2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2007.11.06 (Tue)

わずかな水に群がる鳥

 しばらく北欧の国が続きましたが、今度はがらっと変わって南半球のオーストラリアです。
オーストラリアは日本から比較的近いということと、何より時差が無いので日本人に好まれる場所のようです。sydney_2.jpg
オーストラリアに毎年訪れる観光客(2005年データ)は

1位: ニュージーランド 1,099,000人
2位: イギリス       708,000人
3位: 日本         686,000人

だそうです(注1)。
確かに、オーストラリアの玄関、シドニーやケアンズでは日本人をよく見かけました。
Ayers Rock2
 私が、オーストラリアで一番見てみたかったのは、なんと言っても“エアーズロック”でした。

 写真やテレビなどでは見たことがありましたが、やっぱり現物は圧巻! 
人が誰もいない場所に立ち、風の音しか聞こえない状況で、その勇姿を眺めたときには、思わず涙が出そうになりました。
Ayers Rock1
 また、早朝に日の出を見に出かけたのですが、そのときの空の色のグラデーションの美しいこと… あまりの美しさに感動し、何か脱力感さえ感じる程でした。 (気がつけば、寒くて鼻水が出ていましたが...)

 さて、この半分砂漠のような場所を歩いていると、とても乾燥していて水が貴重であるということを実感します。そして人間は水がないと生きていけないのだということを、ところどころに設置されている非常用水道近くにある”Warning” という看板が教えてくれます。 

“飲料水は持っていますか? 水を飲まないと脱水症状になります。・・・” といった内容が赤い字で毒々しく書いてあるのです。
Dove.jpg
 そんなことを考えているとき、誰かが非常用水道の蛇口をひねり、水筒に水を入れました。そしてその勢いが良かったので周りに水が飛び散りました。

すると、どこからともなく鳥がやってきて、落ちた水に群がり始めたのです。

どこで見ていたのか、それとも人間様が蛇口をひねってくれるのを息を潜めて待っていたのか・・・
Rost Camel
 普段、水に困るということは、今の私たちの生活ではほとんどありません。 エアーズロックを訪れる旅では、“水”という資源について改めて考えさせられました。日本は水が豊富な国です。不自由がないと、そのありがたさをつい忘れがちです。

次回、水資源について少し考えてみたいと思います。

注1)Australian Bureau of Statistics, Australia at a Glance (2007)
関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *世界遺産*

07:00  |  ├ Australia (NT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/11-152bb27a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |