2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.02.19 (Thu)

センス・オブ・ワンダー

Sense_of_wonder_01.jpg
先日、ある古典?
を読みました。

おそらく、
環境問題に
携わっている人ならば

一度は
耳にしたことのある名前

レイチェル・カーソン

Sense_of_wonder_04.jpg
の名著です。

『沈黙の春』 の方が

知っている人が
多いと思いますが

今回ご紹介するのは

センス・オブ・ワンダー
( Sense of Wonder)

Sense_of_wonder_02.jpg
環境教育のバイブル
とまで言われています。

レイチェルは
病気で他界した姪の

幼い息子、
ロジャーを引き取り
育てるのですが

どう子供は
教育すべきなのか
Sense_of_wonder_03.jpg
海洋生物学者ならではの
彼女の考えが

まるで詩のように
書かれています。

本当にロジャーが
かわいくて仕方ないらしくて

愛情に満ちあふれた文章。


Sense_of_wonder_10.jpg
「知る」 ことは
「感じる」 ことの
半分も重要ではない。

美しさや、神秘さ、
不思議さに
目を見張る感性
(センス・オブ・ワンダー)

を授けることが
重要なのである。

Sense_of_wonder_07.jpg
大人になるとやってくる
倦怠と幻滅

自然という力の源泉から
遠ざかること

つまらない人工的なモノに
夢中になること

センス・オブ・ワンダーは


Sense_of_wonder_09.jpg
これらの解毒剤
になるのだ。。。


こういって、レイチェルは

ありとあらゆる
自然の営みを

ロジャーに
見せ続けます。

教えるのではなく、
Sense_of_wonder_06.jpg
ロジャーが自ら

感じる環境を
与え続けるのです。

この本は、翻訳版で
60ページの薄い本。

そして、
たくさんの美しい写真が
添えられています。

古くからある本ですが、今改めて読むと、目が覚める気分。

やることがいっぱいで、ユウウツな私は、現実逃避でレイチェルの文章をよみ
昔撮った写真を、ひっくり返してみました。


関連記事

テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

タグ : *本*

00:37  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

おはようございま~す。

素敵な写真がたくさんですね!
世界中のいろいろな場所を旅していらっしゃる、
えこたびさんのアルバムには、
きっとわたしが見たこともないシーンが、
沢山詰まっているのでしょうね。

ひるぎやトカゲの写真は私のアルバムにも!笑
junko73oz |  2009.02.19(木) 08:15 | URL |  【編集】

あ♪とかげが同化してる(笑)
4枚目の青空と何処までも続いていきそうな道の写真も素敵です(^^)
まだまだ昔撮った写真の中にも素敵な風景が
沢山詰まってるのでしょうね。

ゴーストランチの青い空と雪
そして赤い土壁の建物の風景も素敵でした☆

*たびねこ* |  2009.02.19(木) 19:30 | URL |  【編集】

こんにちは

 えこたびさん、こんにちは。

 色鮮やかで「素晴らしい」としか言いようのない写真ですね。

 記事を拝読して「センス・オブ・ワンダー」は「感動する心」だと思いました。日々の暮らしに疲弊して、感動する余裕さえなくなった人が多いです。都会でしたら、夕日や車窓からの眺めで何か感じることがあればいいのですが…。

 感動する心があれば、エコは違和感なく取り組めるものではないか…と思います。
NOBU |  2009.02.20(金) 06:53 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------
junkoさんへ
--------------
junkoさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
いや~、junkoさんのアルバムの方がすごい!
きれいな景色はどこをとっても絵になるんですけど、
日常の中からきれいな絵を生みだすのは、ものすごく難しいと思うのです。
それこそ、センス・オブワンダーで、
何気ない景色にも美しさを見出し、感動する心があるからですよね。

----------------
たびねこさんへ
----------------
たびねこさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
4枚目は、オーストラリアの砂漠気候のあたりです。
ここも空がものすごくきれいだったんです。
でも、たびねこさんの黒モフモフに比べると、
ものすごく見劣りしてしまいますが...
モフモフ触りながら、ラーメン食べたーい。<おいおい

-------------
NOBUさんへ
-------------
NOBUさん、こんにちは。またまたコメントありがとうございます!
全然関係有りませんけどね(って、私はいつもこれですが...)
昔々、私はテニス大好きで日焼けでガングロな女子高生してました。
当時NOBUってテニスウェアのブランドがありました。今でもあるのかな?
そして、みんなの羨望の的の先輩がNOBUを着ていて、
みんなで争って買いに行った覚えが...
『感動する心』まさに、NOBUさんの解釈だと思います。
NOBUさんは奥様によって、
ものすごいセンス・オブ・ワンダーを授かったんではないでしょうか。
文章から拝察する限り、ものすごくステキな女性ですもの。
えこたび |  2009.02.20(金) 11:46 | URL |  【編集】

こんにちは♪
今、何だか疲れちゃって癒されたい気分なんです~。なのでセンス・オブ・ワンダーを読みたくなりました。

ところで、えこたびさんのお写真や文章は、いつもスっと心の中に入ってきて、頭の中をリフレッシュしてくれます。
(読んだことはないのですが)えこたびさんは、きっとこの本の作者さんと同じ心をお持ちなんじゃないかと、勝手に推測しております^^
クマ |  2009.02.20(金) 16:32 | URL |  【編集】

遠くに住む息子が自分の将来について考え始めています。
人生の先輩としてどう私はアドバイスしていいのやら・・・
この本を読んで、考えてみたいと思います。
ありがとうございます・・・

余談ですが、私は爬虫類大好き!です。
yumiko |  2009.02.20(金) 21:52 | URL |  【編集】

うわ~

こんばんは。

超弩級の写真ですね♪
私はクロッカス?の写真が衝撃的でした。
クロッカスって家の庭に咲いている程度のイメージだったので、驚きのスケールで見せてもらい感激です。
ほんとにクロッカスかは分かりませんが(笑)

センス・オブ・ワンダー!本当ですね!
日々感動。
ばいせん |  2009.02.21(土) 00:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------
クマさんへ
-----------
クマさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
疲れてますか...ありゃりゃー。
もうすぐ暖かくなってきますから、もう少し頑張って下さい!
私の言っていることはよくわからないという指摘をよく受けますので
文章を書くときは何回も推敲を重ねて、実は必死に書いているのです。
よって読みやすい?と言っていただけると、すごく嬉しいです。
私の日本語もブログのおかげで上達したのかしら!?

-------------
yumikoさんへ
-------------
yumikoさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
教育ということは、本当に難しいとつくづく思います。
答えを教えるのは簡単。
だけど本人で答えを出すように導くというのは本当に難しい...
この本は、How to本ではありませんが、
なんか自分の行いのヒントになるような気がしました。
でもあくまで環境教育に興味がある私の意見ですが...
小さい息子さんを海外にやるっていうのは、色々なご判断の上だったのですよね。
どんなyumiko Jr.が誕生するのか、とても楽しみです!

----------------
ばいせんさんへ
----------------
ばいせんさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
クロッカスでたぶん、いいと思うのですが...(自信ありません。)
これは、茨城県つくば市にある洞峰公園というところです。
私も、こんな風に群生するんだ~って、知りませんでした。
ばいせんさんの写真にはいつも感動させられます!
えこたび |  2009.02.21(土) 11:34 | URL |  【編集】

こんにちは。
「知る」と「感じる」の違い、
解っていても、実践するのは難しいですね。
今の日本では
自然から何かを学べるような環境は
なかなか無いようです。
y_and_r_d |  2009.02.22(日) 12:11 | URL |  【編集】

こんにちは。

素敵な写真ばかりですね。
最後の湖?ってよく観光写真に載っているやつですか?
レイチェルといえば、ボディーガード、フォイットニー・ヒューストンを思い出します。
まったく関係ない話ですね。
ジョージ |  2009.02.22(日) 16:24 | URL |  【編集】

こんばんは

えこたびさん

自分が自分の目で見たことのないこのような風景を前にしたとき、
カメラを手にしていたら、果たしてどのように撮るだろうかと
考え込んでしまいました。
コロ |  2009.02.23(月) 23:07 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.02.24(火) 00:27 |  |  【編集】

彼女は海洋学学者だったんですか。知りませんでした。一番下の写真はどこでしょうか。きれいですね!
min |  2009.02.24(火) 18:08 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------------
y_and_r_d さんへ
-----------------
y_and_r_dさん、こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありません。
日本は、都市部に集中しすぎというか、人が多すぎるんでしょうね...
だから自然から隔離されているような。
それにしても、ルゥちゃんのあくびはスゴイ...

--------------
ジョージさんへ
--------------
ジョージさん、こんばんは。お返事遅くなりまして申し訳ありません。
最後の湖?これは、カナダのルイーズ湖というところで、そうですね、
観光写真によく載っているところです。
この日はとてもよいお天気に恵まれました。
本当に絵のように美しいところでした。
ボディーガード?懐かしいですねぇ。私はケビン・コスナー大好きでした。

--------------
コロさんへ
--------------
コロさん、こんばんは。お返事遅くなりまして申し訳ありません。復帰です!
一山クリアしてスッキリさっぱり。
あまりに美しい景色は、本当にどうやって撮るのか、いつも悩ましいです。

--------------
minさんへ
--------------
minさん、こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありません。
彼女は、海洋「生物」学者です。だから、生物の本とか書いてます。
私も知らなかったんですけど。
最後の写真は、カナダのルイーズ湖です。バンフの近く。
この日はとてもよいお天気でした。
えこたび |  2009.03.01(日) 18:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/161-0665304c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |