2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.10 (Wed)

アイスランドのアルミニウム

icelandmapweb.gif
まだまだ続くアイスランドです。

アイスランドでは
水資源も豊富。

地表の約10%が
氷河で覆われており(注1)

その氷河の水が
たくさんの滝を造り出しています。

08Vatnajokull_11.jpg

ドライブしていても
最初の頃は、写真を撮ろうと

滝を見つけると
車を停めていましたが
そのうち、飽きてしまうほど...

なかでも  ←『スコガフォス』 と
『セルフォス』↓ という滝は

とても大きくて、
観光名所となっています。

このような豊富な
水資源を利用して


08Vatnajokull_10.jpg
アイスランドで
発電される電力量は(注2)

81% 水力
19% 地熱

の割合。

ちなみに、日本は(注2)

08Vatnajokull_02.jpg
62% 火力(化石燃料)
28% 原子力
8%  水力

となっています。

そして、国内の
水資源賦存量(注3)
みてみると

08Vatnajokull_12.jpg

カナダ      89,934
フランス      3,367
オーストラリア  24,411
日本        3,357
アイスランド   576,271
 (単位 m3/人・年)

と、ちょっとアイスランドは破格(注4)

こうやって、『水』という資源が豊富なので
ダムを造って
水力発電量を増やし

『電力の塊』と言われるほどの
アルミニウムの精錬産業が
成長しているとか。

08Vatnajokull_04.jpg

金属の製造にかかるCO2排出量
を見てみると
 
鉄板      2.10
銅板      1.42
ステンレス板 5.09
アルミ板    11.0
 (単位 kg・CO2/kg・素材)(注5)

となっており、アルミは精錬するのに
他の金属と比較して
非常に電力を消費します(注6)

08Vatnajokull_03.jpg

よって、世界全体でみれば、

アルミニウムは自然エネルギーを
利用できるところで精錬した方が

地球温暖化ガスの排出量が
少ないと言えます(注7)

そして主幹産業である漁業が
漁獲量の減少で衰退しつつある
アイスランドでは

漁業に代わる産業を模索して

アルミニウム産業を
積極的に導入してきた。

08Iceland_goods_01.jpg
しかし、ダムを造るということは
アイスランドの美しい地域環境の
破壊につながる...

そこで、経済活性化か
自然保護なのかで議論が
ヒートアップしているとか(注8)

日本人の私は

08Vatnajokull_13.jpg
自然エネルギーの宝庫で
羨ましいわね~なんて
安易に考えていました。

そして「経済発展か環境保護か」
という問題はよく聴きますが

自然エネルギーが豊富である
この先進国には、無縁の問題と思っていました。

地熱も上手く利用したり
観光産業を活性化するなど
他の産業と共に

国民にとっても
地域環境にとっても
よい方向性が見いだされますように。

えこたびは、
アイスランドの観光産業活性化の為に
頑張って散財してきました(爆)。

注1) アイスランド大使館、 http://www.iceland.org/jp/
注2) 2005年データ、IEA http://www.iea.org/index.asp
注3) FAO Aquastat  http://www.fao.org/nr/water/aquastat/main/index.stm
注4) 人口あたりの値です。絶対量とは異なります。アイスランドの人口は30万人です。
注5) 産業環境管理協会、Simple-LCA、http://www.jemai.or.jp/CACHE/lca_index.cfm#04
注6) Simple-LCAでは、リサイクル地金を勘案しています。リサイクル方法の捉え方によっては値が異なります。
注7) アルミの輸送工程は、製造工程に比較すると小さいと考えています。
注8) ジュディチェ,マルゲリテ(2008) “相克の島国アイスランド”、ナショナルジオグラフィック、14(7),106-127
関連記事

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : *資源* *水*

15:36  |  ├ Iceland  |  トラックバック(1)  |  コメント(9)

Comment

すごい

えこたびさん

この滝、大きさと水量がすごいですね。
人がゴミみたいに見えます。
実際に目にするとものすごい迫力なんでしょうね。
コロ |  2008.09.10(水) 20:52 | URL |  【編集】

最近、新聞で”アイスランド”の言葉を見ると、びくっと触手が動きます~。
えこたびさんの影響ですね。アイスランドの教育費のGDPに対する割合の
高さには驚き、日本の低さに呆れました。
ちなみに、私の実家の方は新築家屋の半数以上がオール電化住宅。
理由は、地方のため都市ガスが発達しておらず電化となりましたが、
実家もでかい太陽光発電をつけています。(従兄弟のうちも)
この夏は、これでかなりの電力をまかなえたそうです・・・。
えこたびさんのブログで、身近なエコも考えることができます。
ありがとう~でも、何を散財したのか気になる!?
yumiko |  2008.09.10(水) 21:09 | URL |  【編集】

