2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.28 (Sat)

木づかい

08JIE_bio_03.jpg
数年前ですが、山梨県早川町というところに
森の見学に行きました。

早川町とは、
甲府市と富士市の間くらいに位置し
南アルプスと富士山に挟まれたところ。

山に抱かれた、とても美しい街です。

早川町役場の人から林業の現状について
お話を伺った後に
08JIE_bio_02.jpg
典型的だといわれる急傾斜林(斜度30~40°)に登りました。

地面は、ふわっふわの腐葉土で
登ろうとしても、足下が崩れてしまい
なかなか前に進めません。

そして、あまりに急勾配なので、
一旦転ぶと、
転がり続けそうな恐怖感...
08JIE_bio_04.jpg
人工林というのは、間伐材を切ったり
管理していかないと、維持は難しいのだそう。

ただ、林業の担い手が高齢化
するなか、この足場の悪い林で
木々を切り出すのは至難の業。

08JIE_bio_07.jpg

苦労して切り出した木々も
安い中国産などの木材に太刀打ち出来ない。

そういう悪循環で、どんどん衰退しています。

現状を説明して下さった方も
かなりのご高齢ですが
跡継ぎはいないそう。

08JIE_bio_08.jpg
この街は、林業の衰退とともに
過疎化が進んでいるそうで(人口85%流出)

この見学会の際の宿は
廃校になった街の小学校を
宿に改造したところでした。

コレを見て、国産材を使おう!
って思いましたが、
39.jpg
なかなか普段の生活で
国産材を選ぶ手段というのがありませんでした。

が、元気な森づくりの為の
プロジェクトがあることを
(今頃)発見!

木づかい運動って言うんだそう。(注1)
国産材には、
←このようなマークをつけているそうです。

例えば、コンビニのミニストップでは
このマークがついた
08JIE_bio_09.jpg

国産材の割り箸が→、
一膳5円で
販売されていました。

割り箸とは、そもそも間伐材を利用したり
丸太から角材を取り出した際に、残った端材を利用する、いわゆる廃材の有効利用(注3)。

08JIE_bio_01.jpg
しかし、現在ではそれを使わず
そのまま森に捨て

中国から割り箸を輸入している。

日本の割り箸は9割以上が
中国産だとか(注2)。

マイ箸も良いですけど、
我が国の林業活性化、


ひいては森林の保護の為に、国産材割り箸を使うのも、一案なんですね。

段々、食べ物の写真が
定番になりつつありますが...

↑これは、山梨名物ホウトウ!真夏に食べたから、汗だくでした。


注1) 財団法人 日本木材総合情報センター 木づかい運動情報サイト
注2) 環境三四郎 「割り箸から見た環境問題
注3) 田中淳夫 「割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 」 ちくま新書、東京、203pp
スポンサーサイト

テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

タグ : *資源*

09:31  |  ├ 山梨  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.06.25 (Wed)

水無月もおしまい

08hondoji_01.jpg
水が無い月と書いて、
水の月という意味の6月。

そんな6月も、
もうそろそろ、おしまいですね。

先日、千葉県松戸市にある本土寺という
ところに紫陽花を見に行ってきました。

08hondoji_02.jpg
梅雨らしい天気が続いていたので
境内の紫陽花には、
たっぷりの雨水が溜まっていました。

私たちの国は、
水資源には非常に恵まれている国
なんですよね。
08hondoji_10.jpg
そして日本が海外に依存している
水資源賦存量は、0%です(注1)。

水の依存性について他の国を見てみると、

フランス 12%
スイス  24%
ドイツ   31%
オランダ 88%
エジプト  97%
クウェート 100%
08hondoji_04.jpg
などとなっており、水を
他国に依存している国は多いようです。

ちょっと、意外だったのが

エビアン、ヴィッテル、ペリエなどの
たくさんのミネラルウォーターを

08hondoji_08.jpg
排出しているフランスも
少しは他国に依存しているということ...

同じ液体の?石油と同様、
水も貴重な資源です。

あまりに豊富だと、

08hondoji_05.jpg
大切にしなくちゃという気持ちが
薄れるのかもしれません。

地球温暖化についての話が過熱しており
今は水資源に関して、
我が国では危機感は無いですが、

そのうち水も、200円/Lの時代がやってきたりして?

紫陽花にたっぷり溜まった雨水は

08hondoji_09.jpg

ファインダー越しに覗いていると
キラキラと、とても美しいものに思えました。

こちらは、ツヤツヤと
うるおいたっぷりな、くず桜→。
(隣は、乾いた栗まんじゅう。)

注1) FAO aquastat
  http://www.fao.org/nr/water/aquastat/main/index.stm
  ロビン・クラーク、沖大幹 “水の世界地図” 丸善、東京、125pp

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *水* *花*

00:11  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.06.22 (Sun)

波崎の風車たち

08hasaki_08.jpg先日、オーストラリアからの帰り
成田空港に着陸する際

飛行機は南からやってきて
房総半島の沖を通り過ぎ
左方向にぐるっと旋回し

鹿島灘から垂直方向に
内陸に入り
成田空港に向かいました。

その際に、鹿島灘の海岸線に
ずら~っと風車が見えました。

08hasaki_06.jpg
関東にこんなにたくさんの風車が
あるのは知らなかったので
帰ってから調べて、見てきました。

関東地方最大級の
風力発電所で
波崎ウィンドファーム←↓
(波崎風力発電所)。

08hasaki_07.jpg
2004年3月からの稼働だそうです。

風力発電は、CO2排出量が少ない
自然エネルギーであり
利点も多いですが

・出力変動(発電量の変動)が大きい
・バードストライク(鳥が巻き込まれる)
・騒音、反射光の周辺環境への影響
・落雷、強風による倒壊

などの欠点もあります。

08hasaki_02.jpg
例えば、日本では風力発電は
北海道に多いのですが

北海道にはオオワシなどの
天然記念物が生息しており←

そのような鳥が、衝突して
しまうそうです...

08hasaki_01.jpg
そして、何よりその発電能力ですが

この波崎の風車12基すべてで
約16MWの発電能力がありますが(注1)

平均的な他の発電方法では(注2)
石油火力発電は 約 400MW/基
原子力発電は  約 1,300MW/基

もあります。
08hasaki_03.jpg
こうやって見てみると
風力発電の数を増やすのも
難しいのかなぁと思いますが

ドイツではかなり戦略的に
導入されているとか。

日本は食料同様に
エネルギー自給率も低いので

もっとこういう自然エネルギーの

08hasaki_05.jpg
積極的な導入を
検討していって欲しい、

そして私たちも化石燃料由来の発電や
原子力発電を止めたいのなら

もっと省エネルギーに協力すべきだと
思いました。

08hasaki_04.jpg
以上、テレビつけっぱなしで
昼寝してた、説得力ゼロの
えこたびでした...

オオワシ以下の写真は
北海道で昔に、撮った写真。

北海道のどこで撮ったのか、
忘れちゃいました。

注1) エコ・パワー株式会社 http://www.eco-power.co.jp/hatudensho/14_hazaki.html
注2) 電気事業連合会、『原子力・エネルギー図面集』、原子力発電の現状
     http://www.fepc-atomic.jp/library/zumen/pdf-data/all04.pdf

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *新エネルギー*

19:26  |  ├ 茨城  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.06.19 (Thu)

堀切菖蒲園

08horikiri_16.jpg
先週末に、東京葛飾にある堀切菖蒲園へ。

「いずれ菖蒲か杜若」って慣用句が
ありますが

菖蒲にも、ものすごくたくさんの種類が
あるものなのですねぇ...

08horikiri_14.jpg

藍色から白色までのグラデーションに
園内が染まっていて
とても美しい...

