2007年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.31 (Wed)

北欧のごみ箱

 ここ何日か、ノルウェーの旅行記について書いたので、今日は“ごみ”について少し考えてみました。
 いつも違う国に行くと、我が家の恒例作業となっているのが、ごみ箱撮影。いくつか撮って来ました。英語どころか、北欧の言語もちんぷんかんぷんなので、ちょっとわかりませんでしたが、分別項目はカン・ビン、紙類、生ごみ、その他、の様子でした。

ごみ箱_stockholm1 ごみ箱_copenhavn ごみ箱_NSB
ストックホルム街頭         コペンハーゲン街頭       ノルウェーの電車内

ここで一つ感じたのが、ごみ箱サイズが大きいこと。どうしてこんなに大きいのかしら。ちょっと気になったので、どれだけごみを排出しているのか調べてみました。

          OECD_waste
             各国の一般廃棄物の発生量

 上記グラフは、OECDの統計データを利用し私が作成したものです。(詳しく知りたい方は、OECDのデータでご確認下さい。)データは国によって若干異なりますが、大体2003年のデータのようです。
 これを見ると、国全体でみるとアメリカ、ドイツについで、日本は3番目の排出量ですが、日本の人口を考えると当然のような気もします。

   日本 vs 北欧 の人口 (2005年)
  ------------------------
  日本       127,897,000人

  スウェーデン   9,038,000人
  ノルウェー    4,639,000人
  デンマーク    5,417,000人
  フィンランド   5,246,000人
  ------------------------
出典:United Nations Population Division, World Population Prospects

 そして国民一人あたりに換算すると、日本人の排出量は意外と少ないのですね。ごみの定義や、調査年が違うので単純比較は出来ないのでしょうか? このグラフの解釈について、お詳しい方がいらしたら教えて下さい。

 で、本題にもどって、どうしてごみ箱が大きいのかしら。これは一人あたり排出量の違いなのかしら、それとも単なる習慣?ごみ収集車がやってくる回数が少ないとか? 
 我が家の謎は解決されずですが、こんなこと考えながら旅をするのって、ちょっと変なような気もするので、主人と議論するのは止めました。

 今日はこれで、おしまい。


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *ごみ*

17:17  |  ├ Norway  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.29 (Mon)

Fjord Tour

 今日は、フィヨルドを見に行った際の話です。
“Fjord”を “フィヨルド”と読めず、フォジョー?とか車のプジョーのような読み方をして受付のオバサンに笑われたような。

 鉄道、バス、フェリーなどを使って効率よく回れるチケット"Fjord Tours"があり、これを利用しました。 コースにはいくつもあって、私は、Norway in a Nutshell という ソグネフィヨルドを見学する日帰りの一番お手頃コースのチケットを、NOK 790/人(約15,000円/人)で購入しました。

それから、上記ページから Fjord Pass という割引パスのようなのを購入しました。
これを使うと、ホテルが割引になり、 私が購入したとき(2006年8月)には NOK100(約2,000円) で大人2人+15歳以下の子供(何人でも)が、年末まで有効でした。北欧のホテルは高いので、この割引カードは結構お得です。

          Myrdal_2.jpg  Myrdal_1.jpg
簡単な旅程は下記の通り。
----------
08:40 Bergen→ 10:51 Myrdal 
10:55 Myrdal→ 11:50 Flam
15:00 Flam→ 17:10 Gudvangen
17:45 Gudvangen→ 19:05 Voss
19:20 Voss→ 20:35 Bergen
----------
Myrdal_4.jpgBergen(ベルゲン)~Myrdal(ミリダル)までは順調でしたが、フロム鉄道が、トラブルでミリダル駅で1時間以上待たされました。 小さな駅なので、駅が人であふれましたが、駅の周りを散策したり、おみやげを購入したりして待ちました。

いくつかの観光ポイントを通過して、Flam(フロム)駅に到着。 ここでは計られたように?ボートの出発まで時間があるので、 おみやげ屋さんやレストランで時間を過ごしました。

Sweter_B.jpgSweter_R.jpg
術中にはまって、まんまとノルウェーセーターを 主人と一枚ずつ購入してしまいました。。。
ノルウェーセーターはとても手の込んだもので3万円以上はする高級品。 それがノルウェーセーターの老舗ブランド “DALE”のアウトレット店がここにあって、思わず購入してしまったのです。 (写真にあるセーターは実際に購入したものではなく、自分が購入したものと似たタイプのものを、DALEのカタログから拝借した写真です。)

言い訳のようになってしまいますが、とても暖かく、しっかりした製品で長く使えそうです。
思い出と共に大切にしたいと思います。

Fjord_3.jpg さて、お待ちかねのフィヨルド見学の為に ボートに乗り込みました。 ところが、乗り込んでから雨が降り始め、出航後1時間後には土砂降り。 船内に移動を余儀なくされましたが、普通はデッキで過ごすことを前提としている船の為か、船室が狭くて座るところが十分にありません。。。 雨でも外で頑張っている人はいましたが、風があり気温も低くちょっと厳しい。
 天候が良ければどれほど綺麗なことか。うらめしや~。

Gudvangen.jpg行く予定のある方は、どうか天気が悪いことも想定して、雨具や防寒着を(真夏であっても) 十分に用意して行って下さい。 雨がひどくてフィヨルドの船上からの写真は十分に撮ることが出来ませんでした。いつの日か再チャレンジしたいと思います。
 Gudvangenに着く頃には、雨も小降りになりました。 Gudvangenからはバスに乗ってVossに到着。 Vossからは、往路と同じ鉄道でBergenに帰りました。

長い一日でした。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:00  |  ├ Norway  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.10.28 (Sun)

Mt.Floyen in Bergen

Bergen_3.jpg ベルゲンと言えば、フロイエン山からの景色が良くガイドブックなどに載っています。よって、私も例に洩れずケーブルカーで登ってみました。

頂上は風が強くてちょっと肌寒い。。。

 その時はお腹がいっぱいだったのですが、頂上にあるレストランはとても景色が良くて感じの良いところ。次に来たときには、是非ここで食事をしてみたい。

 フロイエン山から降りてきたら、今度はフロイエン山をFestplassen(フェスト広場)から眺めました。この広場は大きな池と噴水があり、東京では秋に咲くコスモスが、ここでは8月に風に揺れていました。
Bergen_4.jpg
 北欧に限らず、ヨーロッパやアメリカに行くと日光浴をしている人達を良く見かけます。この日も天気が良かったので、この広場にたくさんの人達が日を求めて寝っ転がっていました。太陽の光をとても貴重と感じて、それを一生懸命取り入れているというように感じます。天気の良い日は、日向で昼寝したり、芝生の上で本を読んだり。

この日はレストランに入って遅いランチをとりました。
Bergen_05.jpg
 北欧料理のお店を選んで入ったのですが、メニューがよくわからなくて出てきたのは想像とかけ離れたものでした。
 ゆでたじゃがいもとサケ。大味+大量でした。



 

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:55  |  ├ Norway  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2007.10.27 (Sat)

Bryggen

Bergen_0.jpg ノルウェー第二の都市、ベルゲンに昨年行きました。真夏に行ったのですが、長袖を羽織ってちょうど良い気温で、日差しが満ちあふれていてとても気持ちの良い日でした。

 左の写真は、ベルゲンにある世界遺産Bryggen(ブリッゲン)。昔、貿易港として街がにぎわっていた頃に、商人が使っていた建物。正面からはわかりませんが、この建物は奥に向かって細長く続いているのです。日本の長屋がいくつもくっついているような構造で、中にお店が入ったりしており、奥まで入ることが出来ます。
Bergen_01.jpg
 Bryggenはヴォーゲン湾に面しているのですが、その同じ湾に面した広場に市場が広がっていますこの市場では、魚を中心に様々なモノが売っていました。実はベルゲンに到着した際に、スーツケースを紛失されてしまい、翌日以降にホテルに届けてくれると航空会社言われましたが、まだこの時点では届いておらず不安なときでした。
 
 しかしそんな思いも吹き飛ばしてくれる程の良いお天気で、この日のランチにはこの市場でシュリンプたっぷりのサンドイッチを買って、港に座り込んで主人と2人で頬ばりました。あまりにてんこ盛りに具が入っているので、ぽろぽろこぼしてしまいます。すると顔を斜めに傾けてこちらを固唾を飲んで見守るカモメに、すっかり囲まれていました。 Bergen_02.jpg 
 色々とハプニングがあるのも旅行の楽しみですが、荷物が無いとちょっと大変。結局は「紛失」ではなく「遅延」で荷物はやってきましたが、紛失されていたらと思うとゾッとします。紛失されてしまった場合、自分で必要最小限のモノを購入して、後から保険会社に請求なのでしょうか? スーツケースも買うの?? 旅行の初日から憂鬱になってしまいますね。こういうときの乗り越え方、旅慣れた方々にお伺いしたいものです。
 
 ブログとやらに、30代のオバサンが初めてチャレンジ。環境先進国といえば北欧を連想する方も多いと思うので、まずは北欧の国々に行ったときの記録から始めたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *世界遺産*

10:40  |  ├ Norway  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.10.27 (Sat)

はじめまして

 環境問題に関する研究を生業とし、旅行が好きなヒトの日記です。
今まで書き貯めた&撮り貯めたものを、少しずつ載せて行きたいと思います。

 環境って言うと、どうも「がんばらなきゃ」ってなってしまう。
そういう我慢・努力はなかなか長続きしないものです。
楽しみながらやれば、自分が楽しいと思うところから始めれば、
それで良いんじゃないかと私は思うのです。

 しかし、そんな「お手軽エコ」では
私たちを取り巻く環境は、どうにもならない状況になっていることも事実。

だから、
お手軽エコから脱却するにはどうしたらいいか、
真のエコロジーとは何なんだろうと
何のためのエコロジーなんだろうと
常に悩み、堂々巡りを繰り返しています。

 そんなとき、大好きな旅をしていると、
ふと、自分の生活の常識が覆されることがあります。
そういう発見をすると、何か大きなヒントを得たようで
うれしくなるのです。

私は自分の好きな旅から、
そしておそらく多くの人が好きであろう旅から、
考えていきたいと思って、
論文にするには、理論的根拠が無いようなこと、
日頃自分が考えていることなどの
あいまいな思いの整理を兼ねてブログを立ち上げました。

 単なる旅行記になっていたりする日もあれば(こちらの方が多いかも)、
ちょっと堅苦しく環境について論じる日もあるかもしれません。

 旅行が好きでこのページを訪れて下さった方が、
ちょっぴり環境問題に目を向けてくれるようになったら嬉しいし、
また逆に環境の専門家から問題提起を頂けたら嬉しい。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
00:03  |  はじめまして  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。