2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.30 (Fri)

植物工場

08pasona_00.jpg
東京大手町の植物工場?に行ってきました。

大手町のど真ん中の大きなビルの地下二階。
ここで、野菜や植物が、
人工的な環境で育っているのです。

ココは、“パソナO2”という(注1)
人材派遣会社パソナの施設。

08pasona_03.jpg
農業の魅力を伝え、
就農者を増やしたい

そういう目的をもって
作られたとか。

周辺産業を含めて
農業が活性化されれば
新たな雇用が創出される

08pasona_06.jpg

人材派遣会社のビジネスプラン
なのかもしれませんが

環境という観点からも
よい取り組みだと、思いました。

中は6つの部屋に別れていて、
08pasona_08.jpg

それぞれの室内環境が異なり、
それぞれ異なるモノが育っています。

稲が育っていたり、トマトがなっていたり
とっても不思議な気分になります。

08pasona_10.jpg
ココの雰囲気はとてもキレイ&オシャレで
害虫や病気などという問題からは
ほど遠いイメージを受けます。

農業というのは、機械的に制御できたり
効率よく生産できるモノではないと思いますが

ここにきて、
農業が夢のある、先進的な産業として
捉えることができる人が一人でも増えれば
その役目は大きい。
08pasona_07.jpg
日本の農業は、
どげんかせんならんとです。

きっとこの地下室の今の状態は、
太陽エネルギーを
化石燃料で作ったエネルギーで代替して
野菜を育てているわけですから

環境負荷という側面で見ると
よくないのでしょうけど

08pasona_12.jpg
ここの持っているポテンシャルエネルギーたるや
大きいのではないかと感じました。

あとは、食糧危機が更に深刻になると
もしかしたら、こうやって植物を
生産しなくてはいけなくなったりして?

ちょっと色々と考えさせられるスポットでした。

08pasona_05.jpg
東京メトロ大手町駅
B2a出口から直結です。

平日しか開いていませんが
誰でも予約無しで自由に見学できます。

もし近くを通られたときは、この不思議な空間を、是非!

注1) PASONA O2
 東京都千代田区大手町2-1-1大手町野村ビル地下2階
 開館時間 平日11:00~18:00
 http://www.pasonagroup.co.jp/pasona_o2/index.html
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

タグ : *食糧*

23:19  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2008.05.28 (Wed)

カルガモ親子到来

08カモ_06
勤め先の中庭に、
カルガモ親子が現れました。

中庭といっても、
ロの字の建物の真ん中なのです。

草は生えているのですが
池はありません。
08カモ_04

こんな建物に囲まれたところに、
良く飛んできたものだと思いましたが、

よく考えれば
飛んできたのは親だけ。

この中で卵を産んだようです。

確かに外敵がおらず
ヒナを育てるには、良い場所。
08カモ_07

おまけに、職員がみんなで代わる代わる
面倒を見に来る、かわいがりよう。

最初は、植木鉢の下におくようなお皿を
かき集めて来て
お水を張っておいてありましたが、

08カモ_03

そのうち、大きな四角い容器が出現。
買ってきたのかしら?

おまけに、ヒナが入りやすいように
そのカモ用簡易プールに
階段まで出来ていました。

08カモ_05
去年初めて目撃し、
今年は2回目です。

この中庭は、毎年この時期に
草刈りをするのですが

昨年はカルガモの為に、
草刈りが中止されました。
08カモ_08
そこまで保護するのも
どうなんだろうって
思ったりします。

人間のエゴでしかないのでしょう。

人間をあまり怖がらなく
なってしまってます。
08カモ_09
でも、かわいい。。。
もう、ウットリです。

写真を撮りに、中庭にでれば
中庭を見下ろす色々な窓から、
カモを見つめる視線がありました。

全部でヒナは10羽いました。
あと数週間でまた巣立って行きます。

10羽すべて元気に巣立って行って欲しいです。

タグ : *鳥*

00:31  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(15)

2008.05.25 (Sun)

ケープ・トリビュレーションのビーチを歩く

08Cairns_11.jpg
マングローブというものを

以前に『エビと日本人 』を読んでから
見たくてしかたありませんでした。

そこで、熱帯雨林気候に属する
ケアンズの北、デインツリーでは
その生態を見ることが出来ると聞いて
楽しみにしていました。

マングローブ(mangrove)とは

08Cairns_34.jpg
熱帯、亜熱帯の海岸水域
河口周辺、河川沿いに発達する
塩性植物の森林をさし

構成する植物種類はたくさんあって
100種類程度あるとか。

泥質に生育すると
乾燥した土と比較して
酸素が不足がちになる。
08Cairns_33.jpg
そこで、呼吸根といわれる、
地表に顔を出す根を発達させるのです。

いわゆる、“シュノーケル” があるんです。

呼吸根には、

タコの脚のような形
タケノコのように突き出す形
折り曲げた膝のような形

08Cairns_42.jpg

など、色々な形があるらしい←↓。

マングローブ林は
自然の防波堤の役割を果たしていたり

落葉の腐蝕によって
栄養たっぷりの泥沼となって

08Cairns_37.jpg
プランクトンや、昆虫類、エビ、など
たくさんの動植物が集まり
熱帯漁業資源の宝庫を形成している。

なんだか、とっても不思議かつ
役割の多い植物ですよね?

08Cairns_35.jpg

しかし、先日も書いたような
エビ養殖地の造成
土地開発などで
つぶされてしまったり、

堅木であることから、
薪木、木炭原料としても
利用されているそうです。

08Cairns_45.jpg

そういえば先日、
近所に焼き肉を食べに行った際、

炭の形が、
細くて表面がつるんとしていたので
コレは何の木なんだろうと
思っていたのですが
08Cairns_41.jpg
もしかしたら、マングローブ?

ガーーーン。また凹みます。
私も立派な破壊者なんですよね。

ここのマングローブたちは、
世界遺産にも指定されているので

伐採されるようなことはないと思いますが
気候変動などによって、
危機を迎える可能性もあるのでしょうか?

いつまでも、その不思議な姿をとどめて欲しいと、改めて思いました。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *生物多様性* *植物* *世界遺産*

00:18  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.05.22 (Thu)

エコリゾート

Coconut Beach Lodge_01
ケアンズの北、デインツリー国立公園
の中にある
ココナッツ・ビーチ・リゾート
というところに宿泊しました。

「エコリゾート」って
ガイドブックに書いてあったので
迷わず予約。

Coconut Beach Lodge_13
「エコ」と言われると
どこがエコ?って
探索してみたくなるんです。

このリゾートは
熱帯雨林の中にあって

部屋には大きな窓。
そして木々が接近しています。

Coconut Beach Lodge_05

室内にエアコンやテレビはなく、
照明も非常に少なくて
夜は薄暗い。

しかし室内はすべて木で覆われ
木のぬくもりが感じられました。

Coconut Beach Lodge_11

照明の電球が2~3カ所切れていたり
部屋はあまりお掃除が行き届いていない感じで

ホコリがたまっていたり、
蜘蛛の巣が張っていたりするところがありましたが

汚らしいという印象は決してなく
なんかそういう大ざっぱなところが
私には、逆に好印象。

Coconut Beach Lodge_10

ビラタイプというスタイルで、
一部屋一部屋が
敷地内に離れて存在しており

シャワーの為の給湯器は
その一戸一戸個別にある
ガス湯沸かし器でした。

Coconut Beach Lodge_04
何がエコかと自分なりに考えると

・照明が電球形蛍光灯
・タオルのリユースを促進
・エアコンなし
・ルームサービスなし
・建材に熱帯雨林の原生林を使用
・熱帯雨林を体感できるような構造

かな?

Coconut Beach Lodge_14
レストランは、海岸に一番近い位置にあり
窓が全開で、食卓を
海風が通り抜けていきます。

メニューは魚料理がメイン。

よって、オージービーフを楽しみにしていた
主人は、ちょっと物足りなさそうでしたが...

Coconut Beach Lodge_08海から森に向けて吹き抜ける風
その風に木々が揺れる音
夜に虫やカエルの声
朝に鳥の声...

自然の中にどっぷり感覚が
非常に心地よかったです。

ちょっと、高かったんですけどね、
えこたびオススメです。


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *やど* *世界遺産*

07:07  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2008.05.19 (Mon)

知床五湖で、くま食事中

04shiretoko_05.jpg
ケアンズの自然保護区域のことを書いていたら、

昔訪れた、
知床のことを思い出しました。

数年前、まだ世界遺産に
認定されていない頃です。

知床半島は、知床横断道路以北は
知床五湖やカムイワッカの滝くらいまでしか
入れないようになっています。

04shiretoko_07.jpg

知床半島を見るには、
船に乗って、海から眺める他ありません。

で、知床五湖を歩いてみたいと

一度、5月に訪れたら、
路面凍結で、知床横断道が封鎖でした。

04shiretoko_06.jpg
よって数年後の7月に、再訪問しました。

お天気も良く、
知床五湖から少し手前にある
駐車場まで、
順調に車を進めることができました。

そこから、水筒や帽子などをもって
勢いよく歩き始めると、
なんとビジターセンターに、
04shiretoko_01.jpg
「入場規制 本日は一湖までしか入れません。」
とあります。

一湖とは一番手前の湖。

えええー?と、
入り口にいるレンジャーさんに
話をきくと、
04shiretoko_02.jpg

数日前に、クマが出たので
危険なので、規制していると。

意気揚々とやってきた、オバサンは
ガッカリ。。。

この時期咲いている水芭蕉の
真ん中の黄色いコーンと呼ばれる部分は
クマの大好物なんだとか。

04shiretoko_03.jpg
それでこの時期は、
クマが良くでるそうです。

またなんと、かわいいモノを食べるのですね。
クマさん、お食事中なら仕方がないか...

サケが捕れる秋になると
サケを食べに川の方に行ってしまうので

04shiretoko_08.jpg
その頃だと大丈夫です。とレンジャーの方に
にこやかに言われました。

その日許された一湖までは、
行ってみましたが
噂に違わず、とても美しかったです。

一湖の周りには、微電流の流れた電線が
張り巡らされていました。
04shiretoko_09.jpg
クマの進入を防いでいるのです。

本来は、ココはクマのテリトリーだったはずで
そこに人間が入るようになって、

先住のクマに入ってくるだ、なんて
考えてみれば、失礼な話。

ションボリと人間様は、
街に戻って食事して帰ってきました。


またいつか来るかーと思ってから、知床は世界遺産に指定され
もう何年も経ってしまいました...

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *生物多様性* *どうぶつ* *世界遺産*

00:22  |  ├ 北海道  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.05.17 (Sat)

ヒクイドリ

cassowary_01.jpg
ケアンズの北にある
デインツリー国立公園の辺りは、
『ヒクイドリ』 という絶滅危惧種の鳥が
生息しています。

和名は火食鳥で、現地ではCassowaryと
呼ばれていました。

何故ヒクイドリと言われるのかという
由来は、諸説あるようですが

cassowary_03.jpg

喉の赤い部分が火を食べているように
見えたとか何とか。。。

私は、この鳥の存在すら知りませんでした。

今回、この地で動物園に行った際に、
その姿を初めて見ましたが、

08Cairns_25.jpg
目がクリクリっとしていて、
鮮やかなブルーの首と、赤い喉が
とっても印象的でした。

動物園では、ヒクイドリへの餌付けを
体験させてくれて、私も実際に挑戦。

3分の1の大きさのバナナ
をあげると

08Cairns_31.jpg皮ごと、ぱくっと飲み込みます。

すごい大口。

バナナ3切れ、小さめのリンゴ2個あげましたが
まだ食べたりないらしくて

柵の隙間から、
顔をにゅ~っと出して
私の脚をつついて催促してきます。
(←注1)

cassowary_02.jpg


ダチョウよりは小柄ですが
怒らせると、結構凶暴らしくて、
つついてきたり、蹴ったりしてくるとか。

この辺りの道路には、
ヒクイドリ注意の看板がたくさんあり↓

cassowary_04.jpg
道路も、速度止めの凸凹があったり↑
時速20km/hに制限されていたりしました。

道路を通るときは、

車とぶつかったら大変なので
どうか飛び出してきてくれませんように
という気持ちと

野生の姿を見てみたいから
ちょっと顔をだして
という気持ちが入り交じって、とても複雑でした...

注1) Daintree Discovery Center, Interpretive Guide, p44

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *生物多様性* *鳥*

00:21  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.05.14 (Wed)

絞め殺し植物

08Cairns_29.jpg
この5月に行った
ケアンズの北にある、デインツリー国立公園の続きです。

熱帯雨林というのは
さぞかし、高温多湿で
虫がたくさんいるのだろうと (私は虫が大嫌い...)
思っていたのですが

南半球はちょうど、秋だということもあり
そのような気配は全くなく
非常に快適でした。

08Cairns_plant01.jpg
森林を少しでも傷つけないように
人間様の歩くところには

ボードウォークという木道が
整備されています。

前にも触れた、エコツーリズムとは...

放っておけば、勝手に人間が入ってしまうので
それを防ぐために、この場所を保護する。

08Cairns_plant05.jpg
この雄大な自然を保護していくためには
少なからぬ手数がかかります。

そこで、害のない範囲で、
観光客に入ってもらい
運営資金を得て、地域住民とともに
この地域を守っていく...

公園の中にある施設への
入場料は、決して安いモノではありません。

08Cairns_23.jpg

例えば、森林の生態を紹介する
ディスカバリーセンターでは
入園料が一人30ドル(約3,000円)でした。

私にとって
熱帯雨林は初めての体験。

生態系は本当に微妙なバランスで
成り立っているんだと感心したり、

08Cairns_plant06.jpg
どうしてこういう植物があるんだろうと
ナゾに思ったり、

非常に勉強になりました...

一番おもしろかったのが
着生植物→ と 絞め殺し植物↓
というものの存在。

着生植物とは寄生植物とは異なり
くっついた木には害を与えず

08Cairns_plant04.jpg
自分では立っていられないから
ただ場所を借りているもの。

絞め殺し植物は、最初は着生と一緒で
間借りしているだけですが、

成長に従って、

自分でも地面に根を張り始め、
葉を生い茂らせ、

08Cairns_plant03.jpg

最終的には、間借りした木を殺してしまうのです。
名前からしてオソロシイ...

最終的には、中の木は朽ちて
空洞になってます→

しかし、この絞め殺し君にも
きっと役目があって、
存在しているのですよね。

どうか、この森林が
いつまでもいつまでも、元気でいますように。


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *植物* *生物多様性*

06:31  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2008.05.11 (Sun)

デインツリー国立公園

08Cairns_28.jpg
ケアンズの北、約100kmの
辺り一帯に広がる
熱帯雨林に行きました。

この一体はデインツリーという
国立公園になっており
世界遺産にも指定されているそうです。

08Cairns_24.jpg
この熱帯雨林は
海岸に接近しているのですが、

その海には、あの世界最大の珊瑚礁
グレートバリアリーフがあります。

ですから、
世界遺産が2つ隣り合わせているという
とても魅力的な場所なのです。

08Cairns_27.jpg


ケアンズ空港から北に向かって、

くるくる交差点(勝手に命名→)や
工事箇所をいくつか通って
進んで行きます↓。

08Cairns_18.jpg

そして、
私たちの宿泊先に向かうには

デインツリー川という川を
渡らなくてはいけないらしく

「フェリーに乗って下さい」と言われました。

08Cairns_19.jpg
フェリーに乗るなんて
どんな大きな川かと思えば

ケーブルフェリーというんでしょうか、
さながら “動く橋”
といった感じ↓。


08Cairns_14.jpg
車が少しでも貯まったら、
音もなく
すぐに動き出して、

ほんの数分で、対岸に着きます。
「矢切の渡し」 より短いです。
(どんな例えだ?)
08Cairns_17.jpg
対岸に到着すると→
一斉に車が走り始めます。

モクモクとした森林
キラキラと太陽光が反射する海...

その間の道を
休憩したり、写真を撮ったりしながら
目的地に向かいました。

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *国立公園* *世界遺産*

08:53  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.05.09 (Fri)

エゴたび

08Cairns_10.jpg今年のゴールデンウィークを利用して、
ケアンズに行きました。

今回の目的は、熱帯雨林をみること、
マングローブをみること
エコリゾートに泊まること
でした。

熱帯雨林と言えば、アマゾンですが
南アメリカって、日本から遠くて
思い描くに至りませんでした。
08Cairns_12.jpg
いつかは訪れたいです...

さて、ここから懺悔です。

東京からケアンズまで 5,854km あります。
飛行機のCO2排出原単位は、
約111g・CO2/人・km(注1)↓。

これを主人と二人で往復すると...

輸送量あたりCO2


カンタス航空の計算では、
2.2トンのCO2を排出になりました。

日本の世帯当たりの
年間CO2排出量は
約5.5トンですから(注2)、

08Cairns_09.jpg

今回の飛行機で
我が家は年間の
CO2排出量の半分近くを
消費したことになります。

これって、どうよーーー?

で、懺悔のあまり
利用したカンタス航空で
カーボンオフセットしてみましたが

Qantas_CO2.jpg

上記のCO2排出量に対して
約26オーストラリアドル。
約1ドル100円で計算して2600円。

2600円で相殺されましたと→
ぺらいちの紙が渡されても...

CO2排出して、これが免罪符になっているようで
ちょっとビミョーな気分。

08Cairns_03.jpg

すみません、“えこたび” 改め “えごたび” でしょうか。

遊びすぎで疲れたのもありますが、
何だかガックリです。

これから、毎日歩きます。
ゲップもしません。
息も止めます。(それは無理だ)



注1) 国土交通省 運輸部門の地球温暖化対策について 
注2) 全国地球温暖化防止活動推進センター “家庭からの二酸化炭素排出量(2005)”

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *交通*

10:22  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)

2008.05.03 (Sat)

プロシューマー

hama0804_05.jpg
先週末に行った主人の実家の浜松で...

行くたびに感心してしまうのですが、
義父は何でも自分で作ります。

決して上手ではないモノもありますが
私はその「自分で作ろう」という気持ちが
すごいと思います。

そんな義父をみていてふと、
“プロシューマー” という言葉が浮かびました。

hama0804_19.jpg
アルビン・トフラー著 『第三の波
という著書で紹介されたもので、

コンシューマー(消費者)と
プロデューサー(生産者)を
くっつけた造語です。

hama0804_21.jpg

狩猟採集社会から農耕社会
への移行が第一の波

農耕社会から工業社会
への移行が第二の波

hama0804_18.jpg
そして第三の波が
工業社会から新しい社会へ移行
としています。

自給自足的経済のもとで
生産者と消費者は一体化していたのが

工業社会では両者が明確に分離されるようになった。

それが様々な問題を引き起こし

hama0804_11.jpg

第三の波がもたらす社会では
分離された生産者のと消費者が
再び融合する、

プロシューマーの復活というわけです。

トフラーはこの本を1980年頃に出して
いますが、その頃の予想に反して
hama0804_12.jpg
生産者の技術や合理的生産体制は
ますます高度化、

消費者と生産者の技術格差は拡大
「消費の外部化」が進んでいるような...

プロシューマーなんて、今の若い世代に
いるのかしら?

外食産業はますます盛んだし、
hama0804_16.jpg
家で何かを縫うことは減り、
既製品ばかり、

何かが壊れても自分で修理できない...

ちなみに私も、
コンシューマーでしかありません。

hama0804_17.jpg

まだ使える素材も、
そこから何かを作り出すことが出来なければ
ごみになります。

食べ物も自分で作っていれば
無駄に捨てることも無くなるような。

hama0804_08.jpg
そう考えると、プロシューマーは
環境問題の点からみれば
歓迎すべき存在ですよね。

環境教育というのは、もしかしたら
プロシューマーを育てることなのかなぁと
思ったりします。

うちの義父のような人は、とても貴重かも。 最近はしみじみ、そう思います。

ちなみに彼は、78歳にして、2ちゃんねらーです。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *プロシューマー*

01:26  |  └ 静岡  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。