2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.26 (Sun)

ファティマ

09Batalha_02.jpg
先日から書いている

ポルトガルでの
バスツアーの続きです。

このツアーを選んだ理由は

先日書いたオビドスを経由する
ツアーがこれのみだったから(単純)。

その他にどこに行くかって
あまりチェックしていませんでした。

そうしたら、

09Batalha_01.jpg

アルコバサ(Alcobaca)っていう
ところにある修道院と

バターリャ(Batalha)っていう
ところにある修道院

そして最後に

キリスト教の世界的聖地
ファティマ(Fatima)。

葬式仏教徒の私は
建物は単純に見て楽しめましたが

09Batalha_03.jpg

誰がどうしたっていう話の
意味がよくわからず、ごめんなさいって感じ。

何よりすごかったのが
最後のファティマで↓

聖母マリア様が
現れた地なんだとか。

広大な円形広場で

東京ドームくらいあるんじゃないか
って雰囲気。(ないか?)

09Fatima_01.jpg

ここ一面に、信者が集まるのかと思うと
ちょっと圧巻。

ファティマでは

ミサに参加できるように
バスツアーでは

たっぷり時間がとられていました。

そして最後のとどめは
お土産屋さんです。

09Fatima_03.jpg


大きなお土産屋さんで
トイレ休憩になって

バスを降りると
そのお店の割引券が配られました。

店内では

色とりどりのロザリオや
クロスとか

マリア様の像や
タペストリーなどが

09Fatima_02.jpg
売られていて

ツアー参加者の皆さん、
結構お買い物してました...

日本のバスツアーと
同じようなシステム?なんですね~。

宗教というものとは無縁で
生きてきた私は

信じる神があると言うことは
どのようなものなのか

ちょっと不思議な気持ちになりました。

スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

22:33  |  ├ Portugal  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2009.07.22 (Wed)

インターナショナルなツアー

09Obidos_02.jpg
先日、リスボンから参加した
日帰りバスツアーについて

書きましたけど
その続きです。

ツアー参加時に

何語をしゃべるかって
1人1人訊かれました。

日本語って言ったら
首を振られ

んじゃ、英語って。

09Alcobaca_03.jpg

参加者の多数決?で
ドイツ語と日本語は却下され

英語とポルトガル語の
アナウンスになりました。

ヨーロッパからの参加者が
多い様子でしたけど

意外とブラジル人が多かったのには
ちょっとびっくり。

そういえば、ブラジルは

09Alcobaca_02.jpg

ポルトガル語なんですよね...

ランチの時に

インドネシア人のご夫婦と
ブラジル人の親子の

2組とテーブルが一緒になりました。

私は日本語なら
黙っていることの方が難しいくらい

会話ネタに困ることはないのですが

09Nazare_01.jpg

英語だと、ムリっ。

インドネシアのご夫婦は

日本からの奨学金を得て
お医者様になった様子で

日本に行ったことがあるって
とても親しみをもって話してくれました。

ブラジル人の親子は

母親の方がポルトガル語しか
わからない様子で

09Obidos_10.jpg
親孝行な息子さんが
英語で逐次通訳してくれてました。

私も何か相手の国のこと
しゃべらなくちゃっ!って
外交努力?してみましたけど

インドネシアでは

ツナミ大変でしたよね、っていうのと
日本はインドネシアからたくさんの
石油を頂いてますってことと

ブラジルは、

09Alcobaca_01.jpg


日本から一番遠い国の1つで
行きたいんだけど、なかなか行けないって
アマゾン見てみたいんだよねって

そ、それしか思いつかない(爆)。

なんだか、サッカー話で
カカ?とかなんとか話してくれたんだけど
私、サッカーわからないし...

こんなインターナショナルな?会話が
飛び交ったり、

09Nazare_02.jpg

ガイドさんの
どこで英語に切り替わったのか
イマイチわからない

ポルトガル語なまりの英語の
アナウンスが流れてきたり、

とっても楽しいツアーでした。
ちょっと疲れたけど...

最後の写真は、
ナザレという海岸にあった干物。

私たち日本人には珍しくも何ともありませんが
ガイドさんは一生懸命解説してました...

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

23:01  |  ├ Portugal  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.07.18 (Sat)

絵本に出てくるような街オビドス

09Obidos_04.jpg
リスボンから北に50km
くらいのところにある

オビドス(Obidos)

という小さな街
を訪れました。

ちょうど時期がよかったようで

色とりどりの花が咲いていて
とても美しかったです。


09Obidos_06.jpg



街の周りは、
高い城壁で囲まれており

一部修復されているということでしたが
ぐるっと街を一周してます。

その城壁の中には

郵便局や銀行、ホテルも
きちんとあり


09Obidos_01.jpg


この街一つで生活単位と
なっている感じ。

そして城壁の周りは、
のどかな田園風景が

広がっていました。

オレンジ色の屋根と、
ところどころ


09Obidos_07.jpg



黄色やブルーで

カラフルにペインティング
されている白い壁、

その中を

でこぼこの細い
石畳が続く

オビドスの街。

09Obidos_09.jpg

オビドスの街へは

仕事している主人を
リスボンにおいて?

ひとりで
日帰りのバスツアーに
参加して行きました。

日本人の参加者は
私だけでしたけど

ツアー参加者は

09Obidos_08.jpg

とても国際色?豊かで
楽しかったです。

しかーし、ツアーだと
時間が決められているので

時間までに写真撮らなくちゃーって

走り回って
汗だくになってました(爆)。

田舎の方にいくと
ポルトガル語しか通じないから


小心者の私はちょっと不安になって、ツアーに参加したのです。 

思うように写真が撮れず、ものすごく後ろ髪引かれた状態で
オビドスの街をあとにしました...

オビドス オビドス

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

20:56  |  ├ Portugal  |  トラックバック(1)  |  コメント(8)

2009.07.11 (Sat)

リスボンの黄色い路面電車

09Lisboa_04.jpg
リスボンの風景といえば

黄色い路面電車と
洗濯物...

カラフルな壁をもつ
建物には

洗濯物が風に揺れていて

そんな間を

黄色い路面電車が
まるでネズミのように

09Lisboa_07.jpg


走っていく...

リスボンを訪れたのは、
これで2回目なんですが

前回同様に

またまた市電乗り放題の
チケットを買って

あてもなく
乗ったり降りたりを

09Lisboa_12.jpg


繰り返してしまいました。

この時期のリスボンは
日本ほど湿度はないものの

日差しが強くて暑い。

おまけに、
アップダウンが結構ある...

よって、
このすばしっこい路面電車にのって

09Lisboa_13.jpg


車窓から入ってくる
風に吹かれながら

街を眺められるのは

とっても心地よい
アトラクションのような感じなのでした。

ところで、ポルトガルは、
ヨーロッパでは最もお米を食べる国らしく、

おまけに魚介類もよく食べる。

09Lisboa_Dinner01.jpg


欧米の国に行くと
食事がつらいと感じることの多い私ですが

ポルトガルは
何か日本に近いものを感じ
気にいってしまいました。

御夕飯に食べたタコのサラダ→。

タコを食べる国
って言う点にも

親近感が沸いてしまうのでした...



テーマ : シンプルライフ - ジャンル : ライフ

21:27  |  ├ Portugal  |  トラックバック(2)  |  コメント(5)

2009.07.06 (Mon)

サマータイム

09Belem_02.jpg先週、リスボンに行ってきました。

夏にヨーロッパに
行こうと思うと

飛行機のチケットが
とても高いので

冬に行くことが
多かったのですが

夏(初夏?)の
ヨーロッパというのは

いいですね~。

09Lisboa_09.jpg

日本の今の時期も

たくさんの花が次々と
咲く美しい時期ですが

リスボンの街並みにも

お花があふれていて
とてもきれいでした。

そして今の時期は、
乾期にあたるらしく

09Lisboa_01.jpg


毎日のように
晴天に恵まれました。

夏時間になっていたので

夜は10時くらいまで
十分明るく

ちょっと得した気分。

明るいのと暗いのでは
ずいぶんと気分が違うものですね。

09Lisboa_03.jpg

サマータイム導入によって

照明にかかるエネルギーが
削減可能なので

日本にも
サマータイム導入の議論が

ずいぶん昔からあります。

しかし、どっちにするか
まだ議論は決着がついていない様子。

09Lisboa_05.jpg


賛否両論あって
どっちがいいのかわからないのなら

国民参加の大実験?

でも一度やってみればどうかと
私は思ってしまいますが

浅はかなのでしょうか...

サマータイムに反対する人の
意見の一つに

09Lisboa_10.jpg

明るい時間が
長くなれば

日本人は残業時間が
長くなるだけだ

ってありますが
そうなのかなぁ...

ナマケモノの私は
どんなに明るくても

間違いなく帰りますけど...



テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *エネルギー利用*

23:29  |  ├ Portugal  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2009.07.01 (Wed)

大自然のコワさと楽しさを堪能

09Banksia_01.jpg
フレーザー島のお話も

そろそろ
おしまいです。

この不思議な島には

色々な意味で
たっぷりと

楽しませてもらいました。

オーストラリアの『大自然』
というのは

09FraserIsland_34.jpg


知っていたつもりでしたけど

やっぱりすごいなーと
改めて感心。

潮の満ち引きに
注意しないと

帰り道がなくなってしまうとか

車を走らせるのが
こんなに大変な

09FraserIsland_35.jpg

未舗装の道があるとか...

インターネットも
ごく一部でしか使えないし、

この島に渡る船も
一日に4便くらいしかない。

今度のプランニングは

ちょっと失敗したかな~って
思った瞬間もありましたが

09FraserIsland_31.jpg


戻って来た今から思えば
とてもよい思い出です。

人間が踏み入らないことで
保たれる

自然の美しさがあることを

また、

人間が上手く管理することで
保たれる

09HappyValley_01.jpg

美しさがあること

色々とお勉強になりました。

4WDの車を
ヨイショ、ヨイショと走らせて

この島に何らかのダメッジを
与えてきたからには

学んだことは、
大切に生かして行かねばなりません...

さて、どうすべきでしょう。

テーマ : エコツーリズム - ジャンル : 旅行

タグ : *エコツーリズム*

01:04  |  ├ Australia (QLD)  |  トラックバック(1)  |  コメント(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。