2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.16 (Tue)

お宅のタンスにレアアースの山が!

09ZabriskiePoint02.jpg
去年の冬休みに

ゆるゆると
楽しんだアメリカ西部は

ゴールドラッシュの舞台とも
なったように

鉱脈に恵まれているんだな~と
感じました。

日本は、

エネルギー資源
のみならず
鉱物資源にも恵まれない国。

最近は、

09DesertMuseum11.jpg
地球温暖化の
話題が多いので

意外と陰が薄い?ですが

鉱物資源の枯渇も
非常に深刻です。

埋蔵量が世界的にみて少なく
精錬が極めて困難な金属を

レアメタル
と呼ぶそうですが

そのレアメタルは
日本の主要産業である



09DesertMuseum03.jpg
電子・通信や
自動車部門において

なくてはならない存在。

なかでもインジウムの消費量は
1983年の25倍(注1)

にもなっているとか。

インジウムとは、

液晶ディスプレイや
パソコン、携帯電話

などに使われています。

そして、

09DesertMuseum10.jpg
日本の石油は
中東に頼っているように

インジウムなどのレアメタルは
中国に大きく頼っています。

我が国が生きていくのに
必要な資源を

他国に頼っているというのは
なんとも不安ではないですか...

その一方で

私たちが使い終わった
電子機器の中には、



たんすケータイ
レアメタルが
豊富に存在しており

これらは
都市鉱山 と称されるほどの量だとか。

金属はプラスチックに比較すると
リサイクルしやすいのですが

なかなか回収が
進んでいないそうです。

そこで、こんなキャンペーン
経済産業省もやっているとか→。

分ければ、資源になるものも
混ぜれば、ただのごみ。

えこたびも
ごみ溜めのようなタンスの中を、眠っている機器がないか探してみる。 ゴソゴソゴソ。


今日の写真は
1枚目が デスバレーのザブリスキーポイント(Zabriskie Point / Death Valley National Park )。
2枚目以降が ソノラ砂漠博物館 (Arisona-Sonora Desert Muserum) にて。


注1) 西山孝 (2009) 『レアメタル・資源 38元素の統計と展望』 丸善株式会社、 181pp

関連記事

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *資源*

00:22  |  ├ USA (AZ/UT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

資源工学的には

携帯電話やパソコンはレアメタルの純度が高く、鉱石よりも価値があるそうですね。
プラスチックのリサイクルなんて非効率なことより、レアメタルの回収に力を使うべきです。
私の家にも、何かないかな?
探してみます。

相互リンクありがとうございます~
ネガ男ポジ男 |  2010.02.16(火) 22:50 | URL |  【編集】

えこたびさん、お久しぶりにコメ入れます。
レアメタルってこうして見ると美しい~。
それにしてもアメリカという国は、鉱山資源は多いは食料需給率も高いはと、
つくづく広いんだなぁと思います。
タンスの携帯をさぐって見るのもいいけど、私は主人のスーツを
クリーニングに出すときにポケットをさぐってたくさんお金が出てきたとき、
なんだか得した気分になります。
リサイクルと関係ないセコイ話でごめんなさい!
yumiko |  2010.02.18(木) 17:00 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

--------------------
ネガ男ポジ男さんへ
--------------------
ネガ男ポジ男さん、こんにちは。何回もコメントありがとうございます。
「都市鉱山」とは言い得ていると思いません?
家電と違って携帯の寿命は短く、回収される割合が低いとかで、
経済省もこの回収事業に至ったとか。
どれくらい回収されるのか、ちょっと楽しみです。

-------------
yumikoさんへ
-------------
yumikoさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
写真はですね、オホホホホ(汗)、何撮ってきたかわかんないんです(爆)。
最後のだけ、タグが写真から読み取れて、
dioptase(emerald copper)翠銅鉱ってかいてあります。
そう、アメリカは食糧もあれば燃料もある、
彼らは一国でも生きていけるんじゃないでしょうか。
日本は鎖国したら生きていけないですよね...
ご主人のスーツに金山が!?
それはいいですねぇ。ウチのは穴があいてて無理そう(閉じろって?)。
えこたび |  2010.02.19(金) 10:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/226-f1a922be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。