2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.08 (Thu)

ヤンゴン

14Yangon_08.jpg
ミャンマー最大の都市ヤンゴンは,
急激な発展を背景に

東京と変わらないような喧噪ぶり。

バイクが増えた結果,

事故が多発し,
バイクが禁止されたとか。

そのおかげで車が増え
首都高並みに渋滞です。

道路は右側通行なんですが,
右ハンドルの日本の中古車が
大人気の様子。

この国でも,日本車大活躍でした。


14Yangon_06_20150108221612146.jpg

そんなザワザワとしたヤンゴンの
シンボルが

シェダゴォン・パヤー(仏塔)

小高い丘の上に,
どーんとそびえ立っており,

日中は太陽の光で
ピカピカと光り輝き

夜は,ライトアップされて
暗闇にぼーっと浮き上がる。

えこたびが訪問したときは

ちょうど数年に一度の


14Yangon_01.jpg

お掃除?メンテナンス?の時だったそうで

竹で綺麗に組まれた足場に
すっぽりと囲われていました。

私は寺院仏閣等,
あまり興味がないのですけど

このシェダゴォン・パヤーは
綺麗だなーと,思いました。

シェダゴォン・パヤーに行くのなら
夕方がオススメだと

ガイドさんに言われるままに
4時ぐらいに訪問すると

ナットク。


14Yangon_03.jpg

夕方に行く意味がわかりました。

お寺などでは,必ず履き物を脱ぐので
境内は裸足で歩くことになるのですが

裸足だと日中は,足の裏が熱いけど
日が沈んでくると,ちょうどよい感じ。

そして,

日が暮れて,辺りが暗くなってくると

この仏塔が,
次々とライトアップされるのです。

日本の仏像,仏様は



14Yangon_02.jpg

質素で,慎ましやか,わびさび,
のイメージですが

こちらの仏塔は
とにかくきらびやか。

金ピカピカです。

ガイドさん曰く

仏塔は,気が滅入ったときなどに
心を高揚させてくれるところ,

だから,

地味ではなく明るい雰囲気がいいのだと。



14Yangon_04.jpg

しか~し,

仏様の後ろが
LEDで電飾されていて

人工の電気で
ピロロ~ンと後光がさしている感じは

日本人の私には
どうしても違和感があるのですが...


今回,

日本語堪能,
ガイド歴10年超,
もの凄くよくしゃべる,


14Myanmar_02.jpg

ミャンマー青年が
ヤンゴンの街を案内してくれました。

ものっすごい解説してくれて
翌日,復習してくれて

覚えていないと,説教されました。

ワガママえこたび夫婦に
至れり尽くせりの

ガイドさんぶりでした。

ヘインさん,
おつきあい下さいまして

ありがとうございました。


14Myanmar_Food_01.jpg

おかげさまで,

かな~り楽しかったです。

ミャンマーをもっと勉強して
お腹も鍛えて

再訪問したいです。

最後の写真は,
ヘインさんが連れて行ってくれた

Padonmar Restaurant,

ミャンマー料理がおいしい
お店でした。



関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *ガイドさん*

23:11  |  ├ Myanmar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/379-6d57d2bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。