規模が違いますね

えこたびさん、こんばんは。

一口に「滝」・・・と言いますがその規模が桁外れですね。

国の環境が違えば、起こる問題も違う・・・中々上手くは行きませんね。
ある経済指標によると、CO2排出量を減らすと、経済の衰退につながる可能性もあるとか・・・
経済活動とエコロジー・・・両立できるバランスが難しいですね。

それにしても、広大な自然に目を奪われてしまいます。
わっち |  2008.09.10(水) 22:38 | URL |  【編集】

こんばんわ。
こんな北国で水が豊富というのが驚きです。
しかし温暖化で氷河が減ってきているのではないのでしょうか?
y_and_r_d |  2008.09.10(水) 23:08 | URL |  【編集】

最初の滝の写真、人が小さく写ってますね
スケールが大きい。

ドライブ中に滝がいくつも見えるんですか?
私だったら、目的地まで着きません(笑)
ponta |  2008.09.10(水) 23:47 | URL |  【編集】

------------
pontaさんへ
------------
そうそう、滝に限らず、
写真を撮りたくなるような景色ばかりで、車を停めて停めて
いつまで経っても目的地に着かないのです...
ponntaさんなら、間違いなく野宿ですね?

----------------
y_and_r_dさんへ
----------------
記述した水の量は、人口一人あたりなので、
アイスランドは人口が少ないから、相対的に多いということになるだけです。
氷河は小さくなっているそうですけど、小さくなると言うことは、
現状では溶ける水量は増えているように思います。
そのうち、滝がかれちゃったりするのでしょうか...

-------------
わっちさんへ
-------------
すごく大きかったです。もう、のみ込まれてしまいそうな...
滝が大きいと水飛沫がすごくて
カメラが濡れて大変でした。
こういう場合は、何かワザがあるのでしょうか?


-------------
yumikoさんへ
-------------
教育費の額というのは、家計から支出された分なのでしょうか?
それとも国が支出した分も含まれているのでしょうか?
そんなに低いんですか・・・
何だか本当に心配になります。
何を散財したって、大きなものは買ってないんです。
1つ1つの食事とか、ホテルとかが、物価の高い国なので、嵩んでしまいました。
yumikoさんのページこそ、いつも色々とお勉強になります。

------------
コロさんへ
------------
人は地球環境にとって、ごみのようだと思えてきました...
スゴイ迫力でした。音もすごかったです。ただ、水飛沫がすごくて、カメラが心配でした。
えこたび |  2008.09.12(金) 00:21 | URL |  【編集】

滝、大好きです^^
2枚目の滝、迫力がありますね…!
水量も滝の幅もあって、逞しい感じがします
日本の滝は細く長く流れ落ちるものが多いようなイメージがあって、
女性的な雰囲気ですが、こちらの滝は男らしい雰囲気を持ってるんですね^^
水が落ちてくる音を間近に聞いてみたい…^^

アイスランドの水資源賦存量の値、ほんとに別格ですね
桁が違う、、、驚きです
自然資源の豊富さによって、発達する産業も変わってくるという
相互関係があるんですね
アルミが採れるわけではないんですよね、、?興味深いです

サーディン、カラフルですね^^
赤と黄色は味の違いがあるんでしょうか??

ポチ
やまねこ |  2008.09.12(金) 11:03 | URL |  【編集】

こんばんは♪
私が今までに目にして来た”滝”とはスケールが違います。
実際に目の前に立ったら、怖いくらいの迫力でしょうね。
アイスランドの水資源賦存量ダントツも納得出来ます。
Rie |  2008.09.13(土) 00:33 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------
Rieさんへ
-----------
圧倒される大きさでした。
でも水飛沫がひどくて~。
だから、しょっちゅう虹を目撃することができましたが、
カメラが心配でした。
Rieさんが、クルーザーに乗ったときは、
カメラ大丈夫でしたか?
それよりRieさんの、南仏の景色もまた違う迫力です!

---------------
やまねこさんへ
---------------
おっしゃるように、この滝、男性的かも。
すごかったですー。でも世の中にはもっとスゴイ滝があるんですよね?
見に行きたいなぁ。ナイアガラもイグアスも見たことないんです!
音は、何とも言えないグォォォ~って感じです。
アルミはおっしゃるように精錬のみです。
アルミ原料のボーキサイトはオーストラリアや
ギニア、ジャマイカ、ブラジル、中国、インドなどの国で
主に生産されているようです。
そしてアイスランドはボーキサイトを輸入し、
精錬してアルミにして輸出しています。
アイスランドがどこから輸入しているかは未確認です。
魚の缶詰は、赤い方がトマト味で、
黄色い方がノーマルっていうか塩こしょうのみという感じでした!
この缶詰、気に入ってしまって買って帰ってきました。
えこたび |  2008.09.13(土) 09:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/120-72f09df1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2009/10/21(水) 12:28:12 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。