2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.20 (Sun)

アデレード市のTFP

10Adelade_04.jpg
オーストラリア南にある
アデレード(Adelaide)市に、

カンガルー島に行く際に
乗り継ぎで立ち寄りました。

アデレードは面積は約1,800k㎡
と、大阪府とほぼ同じくらい。

人口は、約116万人です。
(ちなみに大阪府は、885万人)。

そんなアデレード市で行われた

TFP(トラベル・フィードバック・プログラム)
というおもしろい取り組みを聴きました。

私たちの移動行動を

10Adelade_05.jpg
コミュニケーションによって

環境に配慮した方向へと
変容を図ろうというものです。

人間というのは
意外とあまり考えずに

いつも同じ行動をとっていたりします。

例えば、
いつも同じ道を通っていて

違う道を、
たまたま通ったときに

な~んだ、こっちの方がよかった、


10Adelade_11.jpg
何で今まで通らなかったんだろう
ということはありません?

アデレード市では
ほとんどの人の足がマイカーなんだとか。

だから、
環境負荷削減という観点から

車の交通量を減らそうと
考えたわけです。

約6~7万世帯に接触して

移動に関する行動診断のような
ことを、1人1人丁寧に行いました。

実際には、診断を拒絶する人もいたので

10Adelade_09.jpg

きちんと会話できたのは
2万世帯程度。

個々の普段のライフスタイルについて
ヒアリングして

例えば
「毎日荷物が多いので、
 車で通勤するしかない。」

という人に対して

その荷物、
週に1日くらいは職場に置いて帰ってくる

ことはできないか、


10Adelade_12.jpg
荷物のない週に1日くらいは、

気分転換や、
健康のためにも自転車や

バス&徒歩なんて通勤の仕方は
考えられないか、などと

その人にとって可能な方法を
会話しながら探っていくのです。

約2万世帯に
コレを実施するなんて
ものすごい労力ですよね。

しかし
とてもステキな取り組みだと思いません?


10Adelade_03.jpg
たった1日、
街を歩いているだけでは
全くわかりませんでしたが

のんびりした雰囲気だけは感じられました。

オーストラリア大陸の
縦断鉄道「ザ・ガン」や
横断鉄道「インディアンパシフィック」の

ターミナルでもあるアデレード。
また訪れてみたいです。

上から2枚目の写真は
ボタン屋さんのショーウィンドー。

最後の写真は、街中で食べた
巨大なTボーンステーキです。


参考) 藤井聡・谷口綾子(2008) モビリティ・マネジメント入門―「人と社会」を中心に据えた新しい交通戦略
   学芸出版社、京都、pp215
関連記事

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *交通*

11:34  |  ├ Australia (SA)  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

こんにちは。
環境のためには
地道な努力が必要なんですね。
成果が出るのを期待したいです。
しかしTボーンステーキ、
スゴいボリューム・・・!
y_and_r_d |  2010.06.20(日) 17:56 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
y_and_r_dさんへ
---------------
y_and_r_dさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
ステーキ、すごいでしょ。
私のごちそうは、奥に見えるトマトソースのかかったお皿で
このステーキはダンナ様のお皿。
あまりにスゴイので、自分のそっちのけで写真を撮ってしまいました。
えこたび |  2010.06.22(火) 00:23 | URL |  【編集】

えこたびさん、おはようございます

すごく良い取り組みですね
一人ひとりの状況を聞いて、それに応じた
アドバイスや提案をしていくのは、
本当に、とても地道な作業だと思うのですが、
それをやろうという心意気が素晴らしいなあ…と
思います

かえりみて、私の住んでいる地域だったら…と考えた時、
やっぱり地方は車以外の交通手段が、現実的に考えると
ほとんど断絶されているというか。。。
あるにはあるけど、通勤などの日常的な移動手段として、
あまりにもか弱いんですよねi-182
私自身、気付けば電車にもう数カ月乗っていないし…
関東にいた頃は、考えられなかった状況なのですが、
慣れてしまうとそれが当たり前というか。。。
やっぱり車ありきを前提とした交通網の作り方なんだなあと
改めて思いました・・・


ステーキ、ボリュームたっぷりですね!
右手前にある逆さになってるきのこが可愛い笑

ポチ
やまねこ |  2010.06.23(水) 08:46 | URL |  【編集】

アデレードはまだいったことがありません。近くまでは行ったけれど(といっても国が大きいから近くもどのくらいか?)豪州をくまなく旅行してみたいですね!
min |  2010.06.27(日) 13:16 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------------
やまねこさんへ
-----------------
やまねこさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
人口の6~7割が都市部に固まっている日本では、
なんだかいつも都市部の議論ばかりしているような気がします。
そして東京に住んでいる私も、
つい自分の周囲にあてはまるようなことばかり
言っているような気がします。
やまねこさんの話を聴いて、反省します。
やまねこさんがおっしゃるように、少し郊外にでるととたんに状況が異なるんですよね。
歳をとってきて、車も運転できなくなると孤立してしまう...
病院にも買い物にも行けない。
そんな状況では、環境問題なんて考えている余裕はありません。
一体、どうしたらいいんでしょうか。

-------------
minさんへ
-------------
minさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
オーストラリアはお好きなんですか?
私も、隅々まで訪れてみたいです。
えこたび |  2010.06.28(月) 20:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/241-661adc70

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。