2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.09.01 (Thu)

幸せの国ブータン

16Bhutan_40.jpg
すっかり

ブログにも、写真にも、旅行にも
ご無沙汰してしまいました。

旅に出ても、
ブログ更新する元気なし。

もう、終わってます…

されど、
やっぱり旅の記録は残しておきたいなと

一念発起!


夏休みに
ブータンに行ってきました。


16Bhutan_32.jpg
GDPよりも
GNH(Gross National Happiness)

が大切であると

国王みずからが発言する国って、

一体どんな国なんだろうと、
ずっと昔から興味がありました。

しかし、
ブータンに行くには

一日一人250ドルという、
公定料金を支払い

常にガイドが同行するルール
があるという話だし、


16Bhutan_08.jpg

既定の旅行会社を
通さないといけないし、

夏は雨期だと聞くし、

冬は標高3000m級の国だから寒そうだし
春秋は、仕事休みづらいし

ど~しようかな~と、
ずっと悩んでました。

そんなとき、

夏休み前に、
どこ行こうかな~って、

パラパラと、
いろいろ読んでいたころ、


16Bhutan_13.jpg
上野の森美術館で、

ちょうど「ブータン展」を
やっていて、

えこたびの中のブータン熱が
再燃していたところに

国交30周年を記念して、
公定料金の値下げという文字が。

ふーん、どれどれと検索し始めて、

ちょっと旅行会社に
問い合わせてみたところ

すでに休みが取れそうと思われる日の
フライトが満席だと。


16Bhutan_04.jpg

なにぃ~と、さらに火がついて、
すっかり、予約してしまいました。

ブータンに行くと決まったら、
早速、本や文献を読み漁ったんですが、

一番、気に入ったのが

御手洗たまこさんの
「ブータン、これでいいのだ」

私が抱いていたブータンイメージが
打ち砕かれた感じ。

だけど、実際に行ってみると
またまた違うイメージで、



16Bhutan_33.jpg

ものすごくきれいな景色や建物がある
というわけでもなく

何がよかったかと聞かれたら

人がよかったと答えると思います。

帰りの飛行機の中で、

旅先から帰ってくる
という気分ではなくて

むかしむかし、

大好きなおばあちゃんの家に
夏休みに行って



16Bhutan_00.jpg
別れるのがつらくて
帰りの新幹線で
泣いていたときのような気分。

なんだろうな、

なんとも表現しにくいのですが
すごく私は気に入ってしまいました。

お風呂のお湯は
ちゃんと出なかったりするし

ドライヤー使ったら
ブレーカー落ちるし、

国道一号線のような唯一の道路が、
土砂崩れで閉鎖されているし

とにかく、まあいろいろありましたけど

また行きたいです。
いや、また行きます!


関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

23:31  |  ├ Bhutan  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/392-088f383c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。