2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.24 (Sat)

バガン

14Bagan_22.jpg
ヤンゴン → マンダレー → バガン

の順で,バガンに到着しましたが、

先の2都市より、
さらに

開発の手が延びていない雰囲気。

道路が舗装されていないところが多く

牛車や馬車が、
砂埃を立てて走り去っていきます。

気候といい雰囲気といい

ちょっと
マダガスカルに似ていたような~。



14Bagan_04.jpg

そして

その雰囲気の中に
仏塔が点在しています。

仏塔の
積み上げられたレンガが

古びて
部分的に崩れているような感じが

何とも言えず、

しかもレンガの赤茶けた色が

緑の木々や、田んぼの間に
ポツポツとある姿は



14Bagan_09.jpg

実にフォトジェニックな景色でした。

この地を楽しむには
先日の気球もいいですけど

地上からは
自転車やバイクがいいようで

レンタルバイクなどが
そこここにあり

結構みなさん利用していました。

まあ、結構距離があるし
未舗装道も多いので

それはそれで大変そうですけどね...



14Bagan_27.jpg

私が泊まったホテルでも

1日数百円くらいで、
貸してくれるようでした。

乾燥している地域なので
砂埃がひどくって

マスクかバンダナか何かで
顔を覆った観光客が走り去っていきます。

また
朝焼けや夕焼けを

仏塔に上って眺める姿も
定番のようで



14Bagan_26.jpg

仏塔の下には

脱ぎ捨てられた靴やサンダルが
ちらばっており

みんな裸足で仏塔に上り
めいめいに景色を楽しんでいる様子。

えこたびも、一度朝日を
↓ある仏塔の上から、眺めてみました。

どこから眺めるのがいいのか

季節や、その日の雲の様子などから
違うと思うので

もうちょっと長逗留して



14Bagan_06.jpg

いろいろな場所、
いろいろな角度から

楽しんでみたかったです。

バガンではガイドさんなしで
車だけの手配だったのですが

英語がいまいち通じなくって

夕焼けを眺めに行きたいと
言ったら

エーヤワディ川の
サンセットクルーズに

連れて行ってくれちゃいました。



14Bagan_08.jpg

本当は、バガンならではの

古い仏塔の間に漂う
夕焼けがよかったのですけど

でも、まあせっかくなので
運転手さんが連れて行ってくれたところから

小舟をチャーター?して
川に出てみると

なんと、

同じように夕焼けを楽しんでいる舟が
何艘もプカプカ浮いていました。

日の入りとともに



14Bagan_23.jpg

シャンパンを楽しんでいるような
舟もあったり...

↑この夕焼けもかなりよかった~。

運転手さん、
素敵な夕焼けをありがとう。

ちなみに1人 10USドル で
小舟をお願いできました。

バガン、本当に素敵でした。
もう少しゆっくり滞在したかったです。

今回は,
2泊しかしなかったのですが



14Myanmar_Food_05.jpg

次にバガンを訪れるなら
4~5日は余裕をもって

自転車かバイクで、
のんびりと廻りたいと思います。

↑この上の写真は

このあたりでよく売っていた
砂絵です。

おみやげとして
観光客には人気の様子でした。


かな~り後ろ髪をひかれる思いで
古都バガンをあとにしました。


関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

00:33  |  ├ Myanmar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/383-dacb8b2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。