2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.02.11 (Wed)

ゴーストランチ

08Abiquiu_03.jpg
昨年末に
アメリカ南西部を訪れたとき

サンタフェ(Santa Fe)の
北西約80kmのところにある

ゴーストランチ(Ghost Ranch)
というところを訪れました。

ゴーストランチは

ジョージア・オキーフ
(Georgia O'keeffe)

という芸術家が

この場所の
美しさにに心奪われて

08Abiquiu_01.jpg
ニューヨークから
移住しその後、

98歳の最期の時を
迎えるときまで

芸術活動を続けながら
約40年間を

過ごした土地なんだとか。


08Abiquiu_13.jpg
その話を聴いたら

移住したいと
思わせるほどの

美しい場所とは

一体どんな
ところなんだろうと

訪れてみたくなりました。

08Abiquiu_10.jpg
大きな街なのかと
思っていたら

民家が一切
見えないようなところで

赤い土
青い空
白い雪

だけが存在する世界。

08Abiquiu_04.jpg
時々、
道路を走る車の音が

遠くから響いてくる他は

風の音しか
聞こえない静寂さ。

噂に違わず、

とても美しい場所だとは
思いましたけど

神秘的で、なんか
ゾクゾクするような美しさ。

08Abiquiu_05.jpg


冬だからなのかもしれませんが
ちょっと、もの悲しい雰囲気。

喧噪や繁劇の中で疲れているときに

こういうところにくると
すぅ~っと、何かが吸い取られていくようで
心地いい。

されど、
心が寂しいときにくると

たちまち
孤独の闇に吸い込まれてしまいそうな...


ジョージアさんの旦那様って、写真家のアルフレッド・スティーグリッツという人なんだとか。
(すみません、私は全く芸術オンチで、しりません(汗)。)

ご夫婦で芸術家で、こんな世界に住んでいたなんて、ステキだわ~。

我が家では、洗濯物がぶら下がる6畳間のコタツで、
朝から夫婦で、ノートPC並べて仕事してたり(涙)。
関連記事

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

11:34  |  ├ USA (NM)  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

こんにちは!

確かに”不気味”ですね!
草木のない(写真に写っていないので)山にといい、やっぱり不気味ですよね。
アメリカの荒野の道って、何十キロも店もなく、スタンドないんですか?

その昔、SFOからLAXにハイウエーを走ったことがありますが、日本みたいにPAやSAなんてなかった印象が。その前に行ったとき(25年前)はLAでもドアのないシビックが走っていたり、グレイハンズが駐車するとき場所を広めるため、前後の車に押し当てるなんて世界でしたけど・・・
夜中サイレンが途切れることなく、添乗員からはホテルの裏通りには”絶対行くな”などといった、ある面不気味なところでしたが。
ジョージ |  2009.02.11(水) 14:49 | URL |  【編集】

6畳のコタツの間のに一票!?
洗濯物は加湿のために必要なんですから・・・。
何も無いところから生まれる芸術を考えると、こういう環境も
必要なんでしょうね。
若い頃?LAに少し滞在して、メキシコ人と住んでいたので
メキシコ料理を発作的に食べたいことが
いまだにあります~★
yumiko |  2009.02.11(水) 17:47 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
ジョージさんへ
---------------
ジョージさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
不気味ですか?そ、そこまではちょっと...
私の書き方が悪かったかもしれません。
何十キロも平気で店もスタンドも無いことあります。
でも大概そういうときは、何キロ先にしかないとか、次は何キロ先って
表示があったような。
でも過酷さ?はオーストラリアの方がすごかったかも。
こういうところでは、ガソリンスタンドとトイレ、水は要チェックです。

--------------
yumikoさんへ
--------------
yumikoさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
洗濯物が加湿に必要?なるほどぉ。
メキシコ料理って、すっかり気に入ってしまいました。お野菜多いですよね。
日本であまりメキシコ料理を見かけないような気がするんですが...
私もなんだか食べたくなってきました。もしよいところあったら教えてください!
えこたび |  2009.02.11(水) 23:18 | URL |  【編集】

独特

えこたびさん、こんばんは。

真っ青な空の色が独特で印象に残ります。
空の青、白い空間に褐色の建物・・・
ここでの実際の生活はどんなものなのでしょうね。
想像すると夢が膨らみます。
わっち |  2009.02.12(木) 00:43 | URL |  【編集】

こんばんは

えこたびさん

限られた色だけの世界。
いつもたくさんの色を見ているので現実のものとは思えないです。
映画のセットのような感じです。
コロ |  2009.02.12(木) 21:13 | URL |  【編集】

こんばんは。

私も写真家になってこんなところに住みたい。
…本気では言えませんね、残念ながら。<腕もお粗末♪
やはり、一通りのものが揃うところでないと住めませんよ。
ほどほどに現代人ですので(笑)

いやしかし、美しい。
えこたびさんは縦も横も上手に使われますね。
ばいせん |  2009.02.12(木) 23:06 | URL |  【編集】

すばらしいですね!思い出しました。私が行ったときは冬でしたが青空ではなかった!彼女の作品にNYとMNをあわせたようなものがありましたね。
min |  2009.02.13(金) 19:43 | URL |  【編集】

こんばんはー

2枚目の写真、湖面に映った山がキレイですね
裾野に向かって伸びて行く斜線の角度が緩やかで
こういう山って好きです、、、

あ…ゴーストハウスの軒先に
唐辛子がある…^m^
魔よけのグッズっぽいみたいですね
酒屋の軒先にある丸いのみたいなイメージです^^
GHOST HOUSEのフォントが可愛くて良いなあ。。

最後の写真、ちょっと前まで皆で集まって
世間話でもしてたような雰囲気ですね
昼間でも怖い時や場所ってありますよね、白昼夢みたいな…
気持が揺ら揺らしてる時は影響を受けやすいって
聞いた事があります
そういう時って受信用のアンテナが3本立ってるのかも
知れないですね

ポチ
やまねこ |  2009.02.13(金) 23:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------
わっちさんへ
--------------
わっちさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
ほんと、こんなところで生活って結構大変そう。
お買い物など不便でしょうし。
でもこういうところの方が、考える仕事は、はかどるような気もします...
わっちさんは、こういうところに住んでみたいですか???

-------------
コロさんへ
-------------
コロさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
本当に映画のセットのようですね。たまに休日に行くのならいいですけど、
毎日生活していると、ちょっと飽きてしまいそう。
代官山、いいですね、いいですね~。

----------------
ばいせんさんへ
----------------
ばいせんさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
確かに、こんなところで生きていく自信は私もありません...
モノを書いたり、撮ったりする仕事で、食べていける人っていいな~って思います。
タテヨコうまく使ってます?くるくる回しているだけだったりして...

-----------
minさんへ
-----------
minさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
ジョージア・オキーフ、お詳しいんですか?私はさっぱり...
日本でもみれるんですか?こんどゆっくり見てみたいです。
私が行ったときは、お天気とってもよかったんですよ。
いーでしょーーー(爆)!

---------------
やまねこさんへ
---------------
やまねこさん、こんばんは。いつもたくさんのコメントをありがとうございます。
本当にナンにもないところでした。ついでに人もいないのです...
そうそう、また唐辛子でしょ?本当にそこここに唐辛子でした。
座ってない椅子が、こういう風に置いてあるって、
本当に少し前まで誰かがいたような感じがしますよね。
いや、見えていないだけだったりして?こわ~い!
ゴーストハウスの字体に惹かれてしまうだなんて、
さすが、やまねこさんですね。
えこたび |  2009.02.15(日) 00:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/159-5d1c383b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |