2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.10 (Tue)

紅茶工場の見学

Tea_Factory_08.jpg

スリランカは、紅茶の国。

イギリスの植民地のころ

イギリス人が
持ち込んだ紅茶が根付き

紅茶をよく飲む
文化のようです。

しかも、

濃い紅茶を、
たっぷりの牛乳とお砂糖で

飲んでいました。



NuwaraEliya_06.jpg

えこたびは、
大のコーヒー好きなので

コーヒーが飲めないと
つらいなーと思っていましたが

紅茶がおいしいので

コーヒーが恋しい
という思いは

一度も
抱かずにすみました。

紅茶工場の見学にいくと



Tea_Factory_09.jpg


その工場の名前
の入ったカップに

たっぷりの紅茶をいれて

まず迎えてくれます。

そして、

案内役の
おねーさんがやってきて

工場内を案内してくれます。

えこたびは、



Tea_Factory_13.jpg


PEDORO という工場と
GLENLOCH という工場の

2軒を見学しました。

それぞれの工場には
特徴的な紅茶があるらしく

前者は Lover's Leap
後者は Silver Tips

という紅茶でした。

私は
紅茶をよく知らいのですが



Tea_Factory_10.jpg

いろいろな種類があるのですねぇ...

紅茶工場の見学は
タダだったり、

100~200円程度の見学料を
とられたり

写真を撮れたり、
撮れなかったり、

薪をつかう工場があったり
天日干しを行う工場があったり、

製造工程にもいろいろあり

ヌワラエリヤの周辺には


Tea_Factory_11.jpg


いくつもいくつも
紅茶工場があるので

自分の好きなところを
探していくのも楽しそうです。

たっぷり
試飲させてくれるので

自分の好きな紅茶をめがけてとか?

紅茶畑は
スリランカの中でも高地にあるので

初夏のような気候で気持ちよく



Tea_Factory_12.jpg

周り一面、紅茶畑の中の
のどかな風景で

窓を全開した工場から

ガタンゴトンと、
紅茶を選別したりする機械の音が響き

青々とした葉っぱのにおいや

乾燥や発酵の終わった、
紅茶のにおい

などが漂ってきて

何とも心地よかったです。

どの工場にも
おみやげコーナーが充実しており

できたての紅茶を、かなり安く購入できました。
関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:20  |  ├ Sri Lanka  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/302-1f3abe5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。