2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.05 (Mon)

ストックホルムの自転車環境

bicycle_stockholm3.jpg 前にもふれたと思いますが、ストックホルムの街中はとても自転車を利用しやすい環境が整っていると感じました。

 自転車の電車のホームはバリアフリーと言えば良いのか、改札も無ければ、外とホームの間には段差がなく、普通に自転車がホームにまで入っています。

 ホームのみならず、電車内まで普通に入ってきます。
 自転車用の車両まであります。

ICT_stockholm1.jpg
 では、日本も駐輪場や自転車道を整備して、電車にも自転車を持って入れるように整備したら、もっと日本人は自転車を使うようになるかなぁと、漠然と考えていました。

 別にヨーロッパに限ったことではありませんが、あちら?の方々はたくましい。それに比べて日本人ってひ弱だよなぁと感じることがあります。体型が小さいということももちろんあると思いますが...Stockholm2.jpg

 マウンテンバイクのような自転車でUp&Downをモノともせず、平気な顔してギアチェンジして登ったり下りたり、電車への自転車の積み卸しも簡単に行っていたり。

 このような自転車の環境というのは、もしかしたら、日本にはなじまないのではないかと、ふと思ったのですが、皆さんはどう思いますか?

 一番笑えたのが、電車に乗ったときスーツケースが重いので、連結部分にスペースを見つけてそこに置いておこうとしたときのお話。

Stockholm_dinner.jpg
 私がモゾモゾしているのを見つけて、乗務員のブロンドの綺麗なおねーさんがやってきて、“重いの?”って訊くから、“とっても重いの。”って答えました。

 すると、“ちょっと貸して”ってスーツケースを持ち上げると、大したこと無いじゃんっ、という顔で座席上の網棚にヒョいっと、乗せてしまったのです。 
 私は言葉が出ませんでした。。。 

 たくさん食べれば、あのようにたくましくなれるのでしょうか? <ちがうちがう。
関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

07:00  |  └ Sweden  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/10-72709037

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。