2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.03 (Sat)

アドミラルズアーチ

10Admirals_Arch_01.jpg
カンガルー島に

ニュージーランド・ファー・シール
(New Zealand Fur Seal)

の生息する岬があるというので
訪れました。

岬は、
国立公園の中にあって

かなり下っていきます。

そして

彼らがいると思われる地帯に
たどり着きましたが


10Admirals_Arch_03.jpg

←どこにいるのか
さっぱりわかりません...

ところが
よぉ~くみていると

モゾモゾと

動く何かが
いるではないですか。

この写真をみて、
わかりますか?

いっぱいいるんですが。



10Admirals_Arch_04.jpg
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト

EX: 絶滅
EW: 野生絶滅
CR: 絶滅危惧ⅠA
EN: 絶滅危惧ⅠB
VU: 絶滅危惧Ⅱ
NT: 准絶滅危惧
LC: 軽度懸念

のうち、先日書いた

オーストラリア・アシカ
上から4番目の 絶滅危惧ⅠB

ニュージーランド・ファー・シールは
一番下の 軽度懸念 です。


10Admirals_Arch_02.jpg

生態系では

弱いモノは淘汰され
強いモノが生き残っていく。

人間には
カシコイ頭があるから

弱いモノを
保護しようという

他の動物にはない
行動をとろうとする。

されど、
私たち人間も


10Admirals_Arch_14.jpg
所詮、弱肉強食なんだろうと

なんだか悲しくなる。

私が今いるところでは
自分の評価は

掲載された論文の数と
取ってきた研究費の額。

お金も取って来れなきゃ
論文も通らなければ

えこたびも

そのうち仕分けされて
淘汰されてしまうのでしょう。


10Admirals_Arch_06.jpg

オーストラリア・アシカや
ニュージーランド・ファー・シールを、

このオーストラリアの

壮大な自然の中で
眺めていると

なんだか、
とってもちっぽけな自分が
悲しくなるとともに

同じ絶滅危惧種として

悲哀を感じてしまうのでした...


関連記事

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ*

18:16  |  ├ Australia (SA)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんにちは

 えこたびさん、こんにちは。

 ニュージーランドファーシールという名前ですから…アシカやオットセイの仲間でしょうか。

 絶滅危惧種は人間の乱獲が原因でしたら、保護することで守れると思いますが…それ以外が原因でしたら難しいかもしれません。

 人は拡大する一方で活動してきました。
 今、立ち止まっていい時期かもしれません。
NOBU |  2010.07.03(土) 21:55 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

------------
NOBUさんへ
------------
NOBUさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
絶滅危惧種は、どうしたらいいんでしょうか。
弱いモノは滅びるしかないんでしょうか...
ニュージーランド・ファーシールっていうのは、
アザラシかな?オットセイやアシカとか、
えこたびには、見ただけではさっぱり区別がつかないんですが...
えこたび |  2010.07.05(月) 23:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/242-0e5e2cf6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。