2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2007.12.30 (Sun)

今年の年越し

Air_01.jpg現在、アメリカに来ています。
今年はアメリカで年越しする予定です。

また安いチケットの都合で、
まずサンフランシスコに降りました。

サンフランシスコは初めてなのですが、今回はスルー。
移動の為に1泊だけして、
ホテル周りのお散歩のみ楽しみました。

しかーし、この日は12月25日。そう、クリスマス。
いくら何でもコンビニやレストランくらいは開いているのかと思ったら完全なるクローズ。
SFO_01.jpg

日本の便利さ感覚に、完全にマヒしてしまっている自分に改めて気がつきました。

いわゆるサンフランシスコの街中からは、少し離れたエミリーヴィルというところに宿をとったので、さらにひっそりしています。

ホテルのレストランも24~25日はクローズドだそうです。
SFO_02.jpg
長時間の飛行機で疲れていることもあり、持参したカップラーメンをホテルの部屋で食べて、長風呂につかりさっさとベットに入りました。

しばらくアメリカに来ていなかったのですが、入国審査がずいぶんと厳しくなって時間がかかるようになってました。

以前はこんなに並ばなかったし、審査で質問をされることも少なかったように思います。
SFO_03.jpg
指紋と顔写真?(光彩?)が撮られました。

私たちは全くの観光目的でビザ無し。
よってあまり時間がかからないのですが、
私たちの列の前の人たちにビザを持っている人が多く、
色々と書類を提示させられたり、
質問されたりを繰り返していました。

アメリカで飛行機を乗り継ぐ場合には、多めに時間を見積もっておいた方が良さそうです。
SFO_04.jpg

さすがアメリカで、今のところホテルではすべて無料でインターネットにブロードバンド接続出来ています。(と、言いますかそういうホテルを選んで予約していたのですが...)

よってブログも書きたいだけ書けるわけですが、どうも旅行中は筆?が進みません...
これが今年最後の更新になると思います。

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいますように。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

08:04  |  ├ USA (CA)  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2007.12.29 (Sat)

日本で有名なフライブルク市

Vauban_01.jpg2005年冬の旅の続きです。
スイスから鉄道で、国境を越え今度はドイツに入りました。

実はこの時に一番訪れたかったのが、
ドイツのフライブルク市。
環境配慮した街として、この分野では?有名です。

私は、環境に良いとか、配慮されている、
と聴くとどうしてもこの目で確かめたくなるのです...

Vauban_02.jpg


ドイツの南西部に位置し、人口約22万人、153k㎡、人口密度約1400人/k㎡の街です。

人口と面積で日本で同じような街を考えると、
例えば沼津市(人口約21万人、187k㎡、1100人/k㎡)でしょうか。

Vauban_03.jpg
フライブルク市はドイツ経済の中心都市であるフランクフルトから南に約200km、
沼津市だと東京から西に約100kmです。

仕事で行っている訳でもありませんし、ドイツも年末年始のお休みの時期に重なっていたので、大して詳しい調査が出来たわけではありません。
Fribrug_01.jpg
しかし私が調べる限りでは、太陽光を導入しているであるとか、エネルギー消費を低減する住宅であるなど、技術的には何ら目新しいものはなく、逆に日本の方がもっと優れたモノがあるし、もっと高効率だよなぁと思うほど。

ところが、例えば市内のボーバン(Vauban)地区では、
車の無い生活を推進する為のシステムが整備されていたり、緑がとても多い、子供の遊ぶ場所がたっぷり確保されているなど、運用というべきでしょうか、システムが良いなぁと感じました。
Fribrug_ごみ箱_01

日本にはたくさんの優れた技術があるし、環境問題に積極的関わっている人もたくさんいます。ですから、日本でも実現できないことではないと思うのです。

フライブルク市のように、日本にも“環境首都○○”、なーんて世界にその名が轟き渡るような街が出来たら良いのになーと、思いました。
Fribrug_03.jpg
そして、どうやってこのようなまち作りをしていったか、勉強しようと思いつつ、コレを書いているのは、街を見てきてから2年も経っているダメダメな私(涙)。

なお、フライブルク市についてはたくさんの文献があります。

Vauban_04.jpg

上記は私のあくまでも浅薄な知識に基づく意見です。

下記に私が参考にした文献の一部を記します。もし、上記内容に対して修正等ございましたら、コメントで頂けましたら幸いに思います。


1) 日経アーキテクチュア(2001), "フライブルク市のボーバン団地(ドイツ)
  「脱マイカー+省エネ規制」のエコ開発", vol.697, 22-26
2) 資源リサイクル推進協会(1997), "徹底紹介「環境首都」フライブルク",中央法規出版,153pp
3) 考える人(2005) ,“エコ団地ヴォーバンへようこそ”,vol.14, p.20,66-71



テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

18:23  |  ├ Germany  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.12.25 (Tue)

ラクレット

Swiss_Map_01.jpg22005年冬のヨーロッパ鉄道の旅。
まだまだ続きます...

ミラノに飛行機で降り、
国境越えしてスイスに入りました。
スイスはインタラーケン、チューリッヒで宿泊して、バーゼルを通り、いよいよ、
3ヶ国目のドイツに入ります。(地図(注1)参照→)

Basel(バーゼル)という街は、フランスとドイツ、
スイスの3の国境に接している街。
そして、あのライン川も通っています。
Basel_01.jpg
電車の乗り継ぎの関係で、Baselで途中下車して街をブラブラお散歩しました。
しかし天気に恵まれず、ものすごく寒かった...

寒いのでトイレが近くなってしまうのですが、
トイレが有料。
ここでは2スイス・フラン(約200円)でした。

Basel_02.jpg

日差しがなく、どんよりと厚い雲に覆われ、
雪がチラチラと舞っている...
こういう天気は、ヨーロッパの冬の典型の天気のようです。さぶ~い。

さあ、今日でスイスも最後なので、
おいしい記録を。
Dinner_Swiss_03.jpg

「ラクレット」というものを初めて食べました。

ラクレットとは、チーズの切り口を温め
とろりと溶け出したチーズに、
じゃがいもを絡めて食べるスイスの郷土料理

チーズとお芋ばかり食べていると、
ちょっと飽きてくるので

箸休めというべきか? 付け合わせにピクルスなどの酢漬けが
添えてありました。
Dinner_Swiss_04.jpg
お皿にチーズを溶かして
持ってきてくれるのですが

私は、チーズがおかわり出来るなんて思っていなかったのでチーズをちょこっとずつつけて、
お芋をぱくぱく食べてました。

Dinner_Swiss_05.jpg
そうしたら、
お店の人がやって来て、
「チーズのおかわりは?」って聞くから、
えぇぇぇ~、早く言ってよ状態。

もう、その時には、お芋でお腹がいっぱいなのでした...

でも温かいチーズとほくほくのジャガイモ&白ワイン。
大満足でした。

明日は、スイスを出国しドイツに入り
フライブルグ市に向かいます。


注1)UT Map Collection ( http://www.lib.utexas.edu/maps/index.html) Country Maps/Switzerland より。赤太字の地名のみ著者記入。

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

10:31  |  └ Switzerland  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.12.23 (Sun)

カラフルなごみ袋

Swiss_20.jpgスイスの美しい山々を望めるインタラーケンでは、
3泊し、ちょうど大晦日~元旦を挟みました。

インタラーケンのホテルにチェックインする際に、年越しパーティーには参加するかと聞かれました。

外国語しゃべりながら、ご飯食べるなんて
やーだヤダと、もちろんNO。
Swiss_10.jpg
大晦日の夜は、ホテル1階のレストランは豪華なパーティーになっていました。

女性は肩を露出するような
カクテルドレスを着ていたり、
音楽も大きければ、花火も上がったりで、
それはそれは賑やかでした。
Dinner_Swiss_02.jpg

私たちは、外でチーズフォンデュを食べてきて、
お部屋で主人と二人でお酒を飲んで静かに年を越しました。

と、このホテル、なんとNHKを受信していました。
へぇ~と見ていたら、紅白歌合戦をやっているではありませんか。
Swiss_24.jpg
日本では見ないのですが、
ノスタルジーというべきか、
しっかりスイスで紅白を鑑賞してしまいました。

翌日元旦の朝は、朝食用のレストランはクラッカーの残骸や、たくさんの鮮やかなごみで散らかっていました。

ホテルの朝食は、お昼近くにならないと始まらないほど、のんびり。
Swiss_22.jpg
おそーい朝食をたっぷり食べて、インタラーケンからチューリッヒに電車で移動しました。

到着した元旦のチューリッヒはひっそり。
お店も何もかも閉じています。

でも、チューリッヒの街並みを歩いていてふと、
ごみ袋発見! 
元旦でも回収してくれるのでしょうか。
Swiss_23.jpg
1月3日には、同じくスイスのBaselという街にいたのですが、そこでもごみ袋発見!

それにしても、カラフルで丈夫そうなごみ袋ですこと。
これって、もしかしたら再利用(リユース)しているのかしら?
もしそうなら、それもよいアイデアですね。

ごみ収集はしてくれても、お店等は三ヶ日は全く開いていない様子でした。

Swiss_21.jpg
外は何も開いていないということは、スイスの人たちは家族とともに家で休日を楽しむのでしょうか。
日本では最近、2日からどこもかしこも開いていますよね...

ひっそりとしたチューリッヒの街中を散歩したり、
白鳥を眺めたりして、この年のお正月を過ごしました。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:05  |  └ Switzerland  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.12.21 (Fri)

スイスでの鉄道の旅

Swiss_17.jpg2005年冬に訪れた時の話のつづきです。

日程やチケット(安いチケット...)の都合で、
この時はヨーロッパを鉄道で
横断するような旅になりました。

日本の鉄道にも、
グリーン車と普通車がありますが、
ヨーロッパではそれ以上に、1等車、2等車と分かれている割合が高いと感じました。
Swiss_11.jpg
特急や急行などの列車ではなくても、
分かれていることが多いのです。

1等車では、座席の座り心地が良い
ということの他に、
私はその雰囲気の良さが気に入りました。

座席の前には簡単な木製のテーブルがあったり、
列車にもよるとは思いますが、

出してくれるコーヒーは陶器のマグカップに注がれます。
Swiss_13.jpg
きれいな車窓を眺めつつ、
そのテーブルでコーヒーを飲みながら
本を読んだり、物思いにふけったり...
PCの電源も用意され、
無線LAN(有料)も利用できたりしました。

日本の新幹線のグリーン車でも、
同様のサービスがあるとは思いますが
私は、俄然雰囲気が異なると感じました。
Swiss_12.jpg
日本の電車は移動することが主目的。
席も窮屈だし、
車内のデザインや快適性などもイマイチ。

もちろん、そういう電車も地方に行けばあるのかもしれないけど
まだまだ認知率が低いような。
Swiss_16.jpg
大きい荷物を置いたり、
コートを掛けたりするスペースも
ヨーロッパの電車には、きちんと存在しました。

ペットも自由に乗っていて、
通路にでぇぇぇ~ん、って
犬が寝ているというような、ほのぼのした雰囲気もありました。
Swiss_18.jpg
もう少し魅力的な電車を増やせば、通勤・通学の他に
電車の利用者も増えるのではないかと
思うのですが、そうは、行かないのかしら...

オリエンタル急行のように、
移動することが目的ではなくて
列車の旅自体が目的となりうるような魅力的な電車が...

以前に、テレビコマーシャルで
車だと周りを気にせずおしゃべりが
出来るってありましたが、
もし個室があればその問題も軽減できるはず。
Swiss_19.jpg
それに電車なら、
事故を気にせずおしゃべりが出来ます!

前にも書いたように、電車で移動した方が
車や飛行機で移動したときよりも
環境負荷は軽減されます。

速さ、正確さで名高い “シンカンセン” の他に
快適で日本情緒たっぷりの魅力的な電車で、日本を代表するようなのは出来ないだろうか、

スイスでの車窓を眺めながら、そんなことを考えていました。


テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

20:37  |  └ Switzerland  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.12.19 (Wed)

ユングフラウヨッホのカラス

Swiss_05.jpgTop of Europe といわれるスイスの名峰、
ユングフラウヨッホを、
2005年冬に訪れた時のお話です。

ミラノから国際列車で国境を越え、
スイスに入りました。

国境越えは、あっけないもので、
しばらく停車し検察の人が数名で入ってきて
パスポートをチェックしただけ...
Swiss_03.jpg
スイスでは、インタラーケンのホテルで一泊して
翌日の朝から、ユングフラウ鉄道で山頂駅を目指しました。

私たちのように観光客というのは少数派で、ほとんどがスキーを目的として来ている人たち。
ブーツはいて、板を持った状態で乗車してきます。
まるでゴンドラに乗っている気分...
Swiss_06.jpg
着いた駅は、スキー場まっただ中。
すぐに滑れるのです。
スキー場の風景は、
日本とそれほど変わらない感じ。

ただ、混み具合が違います。
リフト待ちなんてなさそうです。
そして、全体的に皆さんの脚前が良いような...
Swiss_08.jpg
電車を乗り継ぎ、更に山頂を目指します。
勾配が急なので、レールも車輪もギザギザ。
車輪とレールがかみ合って進んでいきます。

山頂駅の標高は3454m。富士山の9合目(3460m)とほぼ同じ。


ガイドブックの注意書きにもありましたが、急激に登ったことで
軽い高山病のような症状になる場合があるとか。
Swiss_02.jpg
だから、ゆっくり身体を動かすこととありましたが、
山頂駅でまんまと私は、気分が悪くなりました。
めまい、吐き気・・・
立ちくらみがして歩けないのです。
しばらく座って落ち着くのを待ちました。

で、展望台に出ると、外はものすごいお天気。
真っ白な雪面に反射するので、
眩しくて目が開けていられません。
そして、すごい風です。 
Swiss_09.jpg
そしてそして、これが私が見たかった風景。
世界遺産でもあるこの山々と氷河!
真冬なので、雪が積もっていますが←↑、
夏は→こんな感じ

残念なことに、地球温暖化の影響なのか
氷河は段々小さくなっているそうです。
Swiss_04.jpg

そして、不思議なものに出会いました。
この3000m以上の雪山に、カラスのような鳥がいるのです。
観光客にもらったエサをしっかりとくわえていて、
私が近づいても逃げようとしません。

こんなところで、生きていけるのかしら?

なんだか、その堂々とした姿に、この山の主のような雰囲気があり
人間が監視されているような気分になりました...

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *世界遺産*

09:06  |  └ Switzerland  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)

2007.12.17 (Mon)

ミラノの年末

Milan_07.jpgちょっと、古くて2005年冬にヨーロッパ旅行の話に飛びます...

ミラノin、アムステルダムout という旅程で、
ミラノからアムステルダムまでユーレイルパスを用いて11日間かけて鉄道で南から北へ縦断しました。
Milan_06.jpg

縦断するので、各都市にあまり滞在できませんでしたが、
“世界の車窓から” のように、タラッタ~ラ、ラーララ♪ と
電車の旅を楽しみました...
Milan_04.jpg
ミラノには2泊でした。 まず、足を運んだのがドォーモ教会。
歴史を感じる厳かな建物で、なかにある木製の椅子や手すりは、暗い教会の中で、妖しいまでの光沢を放っていました。

きっと、何千万人、何億人の信者に何回もお祈りに使われたんですよね。

そして圧巻は、ステンドグラスでした。
何枚も何枚もありました。
Milan_05.jpg
しばらく、ドォーモ教会の神秘的な雰囲気を楽しんだあと、
教会のすぐ隣のアーケード、ガッレリアに足を運びました。
この、ドォーモ&ガッレリアというのは
ミラノ旅行の定番コースのようで...

アーチ型ガラス天井が続いていて、
積もっている雪が下から見えます。

もうとっくに、クリスマスは過ぎているのですが(この日は、12月28日)、中央には大きなクリスマスツリーがありました。

Milan_03.jpg
↑おまけに、このクリスマスツリーのオーナメントはすべてスワロフスキーのクリスタルですって。重そう...

そして、ミラノ中央駅の構内にも
大きなクリスマスツリーがありました。→
クリスマスツリーは年明けしばらくしてもまだ、
置いてあるんだそうです。

↓ミラノ中央駅の駅舎は、ムッソリーニ時代の建築を代表する建物だそうで、荘厳な雰囲気でした。
Milan_02.jpg
イタリアに来たからにはおいしいイタリアン!と、
チーズ大好きの私は、
クアトロ・フォルマッジョ(4種類のチーズ)の
窯焼きピザと、
エビとアスパラのカルパッチョをたいらげ、
満足げにホテルに戻りました。


ピザは巨大だったのですが、
エスプレッソはものすごく小さかった~。
牛飲馬食の私には、最後のシメがモノ足らなかったのでした...

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

23:47  |  ├ Italy  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.12.15 (Sat)

ヨーテボリ

Goteborg_14_20071215110446.jpgさらに続くヨーテボリです。

ちょうど滞在したホテルがクングスポーツ通りという通りに面していたのですが、この通りはお店も多くかわいい水色の路面電車も走っていて、ヨーテボリの代表的な風景の様子。

Goteborg_19.jpg
観光案内所に売っていた絵はがきは、
この通りを概観したものでした。

リスボンの路面電車は1両編成で黄色いネズミのようにクルクルとすばしっこく動いたイメージでしたが、
ヨーテボリの路面電車は2両編成でゆったりと動くイメージ。

そうですねぇ、例えるとしたら、水色のタヌキ??

Goteborg_goods_6.jpg
路面電車のある風景って、何か良いような気がするのですけど、東京のように交通量の多いところでは、混乱してしまうのかしら。

東京の場合は、網の目のように走っている現在の地下鉄の方が合理的ということ?

しかし東京ほど地下鉄が複雑なところは無いような気がします。いつか比較してみたいものです。
dinner_Goteborg_2.jpg
スウェーデン料理というものが、あるのかないのか、少し探してはみましたがありつけませんでした。

でも、ホテル近くの庶民的なレストランに入ったときに、スウェーデン風なんちゃらと書いてあったメニューがあったので早速注文。
dinner_Goteborg_1.jpg


木の板の上に、星形の口金でマッシュポテトを絞り出し焼き目をつけたところに、焼いたお肉が盛られ、隣にはソースが2種類注がれている、という料理が出てきました。

マッシュポテトの壁もお肉もソースも
すべてあつあつ...
Goteborg_24.jpgジューシーなお肉にソースをたっぷりつけて、ポテトを添えていただきました。

周りのマッシュポテトの山を崩すと、もんじゃ焼きではないですが、ソースが流れて来ちゃいそうだったので、内側からチョビチョビ崩しながら食べました。

2週間ほど書き続けたヨーテボリですけど、
そろそろネタが尽きてきたので、今日でおしまいです。

次回は是非、夏に訪れてみたいです。



テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

12:04  |  └ Sweden  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.12.14 (Fri)

エネルギーラベル

Super_Goteborg_7.jpg
最近、様々な環境ラベルがあります。
ありすぎてよくわからない...

どんだけぇ~あるのか、
環境省のページで見てみるとびっくり。

このページで見る限りは、
全国統一のラベルだけで31種類あり、
それプラス、地方基準のラベルが57種類もあります。 
こんなにあるんですね...
Energy_label_1.jpg

環境ラベルのうち、エネルギーを消費する製品にはエネルギーラベルがついていますが、

ヨーテボリのスーパーマーケットで蛍光灯についていたエネルギーラベルを見つけました。
↑カラフルで、目にとまったのです。

では、日本の蛍光ランプのパッケージはどんな感じかって、こんな感じ→。
Energy_label_3.jpg
日本では、照明器具には省エネラベルが義務づけられていますが、
ランプには無いようで、メーカー基準のエコラベルのみついています。

日本の省エネラベルは、冷蔵庫、エアコン、テレビ、照明器具...などの家庭内で電力消費量の大きな家電についています。
Energy_label_6.jpg
ちなみに、オーストラリアのエネルギーラベルはこんな感じ→。



日本のエネルギーラベルで特徴的なのは、
1年間にかかる電気料金が記述されていること。

他の機種と比較すれば、省エネ機器を選択することで
削減できる電気料金がわかるようになっています。

EUとオーストラリアでは電力消費量のみで
金額には換算されていません。
Energy_label_4.png
日本人って、電気料金に敏感なんでしょうか?

私は、日本、EU、オーストラリアの3つの
エネルギーラベルで比較すると
EUのラベルがカラフルですっきりしていて気に入っています。
みなさんは、どのラベルがよいと思います?

他の国はどんなんだろうー?

また違う国に行ったときに探してみたいと思います。



テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *エネルギー利用*

00:05  |  └ Sweden  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.12.12 (Wed)

スウェーデンのおみやげ

Breakfast_Goteborg_2.jpgまたまたヨーテボリのつづきです。

同じホテルに3泊したので、朝食も3日間一緒。でもビッフェ形式なので、そう簡単に飽きはしません!

ここの朝食は、パンと卵がおいしかったです。
あとは、パプリカがとっても甘くて果物みたいで気に入ってしまい山盛り食べました。

Goteborg_17.jpg食いしん坊なので、朝から食べ過ぎです。
たっぷりの朝食後には、準備万端で出発。
Goteborg_16.jpg
ホテルを出れば、出勤時間帯なので足早に人が通り過ぎて行きます。

そして、水色の路面電車が忙しく行き交っています。
でも日本のように渋滞やラッシュという雰囲気とはかけ離れていますが。


この日は、お散歩中に家庭用品のお店を見つけて入りました。

“DUKA”というお店でした。私はあまり北欧ショップに詳しくないのですが、日本にも来ているお店なのでしょうか?
Goteborg_goods_1.jpg
家電のような大きなモノはあまり見かけませんでしたが、キッチン用品が充実していました。

ちょうどクリスマス前ということで、クリスマス用のテーブルセットやオーナメント類が並んでいました。とってもかわいかったので、小さいクリスマス用のオーナメントを2つお土産に買いました。
Goteborg_goods_2.jpg
ここで、ちょっと目を引いたのが、包丁。

5つくらいのメーカーのが並んでいたのですが、そのうち二つが日本のメーカーでした。
ちょっとど忘れしてしまったのですが、東京と神戸のメーカーだったような...

そういえば、日本のお土産で包丁って外国人に人気があるんですってね。
Goteborg_goods_4.jpg
あと買ってしまったのは、主人に呆れられたオリーブオイル。
そんな重たいモノを... それに日本で買えるって!?

でもとてもきれいだったのです...
中に赤ピーマンと黄ピーマン、ローズマリーなどがギッシリと漬かっているのです。

日本に帰ってきて、スーツケースを開けたら荷物がオリーブオイルにまみれているんじゃないかと、
ドキドキしながら持って帰ってきました。

まだ封を開けていません。
しばらく鑑賞してから使いたいと思います。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

01:29  |  └ Sweden  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT