2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.21 (Mon)

旅をする木

10Hanoi_08.jpg
どこかに旅に出たい
と、考えながら

アラスカの写真で有名な

星野道夫さんの
旅をする木

を読んでました。

以下、上記の本の
『アラスカとの出会い』 の章。

--------------
アラスカにいた
星野さんのところに

知り合いから連絡がきて、


10Hanoi_25.jpg
ナショナル・ジオグラフィックの
カメラマン、

ジョージ・モーブリイ氏が

カリブーの情報を
知りたがっているから

是非会ってくれと言われた。

そのカメラマンの名前を聞いた
星野さんは

なんか記憶があり

気になって急いで家に帰って
本棚から一冊の古い写真集を引き出した。



10Hanoi_26.jpg
そうしたら
懐かしい懐かしい写真の下に

そのカメラマンの名前があった...

その写真集は

星野さんが10代のころ
神田の古本屋さんでみつけたもの。

その写真集にあった
エスキモーの集落が

若かりし星野さんには

どうしても気になって
たまらなく訪ねてみたくなって



10Hanoi_57.jpg

『アラスカ州シシュマレフ村、村長様。
 あなたの村を写真でみました。

 訪ねてみたいです。

 何でもしますので
 誰か私を世話してくれる人は

 いませんでしょうか。』

とだけ書いて手紙を出した。

そうしたらなんと、
半年もたったあとに

シシュマレフ村のある家族から



10Hanoi_22.jpg
『夏のトナカイ狩りに人手が必要です。
 いつでもきなさい。』

と返事が来た。

そして、アラスカを訪れた。

それが星野道夫さんの
アラスカとの出会い。

その話を
ジョージ・モーブリイ氏にしたところ

モーブリイ氏は
じっと星野さんを見つめながら

じっと耳を傾けて、最後に



10Hanoi_23.jpg

『私の写真が、
 キミの人生を変えたこと

 後悔しているかい?』

と、優しく笑っていた...
---------------



なんでなのか
自分でもよくわからないんですが

えこたびは、
この章を読んでいたら

涙が出てきました。



10Hanoi_30.jpg

この二人の写真家が

その後、
どういう話をしたんだろうと

ものすごく気になりました。


そして月並みなんですが
アラスカに行きたくなってきました。



今日の写真は
アラスカとは全く関係ない

昨年訪れたベトナムの

ハノイ(Hanoi)~ ホアルー(Hoa Lu)~ タムコック(Tam Quoc)です。



スポンサーサイト

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *本*

00:30  |  └ Vietnam  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

2011.02.07 (Mon)

ニュージーランドのおみやげ

10MtCook_22.jpg
ニュージーランドの
ウール製品には

ポッサムの毛が
混紡されているものがありました。

ポッサムは、もともと
オーストラリアに住む有袋類。

これが、
1837年に毛皮の取引をきっかけに

オーストラリアから
ニュージーランドに持ち込まれたとか(注)

ニュージーランドは
6500年にわたって



10Dunedin_10.jpg

生態系は隔離されていたらしく

インベーダー(侵略者)に対して
無防備だったらしい。

飛べない鳥として有名な

キーウィ(kiwi)や
タカヘ(takahe)は、

地上を歩いているときに

襲ってくる動物が
いないからこそ、

飛ばないままで、進化してきた。



10NZ_08.jpg

すなわち、ポッサムの天敵も
ここにはおらず

爆発的に増えたんだそうです。

ポッサムは、

木の葉や木の実を
食べまくり

今では、
ニュージーランドの生態系の
破壊者として、

やっかい者になってます。




10MtCook_20.jpg

よって
ニュージーランドでは

ポッサムは
駆除対象の害獣。

ところが、

ポッサムの出身地
オーストラリアでは

数が減りすぎで
保護対象となっているらしい...

なんとも皮肉な話です。




10Possum_01.jpg

そんなこんなで、
オーストラリアでは

ポッサムのニット製品は
手に入らないけど

ニュージーランドでは

いたるところで売っているのです。

えこたびも

ポッサムのポンポンのついた
ショールを買ってみたんですが→

軽くて、暖かいし



10NZ_Food_06.jpg

肌触りがよく、チクチクしない...

と、いいとこだらけで
ものすごく気に入っています。

いいとこだらけの割には

めちゃくちゃ高いという
わけでもないし

(例えば、ポッサム40%混紡の
 紳士用カーディガンで、約15,000円。)

ニュージーランドのおみやげとして
いいかもー。



最後の写真は、アゴを外さないと食べれないんぢゃないかと思えたハンバーガー。

注) Sean Markey (2006.4) "Alien Possums Gobbling New Zealand Forests, Birds", National Geographic News

テーマ : 旅先で見つけたもの - ジャンル : 旅行

タグ : *おみやげ*

23:24  |  └ New Zealand  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。