2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.07.10 (Thu)

大量の氷と大量のごみ

08tsukiji_13.jpg
築地のお話の続きです...

築地を歩いていて、
ものすごく目についたのが
発泡スチロールの数。

昔は魚を入れるのに
トロ箱という木製のものが

08tsukiji_17.jpg

使われていたようですが
現在、鮮魚を入れるのは、

保温性や軽量性などで優れる
発泡スチロールのケース。

しかし、
この世界最大の魚市場で

使われている量を見ると、
すごい量です...
08tsukiji_26.jpg

この利用後の発砲スチロールは、

産業廃棄物として
処理が問題となっているとか。

また、最近では
「フードマイレージ」という

言葉が聞かれるようになりました。

08tsukiji_32.jpg

魚に限らず、
食糧自給率の低い我が国は

様々なところから、食糧を輸入しており
運んだ食糧の距離(マイレージ)は、

そのまま輸送燃料の消費に直結します。

とくに、鮮魚のような食品は

その距離を
冷蔵や冷凍するためにかかる
エネルギーも無視できません。

とてつもなく巨大な

08tsukiji_27.jpg

東京の台所を見て、

私たちが
魚を口にするまでの過程には、

色々な環境負荷が生じているのだと
改めて感じました。

先日 『日本の「食」は安すぎる』 
という本を読みました。

08tsukiji_23.jpg

最近様々な食品偽装の問題が
取り沙汰されていますが

安さだけを追求する
消費者にも責任があると
この作者は指摘しています。

08tsukiji_33.jpg

日本では消費者が満足する方向に
大きくエネルギーが偏り、

サービス提供者側は
疲弊しているように思える、

消費者はもはや「弱者」ではない、

といった内容でした。

まだ薄暗い早朝からスゴイ勢いで、

貴重な私たちの食糧を真剣に取引する
築地の人々を見て、色々と考えてしまいました...



関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *食糧* *ごみ*

00:25  |  ├ 東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

発泡スチロールは断熱性、緩衝性など色々と
メリットもあり、しかも軽いとなると、
今さら木箱には変えられないんでしょうね。
「安さだけを追求する消費者」という事情があり、
少しでも経費削減して安い商品を、と進んできた結果だと思うと
何とも言えない気持ちになります・・
発泡スチロールは海岸漂着ゴミでも問題になってるみたいですし
いい解決法が見つかればと思います。
あゆ |  2008.07.10(木) 12:45 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------
あゆさんへ
-----------
きっと魚を入れたあとは、汚れるのでリユースタイプのトロ箱でも
結構なお水を使って洗わなくては行けないのかも知れません。
自分がどれほど、環境悪化に荷担しているかと思うと、悲しくなりますね。
上述の本に、破格に安いものは買わない、という既述がありました。
いくら環境に配慮したモノだと言われても、ものすごく高いと買う気が萎えますが、
ものすごく安いのは買わない、
という選択なら出来そうな気がしました。
えこたび |  2008.07.10(木) 19:36 | URL |  【編集】

こんばんは

発泡スチロール、すごい量ですね。。。
ペットボトルのように、再利用できたら…と思います

便利さばかりを求めていって、環境のことに配慮出来ない状況に
なってしまうのは良くないですよね。。。
便利なものの存在を知らない時は、なくてもなんとも思わないけど、
一度便利さを知ってしまったら、戻れない…という繰り返しで、
進んできてしまったような気がしますよね
「安さだけを追求する…」確かにそうですよね
激安ばかりを求めるのも、環境には優しくないのだなあと思いました

ポチ
やまねこ |  2008.07.10(木) 20:15 | URL |  【編集】

こんばんわ。
フードマイレージはテレビで見ました。
確かサバのフードマイレージが
高かったような・・・。
自給自足ができない今の状況は
どこかおかしいような気がします。
y_and_r_d |  2008.07.10(木) 22:49 | URL |  【編集】

コメントありがとうぞあいます!

----------------
y_and_r_d さんへ
----------------
こんばんは。今ちょっと見たところですと、
サバはノルウェーから輸入することが多いらしく
フードマイレージが高い様子。
しかし、鯵のオランダ産、鮭のチリ産なんてあるので...
考えると恐ろしいです。
ルゥちゃんはお魚党?お肉党?

