2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.16 (Sat)

カカドゥ国立公園

Kakado_03.jpg
ダーウィンから250kmほど東に
カカドゥ国立公園がありました。

このオーストラリアの
トップエンドにある国立公園,

ある写真集で
以前に非常に美しい写真をみてから

一度訪れてみたいと思っていました。

オーストラリアの
ノーザンテリトリーと言えば

エアーズロックが
有名ですけど

カカドゥは,さほど
人気がないのか?


Yellow water_04

乾季のハイシーズンにも
かかわらず観光客も少なく,

公園内の道路を走っていても
車とすれ違うこともほとんどなく...

あとは,

今までに訪れたオーストラリアの
国立公園では

道路を走っていると
ワラビーやカンガルー,コアラなど

動物に
かなりの頻度で遭遇したのですが



Darwin_09.jpg

ここでは,
ほとんど見かけませんでした。

ダーウィンから,
カカドゥまでの道のりは

一本道で,単調で
車にもすれ違わなければ

交差点も信号もなく

そのうえ
動物も飛び出してこないとなると

かなりつまらなくて
眠くなってしまう道でした。

ただし,丘に動物が見あたらなくとも



Yellow water_22

水際には,
クロコダイルが潜んでいるようで

しつこいほど
注意喚起の表示がありました。

そして

川岸などで一心不乱に
カメラのファインダを除いていると

手のひらをパーにして
両手の肘と肘をくっつけてから
手を勢いよく合わせる仕草,

すなわち,



Kakado_07.jpg

ワニが大口を閉じる
様子を示すジェスチャーを

何人もの人がやってくれて

気を付けるように
諭されました。

この辺りは,雨季になると

海抜の低いところ一体が
冠水してしまうほどの

大雨が続くんだそうで

地面からの水位を示すスケールが
そこここに生えています。



Kakado_08.jpg
カカドゥ初心者なので
乾季に訪れてみましたが

鳥を観察するには
雨季の方がいいようです。

というのも

川や湿原があるのですが
今の乾季には

かなり干上がってしまっていて

鳥たちは,水のあるところに
群がっているので,

どうしても遠いところからの
観察になってしまうのです。



Yellow water_14

でも,ものすごい鳥の種類と数でした。

もう,朝は
鳥がうるさくて目が覚めるくらい。

あとは
日本では,鳥籠の中か

動物園などでしか見ないような
カラフルな鳥や,大きなオウムなどが

群れを成して飛んでいると
ちょっと不思議な感じです。

鳥好きな方に
是非オススメです。



Kakado_09.jpg

乾季は,ずっと晴天が続くので
天気予報を気にしなくていい

という気楽さがありました。

されど
美しく澄んだ青い空に

雲が全くないというのも

空大好きの私には
つまらなかったりする。。。

雨季になれば
今見た景色から

ガラっと変わってしまうと聴けば



Kakado_10.jpg

ちょっと魅かれちゃいます。

車が濁流にハマったら
どうしようとか心配になるし

あふれた水と一緒に

ワニも流れて来ちゃったら
どうしようとか

いろいろ考えてしまいますけど

違う季節に
是非また挑戦したいと思います。





 
関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *国立公園* *世界遺産*

08:54  |  ├ Australia (NT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/370-b305e4fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。