2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.08.21 (Sun)

アラスカ、アラスカ!

11Alaska_06.jpg
ある日、「旅をする木
というタイトルに惹かれて

この本を手にとって以来、

すっかり星野道夫さんに
惹かれてしまいました。

そして、その星野さんが虜になった
アラスカとは

一体どんなところなのだろうと
行ってきました。

アラスカの面積は

アメリカ50州の中で最大、
北海道の約18倍の面積で


11Alaska_10.jpg

人口は

約71万人で
北海道の約1/8です。

米国の中で最も天然資源に
恵まれている土地であり

なかでも、
アラスカの北岸

北極海に面したところに
米国最大規模の油田がある。

この油田から

アラスカ州を
二つに分断するかのように


11Alaska_13.jpg

大きなパイプラインが
南北に通っており

このパイプラインの南端にある
プリンス・ウィリアム湾では

原油タンカーの
バルディーズ号が

1989年に
座礁したことで有名。

当時、海上の人為的環境破壊では

最大級といわれ

バルディーズ号の
原油流出事故といえば


11Alaska_Railroad_11.jpg

環境問題に関する教科書には

必ずと言っていいほど
でてくるといっていい。

が、

先日2010年に起きた
メキシコ湾での原油流出事故は

呆気なく、

バルディーズ号の
被害算定量を

越えてしまいましたけど...



11AK_Glacier_Cruise_02.jpg

そんなドロドロした?歴史を
もつアラスカですが

冬の厳しさが、

人間の侵入を
阻んでいるせいなのか

なんといっても
その手つかずの広大な自然がすばらしい。

そして遠い昔、
インディアンとエスキモーが住む土地で

その後、
ロシア領となり

最終的に、1867年には


11AK_Glacier_Cruise_07.jpg

ロシアからアメリカに
売却されたという歴史を持ち

ここに住む人たちの

文化のミックス度合い?も
非常に興味深い。

おみやげ屋さんには

サンタフェで見たような
インディアン・アート

毛皮や牙、骨からできた
エスキモー・アート

が並んでいるかと思いきや



11Alaska_zoo_07.jpg

その隣に
マトリョーシカが鎮座している...

ほんの数日間、しかも
アラスカ南部にのみ滞在しただけで

えこたびとしては
かなり消化不良でして

是非、また訪れたい!

しかし、アラスカは日本から
距離が近いのに

ダイレクト便が、極端に少なく
そのダイレクト便も

パッケージツアー
でしか利用できないので

えらい遠回りして、行かなくてはいけなかったのが、シャクに触ります。

もっとダイレクト便、飛ばして欲しい(切望)。

関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:10  |  ├ USA (AK)  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/288-af71a6f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2013/07/19(金) 21:58:02 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。