--------------
やまねこさんへ
--------------
市場では、棚の上の方に
空の発泡スチロールのケースが
積み上がっていました。
たぶん、ある程度はリユースしているんだと思います。
ほんと、便利に慣れてしまうと戻れませんよね。
私も日々反省です。
いつも応援ありがとうございます。
えこたび |  2008.07.10(木) 23:35 | URL |  【編集】

発泡スチロールの山ですね。
何か良い再利用があればいいのになぁ~
これから先もずっと、抱えていく問題ですね。

そうそう、レンズですが、私のは
『TAMRON AF18-250 F3,5-6,3 DiⅡ』です。
ちょっと望遠が欲しかったので、これを選んでみました。
Rie |  2008.07.11(金) 00:43 | URL |  【編集】

旨そうな魚の写真を見ると「良いなあ~日本!」と思ってしまいがちですが、そうですよね、日本は世界中のお魚を漁って食べ尽くす勢いだし、寿司ブームのせいで、他国の魚の消費量も増加してしまっているようですし、食欲に任せて食べまくっていては将来魚なんかいなくなります。
日本の食は安すぎるっていう本、読んでみたいです。北米の食も安すぎて、食べ物を粗末にすることを何とも思わない人が多いので問題です。

築地の魚市場、4年ほど前にダンナを連れて早朝見学に行ったことがあります。当時はまだ場内に素人が入ることができたので、カメラをもって巨大なマグロの間を遠慮がちに歩き回り、おじさん達に邪魔だと思われてないかな、ときょろきょろしながら写真を撮らせてもらいましたが、案外皆さん気にせずに見逃してくださいました。
で、ダンナが、あんなにそこいら中に魚があるのに魚臭くないなんてスゴいね、と驚いていたんです。衛生管理がしっかりしているということですけれど、延々と水を流し続けているということですし、冷蔵や保冷に要するエネルギーや発泡スチロールなど、 沢山消費されているということですから、やはり問題ですね。
遠洋漁業の問題は日本にとって一番難しい環境問題かもしれませんね。
rousse |  2008.07.11(金) 01:39 | URL |  【編集】

利用後の発砲スチロールは、
産業廃棄物として処理が問題になってるだなんて知りませんでした。
リサイクルされてるのだとばかり・・・
私達の知らないところ見えないところで色々問題があるのですね。
以前お豆腐屋さんで嬉野温泉湯豆腐買った時、
すごい大きい発泡スチロールに入ってて
保冷バックあるから不要ですと言ったのに「うちの豆腐はそれなら売れない」って言われたんです。
仕方無しに大きい発泡スチロールごと買いました。
今は、車に入れて置いて夏の買い物用として発泡スチロールを再利用してます(笑)

チェコの人が持ってる籠は、アンティーク風で可愛らしいのが多くて
しかもそこに鮮やかな野菜や果物!!
まさに絵になる感じでしたが、電車やメトロで多く見かけたので
さすがに写真撮るのは不可能な感じでしたのでやめときました(笑)残念。
イラスト書けたらいいのになぁ・・・




*たびねこ* |  2008.07.11(金) 02:17 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------
たびねこさんへ
--------------
もちろんリサイクルして利用されていますが
プラスチックの類で、費用的にも環境的にもとてもHappy!!というのは、そうそう無い様子。
不純物が混入したりすると、ダメになってしまうし。
あとは嵩高なので、運ぶときが空気を運んでいるようで輸送効率が悪いのだと思います。
それから魚が入っていたことで、悪臭を放ったりすることがあるとか。
お豆腐屋さんの話ですが、提供しているケースに入れないで持って帰って、
保冷が十分でなかった場合、品物が傷んでお腹をこわすことになったりしたら、
メーカーに責任が行くということを恐れているのかしら?
生活者がますます過保護になっているような気がしますよね...
うわー、チェコのお買い物かご、残念です。でも確かに写真をものすごく撮りたいのに、
撮れない雰囲気の時って良くあり
とてもウズウズしますよねぇ...

-------------
rousseさんへ
-------------
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですか、やっぱり海外の方は要チェックポイントなんですね。
おっしゃるように、市場って全く魚臭く無かったです。
それだけ気を遣っているということなのですね。
鮪のセリ、見学したんですか!うらやましい。
ツアーでは1万円払わないと行けないみたいなので、行きませんでした...
築地って日本の文化が色々詰まっているところなので、
上手く残していって欲しいし、見学の自由も今後も確保されて欲しいです。
ところで、ダンナ様の築地のご感想は如何でしたか?

----------
Rieさんへ
----------
このタムロンのレンズ買うまで
結構悩みましたか?
それとも、即買い??
うーん、うーーーーん。
それにしてもRieさんは、デジイチになっても
写真がひと味違ってステキですよねー。
えこたび |  2008.07.12(土) 00:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/100-0cff35b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |