2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.08.30 (Fri)

ライオンとおさんぽ

13Lion_02.jpg
ジンバブエで

「ライオンと一緒に歩ける」

というキャッチコピーの
夕方からの半日ツアーに参加しました。

ツアーバスが到着したのは

Lion Encounter

というところで,

施設につくと
まず係の人の説明が始まりました。

で,ここに来るまで
全く知らなかったのですが


13Lion_04.jpg
野生のライオンというのは
激減しているそうです。

この施設での説明は

確か80%減だといっていたように
思いますが

帰ってから文献を調べてみると(注1)

野生のライオンを数える
のは難しいので

現時点で
何頭生き残っているのか

確かな数字は
わかっていないそうです。


13Lion_05.jpg
その減っている理由も
正確にはわかっていないそうですが

かなりの勢いで減っていることには
間違いないらしい。

一つの要因のみによって
生物種が絶滅する

ということはほとんどなく

複数の要因が重なり合って
絶滅をもたらす(注2)

そして,その理由に

人類が
大きく関与していることは明らか...


13Lion_06.jpg

国際自然保護連合のレッドリストには

絶滅寸前(CR)種~経度懸念(LC)種まで
6段階ありますけど

そのうち絶滅寸前の次の次,
危急(VU)種 ですって。

そんなに~?

そんな野生のライオンを

人工的に繁殖させて
野生に生きる訓練をして放つ,

という活動を
しているのが,この施設。


13Lion_07.jpg
えこたびも喜んで参加しているので
何も言えないのですが

仔ライオンが

こうやって観光ツアーの的となって

外貨獲得の手段になっているのが
ちょっと気になる。

されど
ライオンへの理解を深めてもらう
というのは確かにある。

だってこうやって私が

帰ってきてから
一生懸命調べているんですから。


13Lion_12.jpg

施設にいるライオンは
仔ライオンばかりで

すごくかわいい。

仔ライオンであるがゆえに
まだ遊びたがるので
人にじゃれてくるらしい。

その猫パンチならぬ
ライオンパンチは,

人間には
大きなダメッジとなりかねないので


13Lion_09.jpg

係の人は,

かなり慎重に注意事項を
説明していました。

ライオンの前方には絶対に立たない,
必ず,顔より後方の位置に立つ,

こちらを向きそうになったら,

ライオンの口の中に棒いれて,
前を向かせる

プラプラ何か揺れるものがあると
反応するので,

首から何かを下げたりしない,


13Lion_08.jpg

屈むときには

両膝を折った姿勢ではなく
片膝は立てること

すなわち,

襲われたときには,
瞬時に立ち上がれるようにすること。

説明を聴いているうちに,
だんだん恐ろしくなってきました...

しかし中に入ってみると

ライオンはかわいくて
恐ろしさの微塵も感じられない。


13Lion_11.jpg

そんなライオンの無邪気なお散歩に

人間様がゾロゾロと
1時間くらいお供するツアーでした。

ライオンの前方に出られないことより

写真は,
めいめいのカメラで

係の人が,ライオンと一緒の姿を
撮ってくれました。

そして,お散歩の過程は
ちゃっかりとビデオ撮影されており

ツアー終了後には編集して
音楽まで入れて


13Lion_10.jpg

DVDに焼いて30ドルくらいで
販売していました。

ライオンを触った手を
きれいに洗って

飲み物とお菓子を頂きながら
そのビデオをみんなで鑑賞したら

DVDの注文をとられ

これで,このツアーは終了。
今までに体験したことのないツアーでした。






注1) NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 08月号
注2) 甲斐知恵子,伝染病が野生動物個体群に及ぼす影響,Japanese journal of zoo and wildlife medicine 2(1), 13-17, 1997
関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *どうぶつ*

21:59  |  └ Zimbabwe  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/360-069e4fcc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。