2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.25 (Wed)

水無月もおしまい

08hondoji_01.jpg
水が無い月と書いて、
水の月という意味の6月。

そんな6月も、
もうそろそろ、おしまいですね。

先日、千葉県松戸市にある本土寺という
ところに紫陽花を見に行ってきました。

08hondoji_02.jpg
梅雨らしい天気が続いていたので
境内の紫陽花には、
たっぷりの雨水が溜まっていました。

私たちの国は、
水資源には非常に恵まれている国
なんですよね。
08hondoji_10.jpg
そして日本が海外に依存している
水資源賦存量は、0%です(注1)。

水の依存性について他の国を見てみると、

フランス 12%
スイス  24%
ドイツ   31%
オランダ 88%
エジプト  97%
クウェート 100%
08hondoji_04.jpg
などとなっており、水を
他国に依存している国は多いようです。

ちょっと、意外だったのが

エビアン、ヴィッテル、ペリエなどの
たくさんのミネラルウォーターを

08hondoji_08.jpg
排出しているフランスも
少しは他国に依存しているということ...

同じ液体の?石油と同様、
水も貴重な資源です。

あまりに豊富だと、

08hondoji_05.jpg
大切にしなくちゃという気持ちが
薄れるのかもしれません。

地球温暖化についての話が過熱しており
今は水資源に関して、
我が国では危機感は無いですが、

そのうち水も、200円/Lの時代がやってきたりして?

紫陽花にたっぷり溜まった雨水は

08hondoji_09.jpg

ファインダー越しに覗いていると
キラキラと、とても美しいものに思えました。

こちらは、ツヤツヤと
うるおいたっぷりな、くず桜→。
(隣は、乾いた栗まんじゅう。)

注1) FAO aquastat
  http://www.fao.org/nr/water/aquastat/main/index.stm
  ロビン・クラーク、沖大幹 “水の世界地図” 丸善、東京、125pp
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *水* *花*

00:11  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.07.13 (Sun)

海ほたるデビュー

08motherfarm_06.jpg
先日の日曜日、
久しぶりに雨が降っていなかったので
出かけました。

今回の目的地は、
千葉県にあるマザー牧場

愛車インサイトのカーナビに目的地セットして
首都高に乗りました。
08motherfarm_02.jpg
我が家は東京都の東側にあるので
普通に考えれば、
東方向に進めば良いはず。

それが、首都高に入って
主人と話しているうちに
曲がるべきところで、西方向へ...

「ルートをはずれました。再計算を行います。」
と涼しい声で、カーナビ君。
08motherfarm_01.jpg

はて、どうやって戻るのかなと
見ていると、そのまま南下しろと言います。

なんでやねん!とよく見たら、
川崎まで南下して、
そこからアクアラインに乗れと
言うのです。

ホウ!

いつも、カーナビ君の言うことを無視し続け
再計算させ続ける主人ですが

この日は、言うことに従ってみました。
アクアライン初体験です。
08motherfarm_05.jpg

アクアラインを走ったからには
海ほたるにも降りてみました。

この日はあいにく、ガスっていて
視界が悪かったのですが
天気が良ければ、最高かも!

これは、海ほたるで食べた↓
アサリの冷や汁そば 980円。

08motherfarm_03.jpg

往復約180kmの道のりで、
燃費30km/Lでしたので
ガソリン約6リッターの消費でした。

ガソリン6リッターは、
CO2に換算すると約14kg(注1)。

08motherfarm_07.jpg
これが、どれくらいに値するかというと

我が家はお風呂で2人併せて
毎日2.3kgのCO2排出量(注2-3)。

よって、お風呂を約1週間、
入るのを止めないと、
このドライブは相殺されなさそう。。。

お風呂に入らないのはキツイので
2週間、お風呂のお湯を半分にするか?

08motherfarm_22.jpg

マザー牧場では、
可愛い動物の写真をたくさん撮ってきました。

続きはまた!



注1) 温室効果ガスインベントリオフィス、日本国温室効果ガスインベントリ報告書(2008.5)、
    「エネルギー源別炭素排出係数(高位発熱量ベース)」利用。
注2) えこたび家の給湯はLPGを利用。毎月のLPG使用量から年平均値を算出。
   なお、厨房にもLPGを利用しているが、あまり料理をしないので厨房を含めた値とした。
注3) LPGのCO2排出原単位は注1と同じ。注1ではm3で算出されている為、「LPガス技術総覧」
   に基づき、15.6℃、1気圧でm3当たりの重さ(Kg)を1.8954として、重量換算した。

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

タグ : *エネルギー利用*

00:08  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2008.07.16 (Wed)

牛も困る

08motherfarm_17.jpg
最近、原油や食糧の値上げが
色々と取り沙汰されています。

うちの姉は、山梨県で獣医をしていて
研究のために、結構な数の家畜を飼っています。

その子たちの餌代が
上がってしまって、頭を痛めているそう。

研究所の予算は決まっていて
餌代を増やすわけにはいかないんだそうです。

08motherfarm_29.jpg
牛に大好物のトウモロコシを止めて
安い違う草をあげたら
食べないんだそうです。

それしかないから、それを食べてというと

干し草を鼻で、モゾモゾと混ぜてから
匂いを嗅いで、

「もっと、美味しいもの出せっ!」
って顔して、こっちを睨むそうです。

08motherfarm_19.jpg
仕方なくそれを食べたとしても
牛というのはデリケートな動物だそうで

いつもと違う食事を繰り返すと
病気になることがあるとか...

マザー牧場でも、牛がたくさんいたのですが
牛舎には立ち入りが禁止されていました。

病気の感染を防ぐためだそうです。

08motherfarm_15.jpg

スーパーマーケットで、時々目にする
「ジャージー牛乳」。

牛にジャージ? ではなくて
牛の種類なんですって。
初めて知りました。

牛と言えば、白と黒の牛しか
想像できませんでしたが、

この、身体が茶色い牛がジャージー牛↑。
ホルスタイン牛の牛乳より

ジャージー牛の牛乳の方が
濃厚だそうで
お値段も高めでした。

08motherfarm_23.jpg
今後、餌代が上がり続けたら
牛乳や牛肉の値段に反映されるしか
ないのですよね。

アイスクリームや牛乳は
超高級品になってしまうのかしら...

牛を見てから牛乳を買うと
拝んでから、腰に手を当てて
飲みたくなりました。

テーマ : 快適な生活のために - ジャンル : ライフ

タグ : *食糧*

00:04  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2008.07.19 (Sat)

動物との生活

08motherfarm_11.jpg
マザー牧場では、
牧羊犬のショーがありました。

何百頭もいる羊を
上手く操る牧羊犬には
本当に感心してしまいました。

もともと牧羊犬を飼う習慣は
日本には無かったそうですが

酪農家の人手不足によって

08motherfarm_30.jpg
最近では、日本でも取り入れるところが
出てきたと、先日どこかで聞きました。

動物と暮らす生活というと
犬や猫などを、ひたすら愛玩というのが
多いと思いますが

08motherfarm_13.jpg
人間と仕事を共有しているという
スタイルは、いいなと思いました。

環境のためにも
人間のためにも。

例えば、馬が足代わりだったり
牛が動力代わりだったり、

豚は残飯整理係で
フンという形で、畑に還元してくれたり...

日本の森はなぜ危機なのか」って本を
読んだのですが、そこに、

造林地の下草刈りに
牛を放牧する方法について書いてありました。

08motherfarm_24.jpg
牛は、木の苗は食べず、雑草だけを
うまく舌で剥がして
食べてくれるんだそうです。

で、牛にとっては山坂を歩くので
運動にもなるし、

ウンチは落っことしてくれるので
木の肥料にもなるし。
一石二鳥にも三鳥にもなるとか。

しかし牛が多すぎると、
エサが足りなくなったり

ウンチが多すぎると、
地下水汚染になったり

バランスを取るのは難しいそう...

08motherfarm_12.jpg
しかも、うちの姉の話を聴いていると
牛や馬など、大きい動物を飼うのは
楽しそうですが、大変そう。

身体が大きければ、脳みそも大きく
必然的に頭も良くなってくる...

それだけワルぢえが働くとか...

姉曰く、

08motherfarm_10.jpg

馬は犬的で
従順に人間の言うことをきくそうですが

牛は猫的で
自由奔放、自己中心的なんだそうです。

あんな大きい猫がいると
想像するだけで、オソロシイ。

それにしても、牧羊犬はお疲れの様子↑。

08motherfarm_08.jpg
羊たちも、ウール100%のコート着て
追い立てられて、大変そうでした...↑

色々なイベントや動物とじかに
ふれあうことが出来て、
とても楽しいマザー牧場でした。

ジンギスカンやバーベキューの施設があって

この広大な牧場を眺めながら
ステキ~と思ったのですが

08motherfarm_28.jpg
車なので、ビールが飲めず、却下です。

その代わり、クーラーボックス持参でしたので

お土産に、ジャージー牛乳とチーズ、
ソーセージを買って帰ってきました...

翌日の朝食に、ピザトーストと一緒に
ジャージー牛乳。

クリームたっぷりのコクがある美味しい牛乳でした。
カロリー高そうですけどね...

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ*

17:23  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2009.03.18 (Wed)

マザー牧場

0903Mother_Farm_01.jpg
やることがいっぱいで
悶々としているところに

先日、いつもお邪魔
させて頂いている

ジョージさんが、

ものすごく春らしい写真
見せて下さいました。


0903Mother_Farm_06.jpg
で、私もたまらず
行ってきてしまいました。

←菜の花畑です!

千葉県の房総半島にある
マザー牧場。

東京アクアライン&海ほたる
を経由して、

先週末に行ってきました。

この日はお天気も良く
すごい賑わい。

0903Mother_Farm_07.jpg


菜の花畑は
かなりの大きさです。

たっぷりと、
春を満喫できました。

気持ちよかったです~。

ハチがブンブン
飛んでましたけどね...

ところで!

菜の花は、
千葉県の県花です。

0903Mother_Farm_03.jpg
そして、「なのはな体操」
なるものがあります。

何を隠そう、
私は元千葉県人!

小学校6年生の時に

大阪から千葉に
転校してきました。



0903Mother_Farm_02.jpg
体育の時間の
準備運動は、まず

なのはな体操
から始まった。。。

転校してきて
初めての体育の時間に

一体、みんなは何を
踊っているのか理解できず

校庭で独り
フリーズしていました。

春になって、
菜の花をみると

にが~い思い出が、今でもよみがえってきます。

テーマ : 家族旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ* *花*

21:08  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.03.23 (Mon)

マルチな菜の花

0903Mother_Farm_08.jpg
先々週末に行った
マザー牧場では

満開な菜の花が
とっても印象的でした。

このように

春を感じさせる鑑賞用として
ステキな菜の花ですが

春の味覚でもあります。

たとえば、
菜の花の辛子和えとか?

0903Mother_Farm_09.jpg


そしてそして
菜の花から、菜種油もとれます。

日本の植物油の中では

菜種油は
供給量第1位なんですって(注1)

さらに、菜の花は

地域活性化の
救世主であったりします。

すなわち...

0903Mother_Farm_11.jpg

日本には、
いわゆる減反政策により
全国で約100万haにも及ぶ
休耕田がある(注2)
   ↓
   ↓
こうした非耕作地や
米や畑の裏作物として、
菜の花を栽培
   ↓
   ↓
菜種から
搾油して食用油 →→  絞りかすから堆肥
   ↓             ↓
   ↓             ↓

0903Mother_Farm_16.jpg
   ↓             ↓
   ↓             ↓
食用油を学校給食や   菜の花畑の肥料
一般家庭で利用 
   ↓
   ↓
廃油からバイオディーゼル製造
   ↓
   ↓
菜の花畑の農耕車の燃料

などというループを描いて

『循環型バイオマスタウン』
として

活性化している街があるのです。

0903Mother_Farm_04.jpg
これは
『菜の花プロジェクト』
として

全国的に広がっているとか。

菜の花って
きれいなだけじゃなくて

マルチな才能の
持ち主なんですねぇ...

ホワホワと春を感じさせる、その姿からはとてもそんなこと想像できません。

最後の写真は、海ほたるで食べた、鯵のづけ丼 1,200円なり。


注1) 松村正利ほか、「図解 バイオディーゼル最前線」、工業調査会、2006
注2) 坂西欣也ほか、「バイオエタノールの本」、日刊工業新聞社、2008

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *エネルギー利用*

21:43  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.04.03 (Fri)

いすみ鐵道

09isumi_04.jpg
高速道路の料金が
値下げされると聴いて

環境問題と
景気低迷を天秤にかければ

後者があきらかに
優先課題であると

思い知らされた気分。

たとえば寝台列車や
乗車率の悪い路線の

運賃を下げるとか?

09isumi_05.jpg


なかったのかな~って
考えてしまいました。

そこで先週末、
ヒネクレ者のえこたびは

電車たびに出かけました。

房総半島の
いすみ鐵道へ。

経営は芳しくなく

一躍有名になった銚子鉄道と

09isumi_06.jpg

似通った状況らしいです。

銚子鉄道のぬれ煎餅と同じような

『い鉄揚げ』という名のお煎餅
を売っていました。

そんないすみ鉄道も

今の時期は
菜の花や桜のおかげで

週末ともなれば乗客が多いらしく

地元の高校生と思わしき
小僧どもが

09isumi_01.jpg
横柄な態度で
電車に乗り込んで
きたかと思うと

『こんだけいつも
 乗っていたら

 廃線に
 ならねえんじゃねぇ?』

って叫んでました。


09isumi_02.jpg
電車は1時間に1本なので

電車の写真を撮ろうと思うと
大変なことに。。。

本当はNOBUNOBUさんの写真
に魅了されて

小湊鐵道に行くはずだったんですが

内房線廻りじゃなくて、
外房線廻りでいったら

いすみ鐵道の区間で
力尽きてしまった私。

是非また、挑戦したいと思っています。



テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *交通*

00:36  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。