2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.19 (Sat)

動物との生活

08motherfarm_11.jpg
マザー牧場では、
牧羊犬のショーがありました。

何百頭もいる羊を
上手く操る牧羊犬には
本当に感心してしまいました。

もともと牧羊犬を飼う習慣は
日本には無かったそうですが

酪農家の人手不足によって

08motherfarm_30.jpg
最近では、日本でも取り入れるところが
出てきたと、先日どこかで聞きました。

動物と暮らす生活というと
犬や猫などを、ひたすら愛玩というのが
多いと思いますが

08motherfarm_13.jpg
人間と仕事を共有しているという
スタイルは、いいなと思いました。

環境のためにも
人間のためにも。

例えば、馬が足代わりだったり
牛が動力代わりだったり、

豚は残飯整理係で
フンという形で、畑に還元してくれたり...

日本の森はなぜ危機なのか」って本を
読んだのですが、そこに、

造林地の下草刈りに
牛を放牧する方法について書いてありました。

08motherfarm_24.jpg
牛は、木の苗は食べず、雑草だけを
うまく舌で剥がして
食べてくれるんだそうです。

で、牛にとっては山坂を歩くので
運動にもなるし、

ウンチは落っことしてくれるので
木の肥料にもなるし。
一石二鳥にも三鳥にもなるとか。

しかし牛が多すぎると、
エサが足りなくなったり

ウンチが多すぎると、
地下水汚染になったり

バランスを取るのは難しいそう...

08motherfarm_12.jpg
しかも、うちの姉の話を聴いていると
牛や馬など、大きい動物を飼うのは
楽しそうですが、大変そう。

身体が大きければ、脳みそも大きく
必然的に頭も良くなってくる...

それだけワルぢえが働くとか...

姉曰く、

08motherfarm_10.jpg

馬は犬的で
従順に人間の言うことをきくそうですが

牛は猫的で
自由奔放、自己中心的なんだそうです。

あんな大きい猫がいると
想像するだけで、オソロシイ。

それにしても、牧羊犬はお疲れの様子↑。

08motherfarm_08.jpg
羊たちも、ウール100%のコート着て
追い立てられて、大変そうでした...↑

色々なイベントや動物とじかに
ふれあうことが出来て、
とても楽しいマザー牧場でした。

ジンギスカンやバーベキューの施設があって

この広大な牧場を眺めながら
ステキ~と思ったのですが

08motherfarm_28.jpg
車なので、ビールが飲めず、却下です。

その代わり、クーラーボックス持参でしたので

お土産に、ジャージー牛乳とチーズ、
ソーセージを買って帰ってきました...

翌日の朝食に、ピザトーストと一緒に
ジャージー牛乳。

クリームたっぷりのコクがある美味しい牛乳でした。
カロリー高そうですけどね...

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : *どうぶつ*

17:23  |  ├ 千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

こんばんわ、ジンギスカンを食べられず残念でしたね。
牛が頭がよかったとは。
昔より馬は農耕、牛は乳牛 と考えると、また胃袋の数でも馬よりは・・・ですね。
wool100%のバリカンでの剥ぎ取りショーはご覧になりました?
羊にとっては、気持ちいいんだかどうかわかりませんが、少し可哀想にみえるのは私だけでしょうか。
ジョージ |  2008.07.19(土) 22:43 | URL |  【編集】

こんにちは。
牛が猫的だというのは初耳です。
我が家の猫を
数十倍に拡大した感じなのでしょうか・・・。
y_and_r_d |  2008.07.20(日) 16:18 | URL |  【編集】

人間と動物がお互いに助け合って暮らしていくのは、
生活を共にする同志という感じがしますよね

牛が猫的…驚きです
まったりしているところは似ているのかも?^^;

6枚目の画像、羊の表情が良いですね
木陰で涼んで、「ふー」って言っている感じがします

鳥、顔が真っ赤ですねー^^
これは何の鳥なんでしょうか?
両足が結構離れた位置に生えてるんですね
踏ん張って立っている感じがして愛嬌がありますね^^

ジャージー牛乳、ラベルに茶色い牛がいますねー
牧場の乳製品は心をひかれますよね^^
ポチです
やまねこ |  2008.07.21(月) 11:39 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------
やまねこさんへ
--------------
牛が猫的って、結構笑えますでしょ?
うちの姉は、身体が小さい&女&痛いことするヒト
ということで、牛にはいつもいぢめられるんだそうです。
鼻でドツかれたり、幅寄せされて牛と壁の間に挟まれたり...
この鳥は、よくわからないのですが園内をぎゃーぎゃー言いながら走っていました。
私に追い立てられて、少し休憩しているところです。<おいおい
おっしゃるように、足が離れて生えていますね。
うーん、逃げる時に、踏ん張れるようにでしょうか?
いつも応援ありがとうございます。

--------------
y_and_r_dさんへ
--------------
オソロシイですよね。ルゥちゃんが、あのサイズになったことを想像してみて下さい...
でも、うちの姉も猫好きで、
よって、牛は可愛くて仕方ないみたいです。
人なつっこくて、寂しがり屋の牛が、この前、雷がひどいときに脱走したそうです。
で、どこに逃げたかって、近所のコンビニだそうです...
1人じゃ怖かったようなんですが、
コンビニの店員&お客さんたちは、恐怖におののいていたとか。
かなり笑えました。
ルゥちゃんが万が一脱走したとしたら、どこに行くかしら?

--------------
ジョージさんへ
--------------
wool100%のバリカンショーは見ませんでした。私もちょっと苦手です。
気持ちいいんですかねぇ?刈られたあとは涼しいんでしょうけど、
刈られている時は嫌なような気がします。
ジョージさんは、
小さいとき、頭をバリカンで刈られました?
その時はどうだったんでしょう??? (比較するなって?)
えこたび |  2008.07.21(月) 14:07 | URL |  【編集】

牛と馬の性格の違い面白いですね。。そういえば牛はマイペースですよね。(笑)
見ていて癒されるのは牛かなぁ?
放牧に動物を動員するの、いいアイデアですね。人手不足解消に本来のやり方が生きるとは!
いや~こういう可愛い動物たちを見た後に肉料理が出てくると苦しいものがあるんですけど、えこたびさんは全然大丈夫でしょうか?
SHUN |  2008.07.21(月) 20:46 | URL |  【編集】

牛は猫的で自由奔放、自己中心的。 だなんてはじめて知りました。まさに目からうろこw( ̄o ̄)w オオー! 
うちもね エコな生活を考えてうさぎを飼ったんです。野菜くずをうさぎに食べてもらおうかと思ってたのに・・・・あいつ・・・ うさぎ用のフェレットはもちろんだけど、バナナとりんご あといちごしかくわねぇ~( ̄- ̄メ)チッ 
shoko |  2008.07.21(月) 21:42 | URL |  【編集】

こんにちは。

あちこちで、未の毛刈のイベントが良くありますが、よく見ていると結構未さんが怪我されているのを見ることが多いです。
やっぱり、見世物にしないで、大事に刈ってほしいなと思ってしまいます。
よく人生の本に未がいいか、牧羊犬がいいか、牧場主がいいかという質問がありますよね。
君平 |  2008.07.21(月) 22:05 | URL |  【編集】

こんばんは。

えこたび さん、こんばんは。

やはり人間と動物との関係は深く、いろいろと感慨深いですね。
ただ、牛が猫に近いのは本当に驚きです。(笑)

それにしても、動物たちの写真・・・可愛く取れてますね。
意外と難しいですよね、動物の写真は。
わっち |  2008.07.21(月) 22:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-------------
わっちさんへ
-------------
牛の話は、しょっちゅう姉から聞かされるんです。
可愛くて仕方が無いみたいです。
されど、彼女の生傷は絶えません。
一番ひどかったのは、お尻に腕をつっこんで診療している最中に牛が倒れ、
腕を複雑骨折したり...
動物、おっしゃるように撮るのが難しいんですね。
すぐに動いてしまうし。あー残念、というのが何回もありました...

-----------
君平さんへ
-----------
「未がいいか、牧羊犬がいいか、牧場主がいいか」という質問?
知りません、初めて聴きました。
えーナンですかナンですか?
私は牧羊犬が良いかしら。追い立てられるのはイヤだし、
羊を殺すのもイヤだし。ぐるぐる走り回っているのが良いです!

------------
shokoさんへ
------------
shokoさん、こんばんは。
ちょっとお久しぶりでしょうか。
便りの無いのは何とやらで、
お仕事が順調なんだろうなと思っていました。
それにしても、お上品なうさぎ君なんですねぇ。

-----------
SHUNさんへ
-----------
牛は確かに癒し系のような気がします。
でも私は飼いたくないかもー。
可愛い動物を見たあとのお肉?
まさに絞めるところを見るのはイヤなんですが、
食用としてお肉が出てくると別のモノに思えてしまって何故かOKになります。
たぶん、自分で殺したら食べられないかな...
本当は、そうやって犠牲があって私たちの食生活が成り立っていることを
きちんと認識しないと行けないのですよね。
えこたび |  2008.07.21(月) 23:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/104-54dcc543

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。