お天気にも恵まれ
スゴイ人であふれていました。

写真を撮る人、絵を描く人
お弁当を頬ばる人・・・

08horikiri_18.jpg

そしてこの菖蒲園を盛り上げようと
近くの商店街が頑張っている姿が
印象的でした。

駅から菖蒲園までの間は
昔ながらの商店街が続いているのです。

08horikiri_15.jpg

佃煮屋、
和菓子屋、
乾物屋・・・

ちょっと昭和の時代に逆戻りした感が
あって、おもしろかったです。

東京の人って、私には冷たいイメージが
あるんですが

08horikiri_19.jpg
ここ下町の人たちは
とても人なつっこいんだと
初めて知りました。

盆栽のお店を道に出している人が
いたのですが↓

私が盆栽を物色していると
色々と説明してくれる奥さんがいました。

08horikiri_12.jpg
てっきりお店の人かと思って

「これは日陰に置くんですか?」って
聞いたら、どうもお店の人じゃないらしい...

「サービスするよー」って、
上述の奥さんと、その周りにいる人たち。

なんで?

08horikiri_13.jpg

最終的に、1つ購入してしまいました...

盆栽と言っても手のひらに乗る程度の
小さいものですが。→
ちなみに1500円なり。

コケの上にちょこんといるカエルは
お店の人じゃない例の奥さんが

勝手にサービスだと言って
乗っけてくれたもの。プラスチック製。→

08horikiri_17.jpg
お店のおじさんは苦笑いしていました。

うちのダンナは、呆れていましたが
私は、かなり気に入っています...

そしてランチに商店街で、鰻重を食べました!
といっても、ウナギ半身しか載っかってない
一番小さい鰻重ですが...

かなり贅沢な、1日でした。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *花*

20:16  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.06.17 (Tue)

涼しげな壁面緑化

08kazahana_07.jpgつい先日、南青山にある『風花』というお店に行きました。

フラワーショップなんですけど
夜はバーにもなるというお店。

ココは壁面緑化がしてあると聴いて
興味を持ったのです。

私が今までに見た壁面緑化とは
ツタのような蔓植物で
比較的単一の「みどり」でした。

しかし風花の壁面は、変化に富んでいて
08kazahana_02.jpg
まるで陶器の器が、壁に変わった
盆栽のよう。

コケをベースとした基盤に
様々な草花が植えられています。

ここのお店の人が
色々とお話を聴かせてくれたのですが

08kazahana_03.jpg
季節の花を植えたり、
自分で色々とアレンジして楽しめるそうです。

意外とコケの維持に、
水を必要とする様子で

私が見ているときにも、ポタポタと
お水が垂れていました。

08kazahana_04.jpg
この日は夏のように日差しがきつく
暑い日だったのですが

そのたっぷり水を含んだ
コケの壁が、とても涼しく感じられました。

壁面緑化は、ヒートアイランドの
対策技術の1つだと、ちょっとナットク。

実はえこたび家は、家の建て替えを検討中。

08kazahana_05.jpg

太陽熱温水器を入れようかとか
パッシブソーラーにしようかとか
色々と夢を膨らませています。

そして屋上緑化や壁面緑化もその候補の1つです。

太陽光パネルなどは
あまり目で楽しめるものではないですが
08kazahana_06.jpg


屋上にしても壁にしても
緑化するのは楽しめそうな気がして...

だけど、今回聴いた話ですと
この風花のような壁面は
意外と手間暇がかかる様子。

うーん、不精者のえこたびは
植木鉢おいておく方が無難?

もう少し、家を建てるまで色々と考えてみたいと思います。

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *エコハウス*

00:08  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.06.14 (Sat)

楽しい、あさごはん

08Cairns_54.jpg
日本からオーストラリアに飛ぶ飛行機は、
夜行便が多いです。

こっちを夜に出れば、
翌朝、オーストラリアに着いています。

時差は1~2時間で、
飛行時間は7~8時間なので
ちょうど夜行の高速バスに乗っているような感じ。

しかし、少々困るのが早朝に到着するということ。

08Cairns_51.jpg
今年5月にケアンズに行った際には、
5時過ぎに着陸で
6時過ぎには空港の外に。

朝日がとても気持ち良いのですが、
何も開いていなーーい!

