーが
ついているのですが
08Hama09_15.jpg
どうも、
それがはずれているらしいのです!

急いで
車を停めてみれば

ビスが1本飛んでしまっている...

実は主人が、
大学で学生に対して

このカバーが、空気抵抗を抑えているんだと

08Hama09_16.jpg
ハズして解説していたらしい...

その後の、締めが甘かったのでしょう。
かなり冷や汗でした。

ホンダの
ディーラーに急いで行って

ビスを注文したら

取り寄せに2~3日かかり
1本1,034円ですって。

ビス1本1000円以上するなんて、戦闘機か? 高すぎます!

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

09:35  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.04.14 (Tue)

玉葱干しざおセット

0904hamamatsu_01.jpg
主人の実家、浜松に
久しぶりに行ってきました。

玉葱がたくさん採れたので

早くとりに来なさいと
催促が来ていたのです...

私たちが訪れた時には

玉葱は掘り出されて

葉っぱがついた状態で
ヒモで10個ずつ縛って1束にし


0904hamamatsu_03.jpg


 30~40束ほど
 きれいに干してありました。

 新玉葱は、採ったあとに
 干しておかないと

 簡単に腐ってしまうそうです。

 10束 (100個) 以上
 持って帰って、

 毎日1個食べなさい、 とお義父さん。


0904hamamatsu_09.jpg


すかさず、

こんなにたくさん、干すところがありませんと
不埒なヨメ。

すると、義父は

スタスタと歩いて
工場スペースへ行ったかと思うと

廃材の金属パイプを削ったり
溶接したりし始め


0904hamamatsu_05.jpg


 高さが1mくらいで、足が4つ足、

 頭がT字状で、
 その頭の両サイドに
 ミゾがあるものを2本

 および

 そのミゾに置くための、
 パイプ2本を作ってくれたのです。

 すなわち、
 『玉葱干し竿セット』 の完成!!


0904hamamatsu_08.jpg

前にも書きましたが
義父は、

何でも作るプロシューマー

畑で野菜など
食べられるものはもちろん

金属加工や木材加工もお手の物。

工場スペースには、

年季の入った工具たちと
廃材や古くなったモノなど

0904hamamatsu_02.jpg


 いろいろ転がっていて

 そこから何でも
 魔法のように作り出してくれます。

 私の普段の生活では、
 便利に何でも安価で入手できるので

 わざわざ自分で作るということは
 ありません。

 しかし、その代償で

 どんどんお馬鹿に
 なっているような気がします...

義父はもうすぐ79歳。 絶滅危惧種のように思えてきます。 
いつまでもいつまでも元気でいて欲しいです。


テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

タグ : *ライフスタイル* *プロシューマー*

17:19  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2010.06.15 (Tue)

初代インサイトにさようなら

1006Hamamatsu_01.jpg
私のお気に入りだった
初代インサイトと 注1)

さようなら
することになりました。

以前は、茨城県つくば市に
住んでいたので

車は毎日の通勤&買い物に
使っていましたが

都内に住むようになると

ほとんど
乗らなくなりました。



1006Hamamatsu_03.jpg

週末に、
乗ればいい方で

ひどいときには
2ヶ月ほど乗らずじまい。

バッテリーが
簡単に上がるようになり

エンジンがかからず
ここ数年のうちに

JAF1回
ディーラー2回も

呼んでしまいました(汗)。


10Hamamatsu_ayu.jpg
ハイブリッドカーは、

後ろに大きなバッテリーを
積んでいるんですが

どんなバッテリーにも
寿命があるように

このバッテリーも
寿命を迎えてしまったのです。

バッテリー交換には40万円ほど
かかってしまうと言われて

バッテリーの交換ではなく

車ごと買い換えることに
あいなりました。

1006Hamamatsu_04.jpg

初代インサイトは
ホンダが初めて作った

ハイブリッドカー。

約10年前、
この初代インサイトを買った頃は

これとプリウスしか

ハイブリッドカーは
無かったわけですが

今では、
車種が増えました。



1006Hamamatsu_02.jpg
世の中とは
10年でずいぶん

変わるモノなのですね。

今度の我が家の新しい
ハイブリッドカーは

CR-Zという車。

燃費は、

初代インサイトが 36.0km/L
CR-Zが    22.5km/L 注2)

ということで、
かなり落ちちゃいましたけど...

写真は、先週末に訪れた、主人の実家のある浜松です。

注1) Honda Insight (5MT)(2006年8月販売終了モデル)
注2) Honda CR-Z (6MT) 10・15モード走行燃費消費率(国土交通省審査値)

テーマ : 季節を感じる - ジャンル : ライフ

タグ : *交通*

00:11  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.04.21 (Sat)

自然との交感

12hamamatsu_06.jpg
先日、
主人の実家の浜松に行ってきました。

ちょうど「となりのお宅の」ソメイヨシノが
満開でした。

我が家の庭には
残念ながら桜の木はなかったのですが

その代わりに

桃とスモモの花が
咲いていました。

今回のMyシュウトからの指令は

毎年恒例の新タマネギ採り。



12hamamatsu_01.jpg

新タマネギを引っこ抜いて

あたまの葉っぱの部分を

ひもで縛って
吊していきました↓。

こうしておかないと
新タマネギはすぐに腐るらしい。

2畝くらい
タマネギを抜いて吊したところで

「さあて
 次は、夕飯を採りに行こう」

とお父さん。


12hamamatsu_05.jpg

タラの芽と
菜の花を採りにいきました。

タラの木は
ものすごいトゲがあるので

ごつい手袋をはめて
ポキポキととります。

とてもグロテスクな外見の
タラの芽なんですが

これに薄く衣をつけて
天ぷらにすると

ほろ苦い春の味が
最高なんです...


12hamamatsu_02.jpg

この日の晩ご飯は
そのほかに

菜の花のお浸し。

こんなに花が開いちゃってから
食べたのは初めてなんですが

キュッキュッとよい歯ごたえで
これまた美味しかったです。

こうやって

気持ちよい青空の下で
日の光を浴びながら

タマネギ抜いたり


12hamamatsu_04.jpg
タラの芽を摘んだり...

そして

作業の合間には、
切り株に腰を下ろし

木から落ちたハッサクを
拾ってきては

1つずつ剥いて
ぽつぽつと食べながら

心地よい風が吹く空の下
ぼーーーっと庭を眺めます。

う~ん、
こういうの気持ちいいな~。


12hamamatsu_08.jpg

先日読んだ本に(注)

「人間世界の出来事と自然現象との
 あいだには

 何かつながりや関係があるかもしれない
 という

 『 交感: Correspondence 』

 の思考が私たちの根底にはある。」

とありました。

例えばホラー映画で
惨劇がおきるときの天気は



12hamamatsu_07.jpg

澄んだ青い空に白い雲
ではなく

雷鳴とどろく激しい豪雨
ですし

何故か気になる
星占いも

星座や星の運行が

あなたの今日の運勢に
関係があるといっている。

まるで天体が私たちのことを
知っているかのよう。



12hamamatsu_09.jpg

なんだか、
とっても納得してしまいました。

自然の中にいると
何故だか心地よい。

これは人間が
本来、自然的な存在だからである、

そういうことなのだと。

そんな自然的存在の私たちが

自然から距離を広げるばかりの
文明生活を送っている、

だからこそ


何か生活に歪みを感じ、「癒し」とやらを求めるに至ると。

この自然と交わっている感を、十分に堪能した浜松での週末でした...


注) 野田研一(2007) “自然を感じるこころ -ネイチャーライティング入門-”、ちくまプリマ-新書

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : *ライフスタイル*

11:45  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。