2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.29 (Sun)

牛肉消費と温暖化ガス

09kua-aina_01.jpg
日経サイエンス
という雑誌に

『牛肉消費と温暖化ガス』

という記事が(注1)

食肉 0.5ポンドを
生産するために
生じる負荷を

CO2排出量で
換算してみると

09kua-aina_02.jpg
  牛肉  3.40 kg
  豚肉  0.83 kg
  鶏肉  0.33 kg

  になるとか。

  すなわち、牛肉は鶏肉の約 10 倍の環境負荷!

  牛肉生産によって
  なんでこんなに

  負荷が大きいのかと
  考えると

  最大の要因は、
  飼料栽培のために

09yushima_02.jpg

CO2を吸収する樹木や草などに
覆われた土地が失われることだとか。

ちょっと、ビツクリ。

でも、これと同じようなことは、
マグロにも言えそう。

だって、
マグロは大きくなるのに

鰯や鯵を
ものすごい勢いで

大口開けて
食べているのですよね???

09yushima_05.jpg

私たちの食生活は

色々な問題をはらんでいるのだなぁと
改めて考えさせられます。

この記事を読んだら、
ちょっと罪悪感が漂いますが...

最初の写真は

神田で食べた
アボガドチーズバーガー。

美味しかったです(反省)。

09yushima_03.jpg


残りの写真は、

ハンバーガーを食べた後に

なんて言い訳しようかと
考えつつ、

お茶の水~上野~千駄木
とお散歩したときのもの。

今度は、
ハンバーガー食べたくなったら

鰯ハンバーガーか、
豆腐ハンバーガーに
しまーす(と、一応宣言してみる)。

注1) Nathan Fiala (2009) "グラフで見る 牛肉消費と温暖化ガス",日経サイエンス, 39(5),70-73
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

タグ : *食糧*

01:37  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.03.23 (Mon)

マルチな菜の花

0903Mother_Farm_08.jpg
先々週末に行った
マザー牧場では

満開な菜の花が
とっても印象的でした。

このように

春を感じさせる鑑賞用として
ステキな菜の花ですが

春の味覚でもあります。

たとえば、
菜の花の辛子和えとか?

0903Mother_Farm_09.jpg


そしてそして
菜の花から、菜種油もとれます。

日本の植物油の中では

菜種油は
供給量第1位なんですって(注1)

さらに、菜の花は

地域活性化の
救世主であったりします。

すなわち...

0903Mother_Farm_11.jpg

日本には、
いわゆる減反政策により
全国で約100万haにも及ぶ
休耕田がある(注2)
   ↓
   ↓
こうした非耕作地や
米や畑の裏作物として、
菜の花を栽培
   ↓
   ↓
菜種から
搾油して食用油 →→  絞りかすから堆肥
   ↓             ↓
   ↓             ↓

0903Mother_Farm_16.jpg
   ↓             ↓
   ↓             ↓
食用油を学校給食や   菜の花畑の肥料
一般家庭で利用 
   ↓
   ↓
廃油からバイオディーゼル製造
   ↓
   ↓
菜の花畑の農耕車の燃料

などというループを描いて

『循環型バイオマスタウン』
として

活性化している街があるのです。

0903Mother_Farm_04.jpg
これは
『菜の花プロジェクト』
として

全国的に広がっているとか。

菜の花って
きれいなだけじゃなくて

マルチな才能の
持ち主なんですねぇ...

ホワホワと春を感じさせる、その姿からはとてもそんなこと想像できません。

最後の写真は、海ほたるで食べた、鯵のづけ丼 1,200円なり。


注1) 松村正利ほか、「図解 バイオディーゼル最前線」、工業調査会、2006
注2) 坂西欣也ほか、「バイオエタノールの本」、日刊工業新聞社、2008

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *エネルギー利用*

21:43  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.03.18 (Wed)

マザー牧場

0903Mother_Farm_01.jpg
やることがいっぱいで
悶々としているところに

先日、いつもお邪魔
させて頂いている

ジョージさんが、

ものすごく春らしい写真
見せて下さいました。


0903Mother_Farm_06.jpg
で、私もたまらず
行ってきてしまいました。

←菜の花畑です!

千葉県の房総半島にある
マザー牧場。

東京アクアライン&海ほたる
を経由して、

先週末に行ってきました。

この日はお天気も良く
すごい賑わい。

0903Mother_Farm_07.jpg


菜の花畑は
かなりの大きさです。

たっぷりと、
春を満喫できました。

気持ちよかったです~。

ハチがブンブン
飛んでましたけどね...

ところで!

菜の花は、
千葉県の県花です。

0903Mother_Farm_03.jpg
そして、「なのはな体操」
なるものがあります。

何を隠そう、
私は元千葉県人!

小学校6年生の時に

大阪から千葉に
転校してきました。



0903Mother_Farm_02.jpg
体育の時間の
準備運動は、まず

なのはな体操
から始まった。。。

転校してきて
初めての体育の時間に

一体、みんなは何を
踊っているのか理解できず

校庭で独り
フリーズしていました。

春になって、
菜の花をみると

にが~い思い出が、今でもよみがえってきます。

テーマ : 家族旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ* *花*

21:08  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.03.10 (Tue)

美味しいモノがいっぱい

09Food_01.jpg
いつもお邪魔させて
頂いているRieさん

食事が一番
美味しかったのは

フランス!
(日本を除くけど)

っておっしゃってて

ご飯が一番
おいしかったのって

09Food_05.jpg
どこだろうって
考えてました。

皆さんは、
どこのご飯が
おいしかったでしょうか。

私もやっぱり日本食が好きですし

そもそも、
あまり口が肥えてないので

09Food_02.jpg
何食べても美味しい...

ただ、ポルトガルで食べた
クロワッサンだけが

強烈に印象に
残っています。

なんでポルトガルで
クロワッサン?

って感じなんですが...

09Food_06.jpg

朝ご飯に出てきた
できたてのクロワッサン。
サクサク&ふわふわ
でした。

こういう料理を
目の当たりにして
ふと思うのですが

最近、環境問題に関する
研究テーマで

09Food_04.jpg
食に関するものが増えている気がします...

以前、環境といえば
工業が与える負荷について
検討していたような。

が、
農業や水産業の
環境負荷について
検討する事例を

09Food_07.jpg
多く目にするように
なりました。

農業や水産業がすっかり
工業化してきている

ということなのでしょうか。

ほとんど工業製品に
近いような食品を食べて
生きている人間。

そう考えるとちょっとオソロシイ。
しかし、おいしそうなお料理の前では、そんなことミジンも想像できないのです...

ちなみに

1枚目:デンマークのパンが見えないサンドイッチ、スモーブロッド
2枚目:アイスランドの葉っぱがものすごく分厚かったサラダ
3枚目:ポルトガルのお鍋ごと出てきたリゾット
4枚目:堀切菖蒲園ちかくで頼んだ、ちょっと寂しいウナギの蒲焼き
5枚目:東武動物公園近くのうどん級に太いおそば
6枚目:我が家の朝ご飯のようなお昼ご飯。

でした。


テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

タグ : *食糧*

00:21  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2009.03.05 (Thu)

どこでもBBQ

08BBQ_01.jpg
みなさんはバーベキュー
お好きでしょうか。

BBQって、

事前に用意が
あまり必要なく

(これはナマケモノ主婦
にはありがたい...)


08BBQ_02.jpg
みんなで一緒に

料理しながら
楽しめていいですよね。

今回行ったアメリカでは

バーベキューセットが
どーーーんと
置いてあるのが目立ちました。

景色がきれいなところや
公園などには、きまって

バーベキュー用の
コンロがおいてあるんです。


08BBQ_03.jpg
国内線の機内誌にも
豪勢なBBQセットが

通販カタログとして
たくさん載っています。

関西のたこ焼き器のように
一家に一台なのかしら?

そしてキャンプが
レジャーとして

08BBQ_04.jpg
人気の様子。

郊外の観光地では

ホテルに泊まらず
キャンプっていうのが

老若男女問わずの
楽しみ方みたい。

あとは、日本ではあり得ない
大きさのキャンピングカーを

結構みかけました。

アメリカって環境負荷の
高い国だと言われますが


08BBQ_05.jpg
こうやってみてみると

広大な自然に恵まれ
その自然に
とっても近いところで

遊んだり暮らしたり
しているような気がします。

なのに
モノやエネルギーを
たくさん消費して、

体はブクブクと不健康に太ってしまうような、そんなライフスタイルに
陥ってしまう人が多いのは何でだろう...

ナゾが増幅してしまった、今回のアメリカ旅行でした。

テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

タグ : *ライフスタイル*

00:41  |  ├ USA (NM)  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2009.03.02 (Mon)

ペコス国立歴史公園

08Pecos_01.jpg
そろそろ昨年末の旅のはなしも
おしまいです。

サンタフェから
約40km南東にある

ペコス国立歴史公園
(Pecos National Historical Park)

というところを訪れました。

ペコス・プエブロの遺跡がありました。

ペコス・プエブロでは敵襲にそなえ
要塞のような造りの建物をつくり

窓も扉もなく
天井に小さくあいた穴に

08Pecos_02.jpg

はしごをかけただけの

あなぐら?のような
住居に住んでいたとか。

ここは、大きなプエブロで

小高い丘の上にあって
とても見晴らしのよいところにあります。


08Pecos_03.jpg

しかし、このあたりは
街からも離れ

観光客もほとんどおらず

とてもひっそり。

その静けさが
余計に不気味さを助長して

ほんとうに「要塞」という言葉が
ぴったりのイメージ。

なんとなく、暗~い雰囲気が漂います。

08Pecos_04.jpg


しかし、窓のない
あなぐらに住むだなんて

ちょっとゾッとしません?

だったら

日本の城壁&お堀
の方が賢くないですか?

もちろん、

襲われないような
平和な世の中が一番なんでしょうけど...

08Pecos_05.jpg

ペコス・プエブロのインディアンたちは
四散してしまい

19世紀前半には

ここは
廃墟となってしまったそうです。

サンタフェの付近には、
このような遺跡や

現存するプエブロが
点在していました。

サンタフェに泊まって
ちょこちょこと

こうやって
ドライブ&ウォーキングを楽しみました。

ニューメキシコ州北部のこの辺りは、本当に興味深いところでした。


テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *国立公園*

21:59  |  ├ USA (NM)  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。