空港からレンタカーだったのですけど、

08Cairns_55.jpg
レンタカー・カウンターのお姉さんが
ここの朝ご飯はおいしいって

地図であるお店を示して教えてくれたので
そこに向かおうとしました。

と、その途中に市場らしきものを発見!
おもしろそうなので、車を停めて入りました。

08Cairns_46.jpg
肉や魚は見かけなかったのですが、

野菜、果物、乾物、雑貨、花などが
売っていました。

トロピカルフルーツたちに、
目を奪われ、少々購入。

おやつに車の中で食べようかと。
自分で袋に、好きなものを入れていって

08Cairns_49.jpg
ランブータン 4個
シュガーバナナ 2本
マンダリン・オレンジ 4個
リンゴ 4個

を購入しましたが、
これで2ドルだって言われました。

08Cairns_50.jpg
更に歩いていると、
魅惑的なパン屋さんを発見。

ある人のブログで
読んだことがありましたが

ミートパイのような、

08Cairns_53.jpg
野菜やお肉の入った甘くないパイを
軽食としてオーストラリアでは良く食べるとか。

で、これに挑戦することに。

ハンプティダンプティのような店員さんに
中に何が入っているのかと聞くと、
いくつも種類があるみたい。

08Cairns_52.jpg
とても丁寧に説明してくれるのだけど、
うーーん、半分くらいしかわからない...

カレー大好きの主人は
「カレー」という単語に反応して
ビーフのカレー味なるものを注文。

私は、信州のおやきのようなのを
勝手に想像して
「やさいパイ」とやらを注文。

08Cairns_47.jpg
が、主人の方は
挽肉と玉葱をカレー粉で炒めたようなアンが
入っていて良かったのですが、

私のは、ミックスベジタブルが
コンソメ味シチューになって
それを片栗粉でとろみをつけた感じ
(って想像できます?)
で、ビミョーーー。

とにかく、
とっても楽しい朝ご飯タイムでした。

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

08:00  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2008.06.10 (Tue)

あじさい祭り

08hakusan_01.jpg
東京文京区にある白山神社に
紫陽花を見にいきました。

ほんとうは、日曜日は、
鎌倉のあじさい寺に行こうと
考えていたのですが、

朝寝坊してしまって・・・
(私の朝寝坊は、すごいのです。)

08hakusan_08.jpg
寝ぼけ眼で、
近所で紫陽花を見れるところを
ネットで探して行きました。

自分の近所というのも
意外と知らないものですね。

08hakusan_05.jpg

こんな紫陽花がたくさんある神社
が近くにあるとは...

3,000株あるそうです。

境内は、ものすごい人で
人混みが大嫌いな私は
ちょっとゲンナリ。
08hakusan_02.jpg
ですが、それほど大きくない
この白山神社に

紫陽花を見にこれだけの人が
やってくるというのは
ちょっと嬉しいような気もしました。

まだつぼみの枝も結構あったので
まだまだ楽しめそうです。

08hakusan_07.jpg

日曜日はあまりお天気が
芳しくなく

ウルトラスーパー晴れ女の私は
残念この上なかったのですが

紫陽花という花は、雨空の方が
似合うのかも...

08hakusan_09.jpg
だんだん、旅行に行ったときの写真も
無くなって来たので

これからは、近いところを
歩き回ってみようと思ってます。

紫陽花の次は、

08hakusan_06.jpg

朝顔?ほおづき???

ちなみにコレは→
花より団子?で

白山神社で売っていた
お干菓子にゃり。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

15:08  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.06.07 (Sat)

裸足で歩くのはきもちいい

08Cairns_59.jpg
家の中ではいつも裸足なんですが
外を裸足で歩くことなんてありません。

今年5月に行った
ケアンズのビーチがあまりにきれいで
裸足で歩いたのですが

ものすごく気持ちよかったです。

乾いたところは、太陽熱で熱くて無理だけど
少し湿ったあたりが最高。

08Cairns_58.jpg

シーズンオフということもあるのか
ビーチにはほとんど人がいません。

まるでプライベートビーチのよう。

日差しがきつかったので
日焼け止めを塗っておいたハズが

塗り忘れていたところがあって
真っ赤っかに。

08Cairns_64.jpg
しかも、変なカタチに...

