2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.05 (Sat)

迫力のディティフォス

09Dittifoss_01.jpg
アイスランドには
滝がたくさんありました。

去年行った際に
どの滝でも

その大きさに圧倒されたので

今回も、
滝と聞けばどれどれと

足を運びました...

まずは、ディティフォス(Dettifoss)↓→。

09Dittifoss_03.jpg


この滝は、ヨーロッパ最大だとか。

そして、
その勢いがよい上に

極めて近くまで
近寄ることができ

ものすごい迫力です。

しかし、その勢いで
砂を削り取ってくるのか


09Dittifoss_02.jpg

泥濁というのか
すごい色をしています。

あと音もすごい。

轟音というのか、
お腹の底に響くような感じ。

もう一つ行ったのが
ゴーザフォス(Godafoss)↓。

こちらは迫力がある
という感じではないですが

09Godafoss_01.jpg


ガイドブックには
「とても美しい滝」

という記述がありました。

ところで滝の大きさの評価は
時間当たりに落下する水の量らしいです。

どうやって測るんでしょうね?

だって、バケツを構えて
水量を測ろうとしたって

09Godafoss_02.jpg

勢いよすぎで、
バケツにたまらなくないですか?

と、アホなこと考える私。
(誰か教えて下さい。)

そして、水が落ちているだけなのに

滝というのは
どうしてこんなに私たち
人間を魅了するんでしょうね。

自分はもちろんですけど、

色々な国籍の人たちが
はしゃいでいる姿が、楽しかったです...


関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

11:56  |  ├ Iceland  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

Comment

三枚目のお姉さんですが、笑っているけど大丈夫だったのかなぁ~と、
ひやひやしますね・・・片足、はまっていないですか?
日本の滝と全くちがって、男らしいマッチョな感じの?滝です・・・。
だから惹かれるのかも??
yumiko |  2009.09.06(日) 13:19 | URL |  【編集】

こんにちは

 えこたびさん、こんにちは。

 滝に関しては、日本(の滝)は箱庭的だと思います。それにしてもスケールが大きいです。

 水の色が違うのがいいですね。
 エメラルドグリーンの滝は魅力的です。
NOBU |  2009.09.06(日) 14:48 | URL |  【編集】

おはようございます。

日本の滝と違って、地球規模のダイナミックさですね。
心に沁みる美しさではなく、エネルギーに圧倒される感じでしょうか。

水量の量り方、知りたいですね~
でも、滝そのものでは量らないような気がしますが…。
ばいせん |  2009.09.07(月) 09:50 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------------
yumikoさんへ
----------------
yumikoさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
三枚目のおねーさん、スゴイでしょ。
私はおっかなびっくりであまり近づけなかったんですが
このおねーさん、かなり際まで行って
にこやかにポーズとってました。
yumikoさんがおっしゃるように、マッチョな滝かも...

----------------
NOBUさんへ
----------------
NOBUさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
スケール大きいですよねー。
でも私はナイアガラの滝も、イグアスの滝も見たことがない...
すごいんですよね?
でもやっぱり、
エメラルドグリーンと言えば、ユキマルくんの目の色でしょう!

--------------------
ばいせんさんへ
--------------------
ばいせんさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
確かにおっしゃるように、エネルギーを感じた滝でした。
柵もな~んにもないところが、またよかったです。
水量の測り方、知りたい~。う~ん、今度調べてみます。
でもバケツは絶対にないですよね....
えこたび |  2009.09.09(水) 00:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/192-ff1fd474

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2009/10/01(木) 23:25:29 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。