2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.21 (Fri)

スイスでの鉄道の旅

Swiss_17.jpg2005年冬に訪れた時の話のつづきです。

日程やチケット(安いチケット...)の都合で、
この時はヨーロッパを鉄道で
横断するような旅になりました。

日本の鉄道にも、
グリーン車と普通車がありますが、
ヨーロッパではそれ以上に、1等車、2等車と分かれている割合が高いと感じました。
Swiss_11.jpg
特急や急行などの列車ではなくても、
分かれていることが多いのです。

1等車では、座席の座り心地が良い
ということの他に、
私はその雰囲気の良さが気に入りました。

座席の前には簡単な木製のテーブルがあったり、
列車にもよるとは思いますが、

出してくれるコーヒーは陶器のマグカップに注がれます。
Swiss_13.jpg
きれいな車窓を眺めつつ、
そのテーブルでコーヒーを飲みながら
本を読んだり、物思いにふけったり...
PCの電源も用意され、
無線LAN(有料)も利用できたりしました。

日本の新幹線のグリーン車でも、
同様のサービスがあるとは思いますが
私は、俄然雰囲気が異なると感じました。
Swiss_12.jpg
日本の電車は移動することが主目的。
席も窮屈だし、
車内のデザインや快適性などもイマイチ。

もちろん、そういう電車も地方に行けばあるのかもしれないけど
まだまだ認知率が低いような。
Swiss_16.jpg
大きい荷物を置いたり、
コートを掛けたりするスペースも
ヨーロッパの電車には、きちんと存在しました。

ペットも自由に乗っていて、
通路にでぇぇぇ~ん、って
犬が寝ているというような、ほのぼのした雰囲気もありました。
Swiss_18.jpg
もう少し魅力的な電車を増やせば、通勤・通学の他に
電車の利用者も増えるのではないかと
思うのですが、そうは、行かないのかしら...

オリエンタル急行のように、
移動することが目的ではなくて
列車の旅自体が目的となりうるような魅力的な電車が...

以前に、テレビコマーシャルで
車だと周りを気にせずおしゃべりが
出来るってありましたが、
もし個室があればその問題も軽減できるはず。
Swiss_19.jpg
それに電車なら、
事故を気にせずおしゃべりが出来ます!

前にも書いたように、電車で移動した方が
車や飛行機で移動したときよりも
環境負荷は軽減されます。

速さ、正確さで名高い “シンカンセン” の他に
快適で日本情緒たっぷりの魅力的な電車で、日本を代表するようなのは出来ないだろうか、

スイスでの車窓を眺めながら、そんなことを考えていました。


関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

20:37  |  └ Switzerland  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

スイスの車窓からお届けですね。
なんて素敵なんでしょう。
車窓を眺めながらのコーヒーブレイク、やっぱり映画のワンシーンを見ている様です。
日本の雰囲気とは違うヨーロッパの列車乗ってみたくなりました。
英語もフランス語もドイツ語もしゃべれません。
ダメだ。行かれないです~~涙、、、
Rie |  2007.12.21(金) 23:33 | URL |  【編集】

Rieさんへ

こんばんは。いつもか素敵なコメントありがとうございます。
是非、一度乗ってみて下さい。とってもワクワクしました。
英語・仏語・独語、私はな~んにも出来ませんよ!
いつも珍道中です。乗る方向間違えたり、違うところで降りちゃったり。
でもそれが楽しいのです。
でもでも、Rieさんの心配~って言うのは、よくわかります。
私も若かりしころは、そうでした。
でも、オバサンになったら、心臓に毛が生えちゃって...
ハプニング、上等! (終わってる...)
えこたび |  2007.12.22(土) 01:05 | URL |  【編集】

海外の電車は乗ること自体に旅の楽しさがありますよね~。えこたびさんの日記にはそんな雰囲気が感じられます。
確かに日本の鉄道はやっぱり殺風景。。。
読書したり珈琲をすすりながら景色を眺めたりできるのはいいなぁ。無線LANまであるんですか。
SHUN |  2007.12.23(日) 01:12 | URL |  【編集】

えっ~~~しゃべれなくても行かれる??
行きたいです。
私も心臓に毛が生えちゃってるおばちゃんなので・・・。
ハプニングもいい思い出ですよね。
Rie |  2007.12.23(日) 01:45 | URL |  【編集】

Rieさんへ

おはようございます。またまたコメントありがとうございます。
まあ、英語のみちょこっとだけ出来ると言えばできるか?
いや、びみょ~。でも仕事で使えるほどでは全くありません。
コトバが出来れば出来るほど、ラクだというのも事実です。
最近「指さし英会話帳」とか、電子辞書とか、便利なモノもあります。
それらを駆使するのです!
それに、日本に来る外国人だって日本語しゃべれないじゃないですか!!
えこたび |  2007.12.23(日) 10:38 | URL |  【編集】

SHUNさんへ

いつもコメントありがとうございます。
その国ごとに、鉄道会社が異なり(あたりまえ?)、ロゴがそれぞれあって、グッズ販売していたりします。
スイス国鉄はSBB、ドイツ鉄道はDB、なんてしっかりマグカップに書いてあったり...
とにかく、とても快適でした。
えこたび |  2007.12.23(日) 10:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/34-73995e8b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。