2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.10.17 (Fri)

日本民家園

08Folk_house_02.jpg
先週末、川崎市の生田にある

日本民家園』というところに
行ってきました。

ここに行こうと思った
きっかけは、

アイスランドで見た石の家↓。

アイスランドでは遠い昔

壁も屋根も石でできた
おうちに住んでいたとか。

08Iceland_31.jpg

石の家を見ていたら、
急に昔の日本の家屋を

見てみたくなったのです。

本当は白川郷になんて
行けたらステキだったんですけど...

ここに来て思ったのは

アイスランドの古民家より←

08Folk_house_03.jpg


私はこの茅葺きに土塀の
日本の古民家の方が→

なんだか落ち着くということ。

アイスランドの古民家は

木組みの骨格の周りに
石を積んであるという感じでした↓。

屋根も石で出来ていて

とってもガッチリしていて
威圧感さえ感じます...

08Iceland_32.jpg

それに比べて
日本の古民家は、

木の柱に土の壁で
屋根は茅。家はスカスカ。

でも、屋根は葺き替えられるし、
壁も塗り直したりできるなどして

石の家に比較して
とっても柔軟なイメージを受けます↓。

そして、そうやって手を入れながら
長い間住み続けたそうです。

08Folk_house_10.jpg
しかし、現在の日本の家屋の寿命は
約20~30年と言われており

100年以上でも平気で使う
ヨーロッパに比べると

ずいぶん短くなっているとか。

現代で使われる
家の建材は

ヨーロッパも日本も
そう変わらないと思いますし

08Folk_house_12.jpg

最近の日本の家は
頑丈に作ってあると思うのです。

なのに、

一度、家を造ったら
リフォームしながら

何世代にも渡って住むという文化を
保ち続けているヨーロッパに対して

住む人が変われば
家を造り直すという日本。

日本型の
『スクラップ&ビルド』は

08Folk_house_14.jpg

資源消費や廃棄物の観点から

問題であると思います。

しかし、
私も自分の終の棲家は自分で
建てたいという気持ちがあります...

なんででしょう?
なんで新しく建てたいのかしら。

皆さんの理想のおうちは、

賃貸や中古住宅でも叶えられますか?
それとも
新築が良いでしょうか?

関連記事

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : *すまい*

00:17  |  ├ 神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

懐かしい

えこたびさん

民家園まだあるのですね。
もう30年くらい前、会社が近くにあってその駐車場で休んだり弁当を
食べたりしたものでした。

車も同じかもしれませんが家に対する考えが根本的に違うのだと思います。
日本人は中古というと恥ずかしいという気持ちがあるのでは。
自分は中古好きです。PC、カメラ、レンズなど結構中古を買います。
安い方が良い。
コロ |  2008.10.17(金) 21:24 | URL |  【編集】

壁も屋根も石で出来た
アイスランドの古い民家見てみたいです。
私は・・・ヨーロッパの人のように古いものが好きだから
古くても愛着の持てる家ならいいかなぁ~☆

↓東欧全然詳しくないんんですよ♪
チェコにも初めて行きましたし、ドイツは東欧??ドイツは2回、
1回はフランスから国境超えしただけだから正確には1回だけなんです(笑)

チェコの空港は小さいけれど近代的できれいでした。



*たびねこ* |  2008.10.17(金) 22:02 | URL |  【編集】

こんばんは。
コメントを頂きましてありがとうございました。

世界各地の写真、それも自然いっぱいで素晴らしいですね。
その場に居るような気分になってしまいました。

私がこの中で行ったことのある国は数少ないですが、8月に北米へ出張したときはナイアガラの滝へ行きました。
その迫力には圧倒されました。
日本では決して見ることのない景色で圧巻でした。

こちらからもリンクさせて頂きます。
meadow |  2008.10.18(土) 01:53 | URL |  【編集】

こんにちわ。
日本型の『スクラップ&ビルド』は、BUBLE時代の負の遺産のような。飽きたらすぐに捨てる、換えるっていうやつ、正にそれでは。
それと日本て、古~い建物とか、結構建て直しますよね。
ヨーロッパとか、何百年も経つ建築物が普通に、とても大事に使っていますよね。
地震国ということもあるんでしょうが、古きよきものを後世に伝えていけたらいいのに と感じています。
ジョージ |  2008.10.18(土) 08:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
ジョージさんへ
---------------
いつもありがとうございます。裏磐梯の紅葉の写真すごいですね!
たっぷり堪能させて頂きました。
なるほど、バブル時代以前は、結構おうちも長く使っていたのでしょうか。
古くなったら味が出てくるような建て方をすれば良いんでしょうね。
古民家が最近ちょっとブームになっているって聴きました。
今週末は紅葉を撮りにどちらかへ?

-------------
meadowさんへ
-------------
お越し下さいまして、ありがとうございます。
もう、meadowさんの写真には、ビツクリでした。写真のすばらしさもそうですけど、
D3+AF-S Nikkor VR ED 300mm F2.8 とか見て、目が点になりました。
NIKONのショールームでガラスケースの中に入っていたのを、指くわえて見ていたものです...
meadowさんの写真見ていたら、ものすごく鳥が撮りたくなりました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。リンクの件、ありがとうございます。

---------------
たびねこさんへ
---------------
屋根が石で出来ているおうちに入ったときは、地震が来たらどうなるんだ?
って不安になりました。
アイスランドも結構地震が多いとおもうんですが...
あれ、そうなんですか?たびねこさんは、私にとって東欧エキスパートです!
一回も行ったことないんで。
ドイツはくっついちゃったから、東か西かどっちなんでしょうねぇ?
次はたびねこさん、どこに行くんでしょうねぇ。楽しみです。

-----------
コロさんへ
-----------
いつもありがとうございます。そうなんですか?民家園、健在でしたよ。
最近、古民家ブームのようで。民家園の前も大きな公園になっているんですね。
初めて行きました。ステキなところです。
おっしゃるように、車もそうですよね。海外に行くとスゴク車が古い。
日本はピカピカですよね。
私は自分が使い込んで古くなったのは好きで、ボロボロになっても使うんですけど、
PCやカメラは新しい方がいいな~。
新しいのを買って、とことん使い倒したい...
えこたび |  2008.10.18(土) 11:57 | URL |  【編集】

えこたびさん、こんにちは。
私の家は、築50年の木造家屋を昨年耐震補強して改築しました。
すっかり新築のようになってしまいましたが、
玄関の石の壁はそのまま残しました。
慣れ親しんだ古い家の思い出をどこかに残すことで
家族の意見が一致しました。
最近は、古民家再生に取り組むしっかりしたプロジェクトも活動していますから、
少しずつ意識や環境も変化していくような気がしています。
都市部では保存は難しいかも知れませんが、
奥多摩には古民家を大切に移築した素敵なお店がたくさんありますよ。
junko73oz |  2008.10.18(土) 12:32 | URL |  【編集】

コンバンハ
ご無沙汰してましたのやまねこです
無事に帰ってまいりました^^

屋根が石…確かに地震の時はどうなるのか
ちょっと怖いような気もしますね
地震大国の日本だと、あまり思いつかない考えですよね

記事を拝見しながら、「3匹の子豚」を何となく思い出しました
オオカミ対策にはレンガ造りがいいのかもしれないけど笑、
私も茅葺き屋根や土塀のある日本の民家が好きデス^^

理想のおうち…うーん難しいですね
自分と同じような考えの人で、気持ちが同調できるような人が
作った家だったら、中古でも気分良く住めるような気もするし、、、
一生でする一番高い買い物かもしれないと思うと、
なかなか決断出来ない気もしますよね


お久しぶりのポチ
やまねこ |  2008.10.18(土) 22:09 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------
やまねこさんへ
--------------
やまねこさん、こんにちは。そして、お帰りなさい!
如何でしたか?ブログを楽しみにしていますね。
屋根が石って、怖いような気もしますが、
瓦っていうのもよく考えれば重量が結構あるような気もします。
確かに、3匹の子豚を連想してしますね...
家を建てるって、本当に一生で一番高い買い物ですよね。かなり悩み中です。
いつも応援ありがとうございます。

------------
junkoさんへ
------------
junkoさん、コメントありがとうございます。
junkoさん宅は、築50年ですか。すごいです!
そうやって家を大切にするところが増えれば、
日本の街並みもステキになって行くんでしょうか。
知り合いで新潟の古民家を目黒に移築したって話を聴きました。
そういうのもイイナ~って思ったんですけど、上物だけで億単位だったとか...
家については(も?)、かなり悩ましいです。
えこたび |  2008.10.19(日) 11:49 | URL |  【編集】

茅葺

こんばんは。

いいですね、茅葺。大好きです。
過去物ですが、いずれ私もUPしますね。

理想の家は…お金が幾らでもあると仮定して、中身は耐震強度ガチガチの鉄骨造ですが、どう見ても木造の古民家に見えるように内外装を化粧した家です。
キッチンや寝室などは客には見えないようにして洋間。
などと、最近馬鹿げた会話をしたことを思い出しました(笑)
ばいせん |  2008.10.19(日) 20:36 | URL |  【編集】

こんにちは。

ご無沙汰しておりました。
ようやく、徐々に復活を始めました。
また、改めて宜しくお願いいたします。
何だか、近い所までいらっしゃったのですね。私も何度かここには行ってます。今の時期はこの近くの旧向ヶ丘遊園のばら苑でバラを公開しています。時期合わせて来ると良いかもしれませんね。
君平 |  2008.10.19(日) 21:06 | URL |  【編集】

理想

こんにちは。
理想の家を建てるのは難しいですが
理想に近づけていくのは可能なようです。
今の家も少しずつ手を加えていってますよ。
昔からのその地方特有の住宅は
やはりいいものだと思いますよ。
でも最近はそれを建てるには
お金がかかりすぎるという問題があるようです。
y_and_r_d |  2008.10.19(日) 23:11 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
y_and_r_dさんへ
---------------
いつもありがとうございます。
y_and_r_dさんのお宅は、ものすごく美しいですよね。
新しく建てられたのでしょうか?それとも古い建物をリフォームされたのでしょうか。
いつもルゥちゃんの背景にうっとりしてます。
なるほど、色々と手を加えていらっしゃるのですね。
手を加えて理想に近づいて行っているなんて、すごくうらやましい!

------------
君平さんへ
------------
こんばんは。復帰なさったのですね。嬉しい限りです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
バラ園?それは知りませんでした。
民家園、紅葉の時期も良さそうなので、またその頃に行きたいと思っています。

--------------
ばいせんさんへ
--------------
いつもありがとうございます。
ばいせんさんがお話ししていたような家を良いと思う人は
いるみたいです。私も、そういうの良いなって思いますモノ。
現に、中身は近代技術バリバリに導入して、外見は古民家って、
実現した人が知り合いにいます。
どこかの田舎から古民家を目黒に移築し、
中は断熱性能やら耐震加工を付与して、洋間なども作ったとか。
上物だけで数億かかったらしいです。
私には、この世の話とは思えませんでしたが...
えこたび |  2008.10.20(月) 17:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/132-3b9e4d95

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |