2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.10 (Mon)

Ekocentrum

eko_centrum_1.jpg今回のヨーテボリ訪問は、チャルマース工科大学に用があったのですが、そのチャルマースに隣接したところに、Ekocentrum(エコセントラム)という施設があり、ここに行ってきました。

この施設は、NGOの経営だそうで、入場料は個人の場合20クローネ(約400円)、企業の場合40クローネです。
eko_centrum_2.jpg

中は環境問題に関して、エネルギー、交通、住宅、リサイクル... などいくつかのテーマ別に部屋が別れています。
それぞれが、ポスターや液晶ディスプレイでの情報提示がしてあったり、サンプルや模型などが並べてあるなど、それぞれ工夫された展示がしてあります。
eko_centrum_3.jpg
またショップやカフェも併設で、ショップには本や石けん、フェアートレードのコーヒーやお茶、お菓子なども、ところ狭しと並べられていました。

日本にもこのような環境コミュニケーションを目的とした施設はあると思いますが、ここの施設全体に手作り感があり、ずいぶんと異なる雰囲気を感じました。

何より、北欧ならではのディスプレイというべきか、色遣いやデザインがステキなのです。
eko_centrum_4.jpg

しかし! ほとんどがスウェーデン語で書かれているので、私にとってはかなり消化不良...

申し込めば、英語でのツアーも開催してくれるそうですが、日程が合わずに断念です。
eko_centrum_7.jpg
私が見ている間にも、2つのグループが訪問しており、スウェーデン語のツアーが行われていました。


ツアー参加者は、折りたたみの椅子をめいめい持って、一つ一つの部屋で椅子を広げては説明を受け、終わったら次の部屋に移動をするということを繰り返していきました。

eko_centrum_5.jpg

環境問題を考えると、暗い、重い、めんどう... ってイメージを抱きがちです。

でも、こういう施設で学べば、何か制約の多いゲームのような気がしてきて、ちょっとワクワク感が得られ、前向きに捉えられるような気がしてきました。




関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *コミュニケーション*

02:28  |  └ Sweden  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

海外での環境問題の情勢ってどんな感じなのかな、と思っていました。なるほど、手作り感ですか。。
日本の環境問題に関連した施設というのは、企業が環境対策をアピールしているようなものがほとんどのような気がするんですけど。。確かに日本はそういう技術力があるから企業が率先してやっていくのは良いことだと思うんですけど、会社イメージの向上やCM効果を狙っているのが見え見えなのがちょっと寂しいけど・・。
日本も一般市民レベルで考えられるような機会がもっとあるといいですね。
SHUN |  2007.12.10(月) 22:57 | URL |  【編集】

SHUNさんへ

いつもコメントありがとうございます。
日本人ってまじめだから、規則として決めたりすると、一生懸命実施してくれる、例えばリサイクルなんて、せっせとやってくれる人が多いような気がします。
だけど、全体感として環境をどうしよう、その為にこういう活動をしようなんていう発想が低いような...
だけど、ブログなんて見ていると結構良いことを書いている人が多くて、コレが広まっていくのも日本流の解決策なのかなぁ~て考えたりもしています。
えこたび |  2007.12.11(火) 07:38 | URL |  【編集】

素敵ですねー

北欧の町並みや家具、雑貨って本当におもちゃ箱みたいにかわいくて素敵 あこがれちゃいますぅ
なんでむこうの人ってこんなにセンスがいいんだろう センスのいい環境で育っているから、その繊細な感覚が絶えることなく続くんでしょうねー
shoko |  2007.12.11(火) 16:46 | URL |  【編集】

shokoさんへ

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ヨーロッパに行くとステキ~って思ったりしますけど、
日本びいきの私としては、日本人もセンスあると思う!
でもないですか? だめ??
えこたび |  2007.12.11(火) 19:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/28-297a40e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。