2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.06 (Sun)

飲料水でトイレを流す

10KI_Road_04.jpg
もうちょっと続く
カンガルー島です。

雨の少ない地域にいくと
いつも考えてしまいます。

日本は本当にお水に恵まれて
いる国なんだなぁと。

カンガルー島の降水量は
東京と比較すると、

約半分程度はあるので

それほど少ないとも
言えないと思いますが



10Vivonne_Bay_01.jpg

本土から離れていて

それほど大きい島でもなく
人口も少ないとなると

集中的に上下水道を
管理するというわけではなく

分散型?で、
局所局所で対応

している様子でした。

宿泊施設等には
必ず巨大な雨水タンクがあり



10KI_Water_01.jpg
蛇口には

「雨水を利用しています。
 飲料用には適しません。」

と記述があります。

我が国では
蛇口をひねると飲める水が出てきて

飲める水が
水道から出てくるのに

その水を
おいしくないからって

飲料用としては使わず


10KI_Water_02.jpg

ペットボトルのお水を
買って飲んだりします。

また、
農作物や畜産物といった形で

世界各国から、
間接的に大量の水1)

を輸入もしています。

そして、
その飲める水で

洗濯も掃除もすれば
トイレまで流します。


10KI_Flower_01.jpg
世界では、約38%の人が

川にそのまま
垂れ流したりするような

非衛生的なトイレ
の利用をしており

そのうちの約18%は
野外排泄なんだとか2)

もちろんトイレの問題は

お水の問題だけではなく
インフラ整備ができない

諸事情もありますが...


10Adelade_06.jpg
しかし、こうやって考えると

飲料用の水で
トイレを流すって

ものすごい贅沢だと思いません?

それだけ
利用出来る、豊富な水があり

なおかつ

飲料水という
規定をクリアするまでに

何段階もの浄化工程に
エネルギー投入しているわけですから。


注1) バーチャルウォーター、環境省 http://www.env.go.jp/water/virtual_water/
注2) 沖大幹 監修、水の知―自然と人と社会をめぐる14の視点(2010)、化学同人、京都、284pp




関連記事

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *水*

12:41  |  ├ Australia (SA)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんにちは

確かに…改めて考えると、日本は水に恵まれている国ですよね

私の住んでいる地域は、山の方に行くと
水源がいくつかあって、休日には大型の容器を持って
そこに水汲みに行く人たちがたくさんいます^u^

水汲み…って昔の童話のようで、最初に聞いた時は
不思議な気分になりました

でもなぜか水道料金は高いんですよ…!
東京で暮らしてた時より高いかもしれません。。。
あと、ガスも…笑
ガスは、田舎なのでプロパンを使っているので、
個々の個人商店がそれぞれ価格設定を出来るらしく
どうも高くなってしまうらしいのですが…i-202
ちなみにゴミ袋は10枚入りで300円ですi-229
関東にいるより公共料金が高い生活、、、
なんだか不思議世界に迷い込んだような気もします笑

水があって当たり前の生活の場所もあれば、
お金を払って安全を買う場所もある・・・

地域によって、こういった物事についても違いがあって
いろいろな事を考えさせられますよね。。。

ポチ
やまねこ |  2010.06.07(月) 18:01 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------------
やまねこさんへ
----------------
やまねこさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
うわわー、おいしそうな水が近くにあるんですね。
水道代って地方によって結構値段が違うんですってね。最近、知り合いの家にお邪魔して知りました。
おっしゃるように、同じ日本でも地域によってずいぶんと違うんですね。
ちょっと都心部に集中しすぎだと思いません???
えこたび |  2010.06.10(木) 01:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/238-ac34c1d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。