最近、日本では紫外線紫外線って
太陽光が毛嫌いされてますよね。

紫外線防止グッズが氾濫しているし...

08Cairns_39.jpg

紫外線→皮膚ガンの因果性は
言われているけど

皮膚ガンになる確率って、
どれくらいナンだろう?

日傘さして自転車乗ってて

皮膚ガンが防げる確率と交通事故に遭う確率
どっちが高いんだろう???
08Cairns_62.jpg

なんだか、とっても毛嫌いされていると
反論したくなるヒネクレ者の私...

そんなこと考えながら歩いていると
砂浜には色々なものが
転がっていました。

08Cairns_40.jpg
特におもしろかったのは

このコケ・ドーナツと↑
←ころころと転がるフンもどき。

この、ころころの作成ヌシは、
小さなカニなのですが

08Cairns_61.jpg
なかなか姿を現してくれません。

ビーチの景色は歩いていくと
微妙に変わってきて

歩いても歩いても退屈しませんでした。

柔らいところを素足で歩くというのは、
いつもと違う筋肉を使うのか

夜には心地よい疲労感が。
(普段が運動不足なだけ?)

本当に気持ちの良い一日でした。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

09:08  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.06.03 (Tue)

デインツリー動物園

08Cairns_Zoo_01.jpg
ケアンズを訪れた際に
デインツリー動物園に行きました。

先日、書いた 『ヒクイドリ』 がいたところです。

入り口の門をくぐると、
裸足に短パンの奥さんが出迎えてくれました。

そして園内を簡単に紹介して
ヒクイドリのエサ用に果物
カンガルー用にパン
を渡してくれました。

08Cairns_Zoo_02.jpg
熱帯特有のオウムが多かったのですが、
どの子も、私たちが行くと
おもしろそうに寄ってきてくれます。

網の隙間から、大きな口を開けて
丸っこい舌を見せてくれます。

08Cairns_Zoo_03.jpg

以前にダルマインコを
飼っていたことがあるのですが

大型インコのくちばしは
恐るべき破壊力。

昔、私の机の上の、
ありとあらゆる物を破壊してくれました。

08Cairns_Zoo_04.jpg
例えば、鉛筆は芯以外は
きれいに木くずにしてくれたり...

だからこの動物園に入って最初に、
上述の奥さんが大きな赤いシッポをもつ
オウムを肩に乗せてくれたとき

私の頭の上にあった
サングラスをガリガリやりはじめ
ちょっと、ヒヤヒヤでした。

08Cairns_Zoo_05.jpg

動物園の動物たちって、
本当はこんな人工的なところに
入れられて、不幸だと言うべきなんでしょう。

でも、私は動物園が好き...

ここの動物園は、柵がない場合が多く、
補食関係にない動物たちは
一緒に入れられていました。

08Cairns_Zoo_06.jpg

さすが、オーストラリア、
カンガルー・エリアには入って
餌付け体験ができるようになっていました。

カンガルーたちは、私たちを見ると
「エサがきた!」と
もう、必至のアピールです。

08Cairns_Zoo_07.jpg

カンガルーって後ろ足と尾っぽが立派ですが
意外と前足は華奢。

その小さい手で、おねだりポーズをします。

私たちに与えられたエサは
食パン3枚。

08Cairns_Zoo_08.jpg
あげると、きちんと手でつかんで
食べます。

ココの動物園では、入り口でくれるエサは
あげて良いことになっているらしい。

ところで、

動物にエサをあげるって、
どうして楽しいんでしょう?
08Cairns_Zoo_09.jpg


人間がご飯を食べている姿
を見るのって
あまり楽しいと思わないんですが。

どうして、
鳥や動物たちにエサをあげるのは
楽しいのだろうかと、

な~んか、オヤジくさい
カンガルー達をみて、考えてしまいました...

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ* *動物園* *鳥*

23:12  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。