2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.29 (Fri)

シロアリの塔

Kakado_01_20140826230809e0b.jpg
ダーウィンから,
カカドゥ国立公園に車を走らせる間に

シロアリのアリ塚が
いくつもありました。

カカドゥに行く道で

アリ塚を見ることができる
ということは,

事前に
本で読んでいたのですが

そのアリ塚が
どこにあるとは

書いてありませんでした。



Yellow water_35

よって,

どの辺にあるんだろう,
ちゃんと見れるだろうか,

って,ちょっと心配でした。

ところが,

ダーウィンの街を抜けて
100kmくらい走ったくらい,

だったかな,

そんな心配全くご無用!

という感じで



Kakado_02.jpg

ニョキニョキと
大小様々なアリ塚が

そこら中に
生えていました。

しかし,
この辺りの道路は

時速100~130km程度で
走行している区域で,

道路の路肩は
少し段差があって,すぐに未舗装状態。

あのアリ塚の
写真撮りたい!



Anthill_02.jpg

と思って車を停めるのは

結構大変。

自分の車が

時速100km以上のスピードを
出して走っていることを

あまりの広大な景色に
吸い込まれてしまっていて

認識できていないのです。

100km以上のスピードで
走行している車を



Yellow water_32

急に停めるということが

どれだけ危険かということも
あまりわかっていませんでした。

あ゛!
って,急に叫んで

ハンドル握っている
えこたびダンナが

ビックリしても困るので

ものすご~く
遠くを観察しながら

よさげなアリ塚を見つけると



Yellow water_31

こそこそと
つぶやいてました(たぶん)。

シロアリがなぜ巣を
地中に作らず

地上に作るのかは
よく知りませんけど

この辺りは,雨期には
冠水してしまうから

地上高くに
巣を作ることが

リスクヘッジ
なんでしょうかね?



Yellow water_15
巨大なものだと

高さ3メートルくらいにも
なるそうです。

シロアリは,この辺りでは

枯れた木々を分解してくれる
最強リサイクラー。

生態系の必要不可欠な一員です。

なのに

私たちが普段生活している
ところでは

シロアリは害虫として



Darwin_Food_04.jpg

強烈な薬を散布して
駆除している...

人間って
自分勝手ですよね。

とにもかくにも
新築して間もない我が家に

シロアリを
連れて帰ってきていませんように...

最後の写真は,
カカドゥ国立公園内にある

クロコダイルホテルで食べた,フィッシュ&チップス。 でかいです。





関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *国立公園*

23:27  |  ├ Australia (NT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/373-5ac919c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。