2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.31 (Sat)

インレー湖

14Inle Lake_26
ミャンマーの旅で
最後の訪問地は,

インレー湖。

Lonely Planet Myanmar (Burma)によると
ヤンゴン,マンダレー,バガン,インレー湖

は,ミャンマーの4大観光地らしいです。

その4大観光地を

えこたびは
まんまと訪れたことに。

インレー湖は
南北約22km,東西約12kmの細長い湖。



14Inle Lake_30

この湖の周りには,

たくさんの少数派民族が
住んでいるらしいですが,

なかでも特徴的なのが
インター族といういう民族で

この湖上で
漁をして生活しているらしく

器用に足で櫓をこいでいました。

この人たちは

昔は,足で漕ぐスピードで
済んでいたんでしょうけど


14Inle Lake_32

最近では
モーターを載せるようになったらしく

すごいスピードで移動してました。

このインレー湖に行くまで

湖上でカヌーに乗るということは
わかっていたんですけど

すべての移動手段が
カヌーだということは,

さっぱり認識していませんでした。

インレー湖にもっとも近い空港の
ヘーホーに着くと


14Inle Lake_33

インレーでえこたびの
ガイドを勤めてくれた

日本語をしゃべる
ミャンマー人の女の子が

「これからー,ホテぇルにー行きます」

と案内してくれました。

そして
空港から車で30分くらい走ると

いきなり,

えこたびのデカいスーツケースが
車からカヌーに移動されました。


14Inle Lake_27

その時点で,ん???

そう,

ホテルに行くのも
カヌーで移動らしい。

そして
ホテルにチェックインしてから

「お腹すきぃましたかー?
 ご飯いきますー?」

といって,
湖上のレストランに




14Inle Lake_19

またまたカヌーに乗って
連れて行ってくれました。

翌日には,市場に連れて行って
くれたのですが

もちろん市場にも
みなさんカヌーでやってくるので

お買い物に来ている地元の人と
見学に来ている観光客で

辺りはものすごい渋滞。
車ではなく,カヌー渋滞。

えこたびのカヌーには
若い男の子の船頭さんがいて



14Inle Lake_16

ずっと彼が
一緒に回ってくれたのですが

渋滞を脱するのに

人のカヌーを
手で押しのけて進んでいきます。

ん~,これは初めてだ。

世界には
水上生活をする人たちがいる

とは聴いていましたけど

えこたび,
見たのは初めてでした。



14Inle Lake_14

雨季と乾季では
水かさがずいぶんと違うらしく

水かさが増えても
大丈夫なように

湖上の建物はすべて高床式。

支えている木は
くさっちゃったりしないんだろうかと

心配になります。

農作物ですら,
水上で水耕栽培なんだそうです。

このインレー湖


14Myanmar_05.jpg

カヌーで移動していると

泳いでいる水牛
に遭遇するなど

とても
のどかでよかったのですが

唯一残念なのが
カヌーのエンジン。

ものすごい音とともに
黒煙を吐いて進んでいきます。

エンジンというものが
入ってきて

速く移動できるということで
カヌーに載せる人が

増えたんでしょうけど

この美しいインレー湖には,とても似合わないのでした。

関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *交通*

00:39  |  ├ Myanmar  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/384-f5d70558

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。