2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2007.11.24 (Sat)

ユーロミルホー・ダカールラリー2007

Dakar1.jpg今年1月に行われたダカールラリーを目撃しました。
パリ・ダカって言われるから、てっきりパリから出発するんだとばかり思っていたのですが、終点・始点は結構変わるらしい。知りまへんでした。

2007年はリスボン発だったのです。
“ユーロミルホー”とはトップスポンサーの
宝くじやさんin ポルトガル だそうです。
Dakar2.jpg
街はもう、お祭り騒ぎ。
でも、モータースポーツって、化石燃料消費してブンブン走り回って環境破壊の何者でもないような...

うちのダンナは大好きなのです。

彼曰く、“モータースポーツのような極限の世界で
車が試されることで、車の技術向上に繋がる”のだそうです。Team_Ukyo.jpg

そ、そうなのかなぁ。

それと、この大会は片山右京さんがトヨタ車でバイオディーゼルを用いて参戦したことで話題にもなりました。

そこで、今日は最近ブームになっているバイオマス燃料について...

バイオマスとは動植物由来の資源。
化石資源由来の燃料と比較して、環境負荷が低いと言われるのは、以下の二つの理由。
Dakar3.jpg
①カーボンニュートラルであること
 有機物は炭素(C)を含むので、燃焼させると二酸化炭素(CO2)が排出される。
 バイオマス資源の場合、そのC分は植物が光合成して成長する過程で大気中のCO2から吸収したもの。
 よって、バイオマスを燃焼させても、植物の成長前と比較して大気中のCO2は増加していないと考えられる。

 化石資源のC分の場合、そもそもはバイオマス資源同様に植物が大気中から
 吸収したものであるが、数億年もの前に吸収したものなので
 短期的に考えると、大気中の二酸化炭素を増加させていると考えられる。
Dakar4.jpg
②再生可能資源であること
 化石資源は、生成に何億年も要するので、現在消費している速度では枯渇する。
 バイオマス資源は、太陽と水、二酸化炭素から比較的短期間で生成する。すなわち再生可能な資源である。

Dakar5.jpg
すなわち、カーボンニュートラルな再生可能資源であれば、いくら燃やしてもCO2を増やさないし、
いくらでも動植物は育つから永久に手に入れられる...

と、まるで夢のエネルギーのような気がしてきません?ところが、その利用には注意すべきだとする意見があります。

バイオ燃料を、小麦や菜種、廃油から作ろうとすると、
材料を輸入、輸送したり、例えば田んぼを耕したり、
精製するなどの製造工程に化石燃料を消費しているのです。
BDF_CO2.jpg

バイオディーゼルのCO2排出量の資料(注1)を見てみると
緑色の部分が製造工程からのCO2排出量。
グレーの部分が燃焼によるCO2排出量。

バイオ燃料の場合には、“カーボンニュートラル”性からグレーの部分はCO2排出していないと考えます。
Dakar6.jpg
これを見ると場合によっては、化石資源由来のディーゼルに比較して半分程度しか、CO2削減効果がなかったり...

なんだか環境を考えると、何が良いのかわからなくなってきました。
白黒はっきりつけて欲しいような...

だけど、白黒はっきりつくことは、ほとんど無いと言って良いのかもしれません。
再生可能エネルギーでも色々と考えて使わないと行けない↓(注2)。
Renewable_Energy.jpg
この前、ある本を読んでいたら、「こっちが絶対に良い!」とか断言する専門家は、怪しんだ方が良いって書いてある先生がいました(注3)。
まじめな専門家ほど、歯切れが悪くなると。

すごくナットクしました。
Dakar7.jpg
色々考えなくちゃ行けないことがあるんだなぁーと
頭の回転の遅い私は、わからなくなってきますが、

とりあえず...
私たちの消費行動は、必ず何かの環境負荷に結びつくのだから
これは自分にとって過剰かな? と感じる消費は慎む、
まずは、そこからかなと思っています。

ちなみに、今日は “無買デー” だそうです。


注1) 総合資源エネルギー調査会石油分科会石油部会燃料政策小委員会(第9回)配付資料
注2) 八木田浩史(2007) “バイオマスエネルギーとライフサイクルアセスメント”,太陽エネルギー,33(1),29-34
注3) 藤倉 良(2006) “環境問題の杞憂”, 新潮新書



関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *交通* *新エネルギー*

13:22  |  ├ Portugal  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

凄い物に遭遇しましたね!
ダカールラリーですか。日本ではヨーロッパほど有名ではないですけど、そちらでは熱が強いんでしょうね。
バイオ燃料、最近世界各国で注目されてますよね。。
なんか気になるニュースを聞いたんですけど、バイオ燃料の需要に合わせてトウモロコシや大豆の値段が跳ね上がってるらしいんですけど・・。それで食材まで供給がまわらないとか。
SHUN |  2007.11.24(土) 22:51 | URL |  【編集】

いやいや勉強になります。
これからはバイオ燃料の時代かな~なんて思っていたけれど、
こんな矛盾があるなんて知りませんでした。
小麦粉や菜種油も値上げは仕方ないと思っていたけど・・・
やっぱり車はなるべく乗らない!に限りますね・・・。
mikako |  2007.11.24(土) 23:14 | URL |  【編集】

SHUNさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
そう、スゴイものに遭遇しました。お祭り雰囲気はとても楽しかったです。
エネルギーと食料が競合してくると、どうなるんだろうと不安になります。
私の大好きなポッキーが値上げするくらいじゃ、収まらなくなりますよね...
えこたび |  2007.11.25(日) 00:05 | URL |  【編集】

mikakoさんへ

こんばんは。
すみません、私の書き方が悪く誤解を生んでしまったとしたら、お詫びをしなくては行けません。
バイオ燃料が悪いというわけではないのです。ただ、最近バイオ、バイオって猫も杓子もって感じなので、どうなの?って思って書きました...
今日は長くて読みにくくなってしまったのに、最後まで読んで下さってありがとうございました。
えこたび |  2007.11.25(日) 00:17 | URL |  【編集】

こんばんは!
お返事いただき有難うございました。
すみません、私の書き方悪かったみたいです。
バイオが悪いと思って書いたわけではないので・・・
えこたびさんの「なんだか環境を考えると、何が良いのか
わからなくなってきました。」の部分に共感したつもりが、
極端な書き方をしていまいました。
大変失礼しました。m(_ _)m
mikako |  2007.11.25(日) 23:46 | URL |  【編集】

mikakoさんへ

こんばんは。ありがとうございます、再びコメント頂けるなんて。
そうですか、ちょっと安心です。
しかも私の思いと同じように感じて頂けていたとは、嬉しいです!
私は文章能力の無さに苛まれる毎日で、ブログ更新も時間がかかって仕方がありません...
えこたび |  2007.11.26(月) 00:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/21-463f29fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |