2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.08 (Mon)

モロッコのおみやげ

12Morocco_09.jpg
モロッコのおみやげは

日本の雑貨好きの女の子に
人気らしい。

旅行雑誌などで
モロッコ製品の記事を

とにかく
たくさん目にしました。

たしかに、
モロッコの製品は

色がカラフルだし
かわいい。

されど
ものすごく厄介なのが

12Morocco_08.jpg

すべての商品に
値段が書いていない。

すべての値段は
交渉しなくてはいけないのである。

もー、これがものすごく
面倒くさい。

少し高めの商品になると

必ず、ミントティーとともに

紙とペンがきて

こっちの希望の値段と
むこうの希望の値段を


12Morocco_11.jpg

順番に書いていく...

こうやって

お茶を飲みながら
値段を交渉するらしい。

時間がゆったり流れる国
だからの習慣なんでしょうか。

ボったくられたら
それはそれで気分悪いけど

買い叩いたら買い叩いたで

売り手が
ガッカリしている姿をみるのは


12Morocco_10.jpg
自分が極悪人の
ような気がしてきて

これまた、
気分が悪いのである。

買うつもりはないので
帰ろうとすると

お願いだから
買ってくれ

好きな値段でいいからという。

ずっとそういってついて来られる
のも鬱陶しいので

○○ディルハム!


12Tinghir_04.jpg

というとですね、
めちゃくちゃガッカリして

「それじゃあ、稼ぎにならない。

 うちは食べさせなくちゃいけない
 小さな子供が、何人もいるんだ」

って。そんなー。

じゃあ、いらない
っていうと

「わかった。その値段でいいから
 買ってくれ。

 でもその代りにペンをくれ。」


12Morocco_06.jpg
って懇願してくる。

日本のペンを
子供にあげたいんですって。

もう勘弁して~って

その時1本しか持っていなかった
ボールペンをあげました。

マダガスカルでも
ペンが人気だったんですが

いらなくなった
ボールペンとか

アフリカ行くときは、
チップ代わりに便利かも?


12Fes_49.jpg

写真は購入したおみやげ。上から

1 モロッコのスリッパ「バブーシュ」
2 「ファティマの手」というお守り
3 タジン鍋
4 ローズの石鹸
5 ミントティーの茶器セット
 (これは購入した実物ではなくホテルの...)
6 アラビア絨毯&ベルベル絨毯

結構、買いましたー。

特に
タジン鍋は直径30センチくらい
だったのですが

手荷物として
抱えてくるのは、大変でした。

絨毯は、大きすぎでしたので
別送にしてもらいました。

スポンサーサイト

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

タグ : *おみやげ*

00:27  |  ├ Morocco  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2013.04.07 (Sun)

サフィから、ふるさと宅急便

12Morocco_01.jpg
引越のせいで
しばらく間が開いてしまいましたが...

モロッコの続きです。

今の研究室にいる
留学生の出身は、

モロッコの西海岸にある
サフィという陶器で有名な街。

彼に教えてもらった
住所を頼りに

なんとか,
彼の実家にたどり着きました。

モロッコでは


12Safi_03.jpg

女性はあまりオモテに立たないことが
ルールらしいので

女の私が、彼のお宅を訪れる
というは本来、タブー。

女の人は、男の人と
握手するのも、タブー。

されど、彼のお父様は

私に握手を求めて
ものすごい歓待のしよう。

日本を出るときに
留学生の彼に、



12Safi_02.jpg

色々とモロッコ文化について
レクチャーされていたので

逆に面喰ってしまいました。

そんなお父様に

「彼は研究とても頑張っています,
 とても意志が強い子ですね。」

と話をしていると
もう何年も会ってないお父様は

涙を流し始めてしまいました。

そして,次から次へと



12Safi_01.jpg

タジン料理や,果物,お菓子に
ミントティー

を出してくれて

食べろ食べろと,熱烈歓迎。

彼のご家族は,
皆さんアラビア語とフランス語しか

使わないので
私は全く会話できず

一緒にモロッコ旅を廻ってくれた
ガイドさんが,通訳してくれました。

帰り際には


12Safi_04.jpg
息子に持っていって欲しいと

お母様の手作りクッキー,
ミントティー,
自家製はちみつと,
自家製オリーブオイル,

などを渡されました。

で,

えこたびに対しても,
ご両親からのお土産として

手作りクッキーと
タジン鍋をくれたのですが

既にフェズで


12Fes_48.jpg

タジン鍋を1つ,購入していたし(汗)

荷物が明らかに
重量オーバーなので

日本にいる彼へのお土産を優先して

クッキーだけ頂戴して
タジン鍋はごめんなさいしました。

しかーし,

タジン鍋をごめんなさい
したにもかかわらず

上記のお土産,
空港でチェックイン時に


12Morocco_07.jpg

8.5キロあることが判明。

これが,親の愛の重さ、

どこの国の親も
子供を思う気持ちは一緒なのね~と

涙がでてきて

頑張って持って帰ってきました!

モロッコの彼はただいま、
就職活動中。 

日本の企業に就職したいんだそうです。

よい修士論文を修め、

旅立って行ってくれることを
楽しみにしています。





テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *おみやげ*

16:46  |  ├ Morocco  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。