2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.01.19 (Sat)

メルズーガ

12Merzouga_00.jpg
モロッコに行こうと
思った理由はいくつかあるんですが

そのうちの1つは
サハラ砂漠。

サハラ砂漠といっても

モロッコは
その西端に接しているだけですが。

モロッコで
砂漠に近い街に

メルズーガ(Merzouga)

というところがあり
そこに宿泊して


12Merzouga_01.jpg

砂漠を散策することにしました。

まず
何もない道のど真ん中で

フェズからのガイドさんに
車から降ろされました。

宿は、ここだって。

看板一枚で

一体どこに宿があるのよぉ~
って感じ。

しばらくすると



12Merzouga_03.jpg

古いパジェロが
迎えにきてくれました。

えこたびの
ボコボコのスーツケースが

車の中に入らず

無造作に
屋根の上へ。

荷物が振り落される
んじゃないかと

ひやひやしながら

道なき道を進むこと十数分、


12Merzouga_05.jpg

目的の宿に
到着しました。

宿についたら
早速、ラクダツアーへ。

ラクダ初体験!

ところが
乗ろうと思ったラクダの

ご機嫌斜めで
吠えまくっています。

まるで恐竜みたい。

されど


12Merzouga_04.jpg

砂漠を案内してくれる
おじさんは慣れたもので

はいはいと

ラクダの
膝をたたませて

私たちを乗せてくれました。

が、

なんと、乗り心地の
悪いこと!

ものすごい揺れです。



12Merzouga_06.jpg
ラクダに
絨毯でできた鞍もどきを載せ

そこに、つかまれるように
棒を作ってくれて

あるのですが

あまりの揺れに
そこから手が離せない...

片手は話せても
両手は無理。

なんとまあ...

腹筋とか脚力とか
鍛えてあったら


12Merzouga_07.jpg

両手離せるんですかね?

そもそも一眼を片手で
使えないのが悪い?

コンデジ持って来れば
よかったと激後悔。

しかし

風の音しか聞こえない砂の世界を

ラクダが砂を踏みしめる
音とともに

ゆっさゆっさと
進むのは何とも不思議な感じ。


12Merzouga_14.jpg

そんな散歩を
しばらく続けて

ようやく
鑑賞ポイントにたどり着き

夕日が沈むのを
ラクダと一緒に眺めました。

砂漠っていうのは
本当に生きているみたいで

表面を
じっと眺めていると

常に風で砂が動いている、



12Merzouga_16.jpg
止まっていないんです。

おもしろいなーと
眺めていると

日が沈むにつれて
辺りがどんどんオレンジ色に染まっていく...

想像以上の
神秘的な景色でした。

砂漠の景色を堪能して
宿に戻り

一眼を掃除していましたが

砂漠上でレンズ交換
していないにも関わらず


12Merzouga_11.jpg
レンズ外すとき
ジャリって言いました(涙)。

プロの方にお伺いすると

砂漠では
カメラをジップロックに

入れておくとのことでしたが

写真撮るときには
どうするんでしょうか??

カメラには
申し訳ないことしちゃったかもしれませんが

お試しサハラ砂漠
かなり楽しめました。ラクダも可愛かったし。



関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

00:31  |  ├ Morocco  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/345-144a1a73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |