2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.01 (Wed)

お隣の国について想う

08Shanghai_06.jpg
中国のお話の続きです。

改めてお隣の国、
中国について
見てみます(注1)

まず人口。
1971年 および
2004年 について

それぞれみると

08Shanghai_07.jpg

 米国  2.1 → 3.0億人
 欧州  4.5 → 5.3億人 (注2) 
 日本  1.1 → 1.3億人
 中国  8.4 → 13.0億人

 そして、一人あたりCO2排出量を
 同様にみると

 米国  5.72 → 5.45トン
 欧州  2.32 → 2.17トン
 日本  1.93 → 2.73トン
 中国  0.29 → 1.01トン

08Shanghai_09.jpg

最後に、1,000人あたりの
自動車保有台数を見ると

米国 544 → 808台
欧州 184 → 490台
日本 189 → 581台
中国 0.59 → 20.8台

約30年間の間に、中国は

08Suzhou_12.jpg
人口は約1.5倍に

一人あたりCO2排出量
は約3.5倍に

自動車保有台数は
約35倍に...

今後、この国は
どうなるんだろうって
ものすごく不気味。

08Suzhou_13.jpg
上海郊外の
スーパーマーケットを
覗いてきたんですが↑

例えば
服とかシューズとかについては

うちの近所のスーパーで
安売りしている程度の価格。

半袖Yシャツが1,000~2,000円とか。

08Suzhou_14.jpg
でも、
食料品が

破格に
安いと思いました。

ビールが大瓶で

地ビール40円からあり、
日本のサントリービールが80円くらい。

大きめのあんパンが、50~70円。
お米5キロ 500~800円。


08Suzhou_17.jpg
清潔さや
品揃えなどで

日本のスーパーと
同じイメージで

製品一包あたりの
大きさ、安さ、
という点では

アメリカのスーパー
のような
08Suzhou_20.jpg

 イメージを受けました。

 特に食料品が充実しているような
 気がします。

 何でも食べるらしく、

 普通にスーパーで
 ニワトリの脚や生きたカメ、カエル、ヘビが
 売っているし...

 食生活については
 豊かだな~って、感じました。

08Suzhou_16.jpg



ま、1店舗しか見てないし

しかも都会の街なので
わかりませんけどね...

でも、広大な中国の
或る一側面であることも事実。

今まで全く
脚を踏み入れて
いなかった中国だけに

余計に興味が
モクモクと沸いてきてしまいました。

全く別の中国も、スゴク見てみたいです。

注1) データはすべて、日本エネルギー経済研究所(2007) 『エネルギー経済統計要覧』
注2) 欧州とは欧州のOECD加盟国を指す
関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : *ライフスタイル*

00:01  |  ├ China  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
サトシ |  2008.10.01(水) 01:33 | URL |  【編集】

実は私も中国には行ったことがありません。
オリンピックの前までは行こうかと思っていたんですが、
あまりにも事件や事故が多すぎてちょっと
敬遠していました。
私以外の家族は、仕事や旅行で行っているんですけどね~。
上海も家族が行って気に入っている場所のひとつです。
写真を目的に行くにはいいですか?
一番気になるのが、排気ガスです~。
yumiko |  2008.10.01(水) 16:08 | URL |  【編集】

へ~、車の保有台数の上昇は異常ですね。
でも人口が多い分一人当たりのCO2排出は、日本の方が多いんですね。
京都議定書で署名のみに終わったアメちゃんのほうが低いのには、また意外。
こういうデータもじっくり見ると面白いですね。
ジョージ |  2008.10.01(水) 21:35 | URL |  【編集】

近隣の大国・・・

えこたびさん、こんばんは。

中国と言う国は、面積、人口と色々な面で大国ですね。
この国が将来的に、日本やアメリカと同レベルかそれ以上の自国の文化を形成したら・・・。
考えるだけで、とてつもない変化が世界に起こりそうですね。
色々な意味で・・・。

おそらく私たちが知っている中国は、目に見えているごく一部に過ぎないのでしょうね・・・。
しかし、そんな心配より、目の前に山積した問題を速やかに解決して頂きたいものです。
わっち |  2008.10.01(水) 23:59 | URL |  【編集】

こんにちは。
中国は巨大すぎて
一側面だけでは計り知れないところがあるようです。
食の問題も今後どうなるのか不安がありますね。
y_and_r_d |  2008.10.02(木) 08:13 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------------
y_and_r_d さんへ
-----------------
こんばんは。いつもありがとうございます。
そうですよね、食の問題、今後更に拡大しそうで不安です。
キャットフードとかも???

--------------
わっちさんへ
--------------
いつもありがとうございます。
本当に、30年後にはどうなっているんだろうって、不安になります。
日本の人口は今後減り続けるわけですし...
何しろ、彼らのパワーに感心してしまうのです。
大学で一生懸命授業を聴いているのは、
日本人より留学生の中国人だったりとか言いますし...
今までに欧米などに旅行に行ってアジア人に会うとすれば
日本人か韓国人というイメージがあったのですが
中国人が顕著に増えているような気がします。

---------------
ジョージさんへ
---------------
こんばんは。いつもありがとうございます。
日本人が観光で行くような中国内の街は、比較的都会でしょうから、
生活においてエネルギー消費等、多そうな気がしますが、
地方に行くと電気も使わないような地域が存在するとか。
車に乗っていても、赤信号で停まっていると、物売りにやってくるような
低所得層の人が結構います。
本当に、未知の世界~。

-------------
yumikoさんへ
-------------
写真を撮るには、上海は私にとって、あまり魅力ありません。
人が多いし... 
少し郊外に行くと、建物や生活など非常に興味深かったです。
排気ガスは、あまり気になりませんでした(気がつかなかっただけ?)。
湿度が高いのが気持ち悪いほどでしたが。
北京はヒドイんですよね?
それだけ北京の方が車が多いということなのでしょうか。
今までに私が行ったところで一番排気ガスがヒドイと思ったのはマニラです。
息苦しかった覚えがあります...

-------------
サトシさんへ
-------------
サトシさん、こんばんは。
ご来訪頂き、ありがとうございます。
えこたび |  2008.10.02(木) 23:05 | URL |  【編集】

10倍

えこたびさん

日本が高度成長期の真っ只中だった時、
自分は京浜工業地帯の真ん中にいました。
学校のグランドで遊んでいると、工場から吐き出された
茶色の煙で前が真茶々になりました。
家庭では慌てて洗濯物を取り込んだり、そんな時代を思い出しました。

中国は今、高度成長期です。人口は日本の10倍。
何かとんでもないことになりそうです。
日本の東側は海でした。
中国の東側は日本です。
コロ |  2008.10.03(金) 08:34 | URL |  【編集】

すごい・・・

写真で拝見するだけでもものすごく
急成長した様子が伺えますね!?
私のイメージの中国ではないです(@@)

食べ物は美味しかったですか?
中国グルメの登場楽しみにしてますね(*^^*)

*たびねこ* |  2008.10.03(金) 21:28 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
たびねこさんへ
---------------
たびねこさん、こんばんは。
そうですか、やっぱりそんなに違いますか?
私もかなり驚きました。これじゃあ、
西欧の人が日本にはまだちょんまげ姿の人が歩いていると勘違いしているのと
同じレベルでしょうか...
食事は美味しかったですよ。
中に何が入っているのか、ちょっと不安になりましたけど...

-----------
コロさんへ
-----------
やだー、タダでさえも不気味に感じているところに、
コロさんの文章、怖すぎます。
そうですよね、中国の東の日本、
黄砂だって届いてしまうんですものね。
私も小さい頃、よく光化学スモッグがでて、
外に出れなかったことを思い出しました。
えこたび |  2008.10.03(金) 23:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/128-4fd7de4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。