2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.15 (Sat)

オアマルでペンギン横断中

10Penguin_06.jpg
ニュージーランド南島の
南太平洋に面した

オアマル(oamaru)という

人口約3万人の
小さな街を訪れました。

この街は、

ペンギンで有名なのです。

ペンギンには
いろいろな種類がいますけど

ここで出会えるのは




10Penguin_01.jpg

ブルーペンギン
イエローアイドペンギン

の2種類でした。

オアマルで
チェックインしたホテルの

フロントのお姉さんが
すごく自慢げ?に

ペンギンについて色々と
教えてくれました。

彼女の話によると




10Penguin_05.jpg

イエローアイドペンギンは
営巣地の周りに柵が作られていて

その柵を出なければ
自分で自由にみることができるけど

ブルーペンギンの営巣地には

ツアーに参加しないと
近づけないとのこと。

しかし、ツアーでは
写真撮影が禁止らしい。

えええー、
写真撮れないんだーって



10Penguin_02.jpg

嘆いていたら

そのお姉さん、

「ツアーに参加するより

 営巣地近くの道路にも
 ペンギンが現れるから、

 そっちを見る方が、
 オモシロイと思うわ。」

ですって。

教えてもらった通りに
夕暮れ時に、海岸に向かうと



10Penguin_04.jpg

↑イエローアイドペンギンは

意外と、
簡単に発見することができましたが

ブルーペンギンが
いつまで経っても現れません。

寒くなって来たし
もうあきらめようかな~と

思っていた頃

現れました、現れました。→

海から、一匹また一匹と
現れます。


10Penguin_03.jpg
そして、
何匹か集まると集団で、

道路向かいの崖に向かって、

一気に道路を
走り抜けます。

私たちの他にも、

何人もの観光客が道路脇で

ペンギンを
待っていて

みんな固唾を飲んで
その様子を見守っていました。



10Penguin_07.jpg
ペンギンたちは、
こちらを認識しているのか

認識していても
気にならないのかわかりませんが

人がたくさんいる中を
走り抜けて行きます。

日が暮れないと
巣に戻ってこないそうなので

観察は夜になります。

よって、薄暗い中を
カメラのフラッシュを焚くと




10Auckland_02.jpg

ペンギンがビックリするので
厳禁なようですが

残念ながら
何人かの観光客が

フラッシュ焚いて撮影していました。

野生のペンギンを
間近で見ることができ

とても感動しました。

いつまでもここに、
こうやってペンギンたちがやってきてくれますように。



関連記事

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ*

14:06  |  └ New Zealand  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

初めまして

たまたまオアマルのペンギンについて調べててブログにたどり着きました!
来週オアマルにペンギン見に行くのですが、この道路を渡るペンギン様!!!
是非場所を教えてほしいです~!!カワイすぎます~~!!
キャサリン |  2011.02.09(水) 16:36 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------------
キャサリンさんへ
----------------
キャサリンさん、初めましてこんばんは。
コメント残して下さいましてありがとうございました。
ブルーペンギンコロニーのビジターセンターへ、
車で向かう道は、海岸沿いの1本道です。
その1本道に、このページの上から2枚目の写真にあるような、
ペンギン注意の標識が何枚かあり、
その辺りで、私は見ました。
ボートを海からあげるためのなだらかスロープがあって
そこをヨチヨチと上がってきました。
でも彼らが出てくるまで、かなり待ちました...
来週いらっしゃったら是非、様子を教えて下さい。
ダニーデンでも、ペンギン見ようと思ったんですが
時間がありませんでした。
えこたび |  2011.02.09(水) 23:49 | URL |  【編集】

ありがとうございます!

えこたびさん、素敵な情報ありがとうございます!
ペンギンコロニーにも行く予定なので、ぜひぜひ頑張って探してきます!
一緒に行く旦那とえこたびさんの写真を見てかなりテンション上がりまくってます(笑)
ほんとにありがとうございました~☆
アメブロでまた旅の報告などもできればと思ってるので、良ければ遊びにきてください!
http://ameblo.jp/globetrot/
では。どうもありがとうございました☆
キャサリン |  2011.02.10(木) 09:53 | URL |  【編集】

またまたコメントありがとうございます!

------------------
キャサリンさんへ
------------------
キャサリンさん、こんばんは。
またまたコメントありがとうございます。
いいなー、これからニュージーなんて。
私も、もっと行きたいです。
それから、サイトも拝見させて頂きました。
ご報告を楽しみにしています。
えこたび |  2011.02.10(木) 22:57 | URL |  【編集】

野鳥大好き

世界中の自然を旅しています。。特に日本人と中国人のマナーの悪さにかなしくなります、自然界の生き物を撮影する時にフラッシュなど写真や動物を愛でる資格などありませんね。最低です残念とお思いになった時に注意をされたほうがよかったですね、同じ日本人としてそばにいるのが恥ずかしいです。
きぬこ |  2011.02.11(金) 17:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

---------------
きぬこさんへ
---------------
きぬこさん、初めましてこんばんは。コメントありがとうございます!
「同じ日本人としてそばにいるのが恥ずかしい」
と言われるとかなり凹みますが、
すなわち、注意できなければフラッシュ焚いている人と、
同罪だということですよね?
私は大学だといくらでも学生に注意できるのですが、
関係のない人には注意できません。なんでだろう...
ごめんなさい。反省します。
念のため付け加えておきますと、フラッシュ焚いていたのは東洋人ではなく、
言葉が通じないのに一生懸命注意していたのは、中国の人でした。
えこたび |  2011.02.11(金) 18:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/267-b72f8503

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。