2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.01.25 (Wed)

ブータンの暖房

17Bhutan_170104_175748.jpg

ブータンの電化率は、
2016年時点で、75.6% (注1)

すなわち、

まだ、4分の1程度の世帯において
電気を使っていない。

これも、

ここ数年で、
上がってきた値で、

2008年時点での
地方部での電化率は

約半分程度だったとか。

何軒か、農家のお宅に
上がらせてもらいましたけど



17Bhutan_170101_040339.jpg
ほとんど電化製品が
ない感じでした。

家庭で電力消費の大きいものは
空調と給湯ですが

ブータンの家庭には

エアコンとエコキュートは
まず間違いなくない感じで

冷蔵庫はどんなに大家族でも
200L級が1つといった感じ。

調理は少し前までは
薪だったようですが

現在ではプロパンの様子。

一般家庭のお風呂は
確認できなかったのですが



17Bhutan_170103_080715.jpg
伝統的なものは、

焼いた石で水を温める
ドッツォというものらしい。

でも

山間部で気温の低い
ところですので

そう頻繁にお風呂に入る習慣
はない様子。

日中にお年頃の女の子が

外の流しで、
たらいに水をためて

髪を洗っている姿を見たのですが

たらいのお湯数杯で



17Bhutan_161229_171200.jpg

簡単に済ませている感じ。

そして暖房は、
ブカリと呼ぶ、薪ストーブ。

一家に一台、
居間にブカリがあって

寝室などの各部屋には
暖房はなく

居間でみんなで暖まって
寝るときになったら寝室に行く

と、ガイドさんに聞きました。

よって

給湯や冷暖房に電気を使わず




17Bhutan_161228_190041.jpg
冷蔵庫もテレビも小さいか、
使ってないとなると

日本の家庭の
電力消費量に比較すると

1/4 とか 1/5 といった
レベルのように思います。

ところが、

私たち観光客が泊まるホテルには

暖房として

オイルヒータとか
電熱式のヒータが置いてあり

部屋がスカスカで
大きいので



17Bhutan_161231_152031.jpg

常時つけていないと
(つけていても?)

暖まらない感じ。

お風呂も、
電熱式の給湯器。

これらは、
すべて1kWh/h級ですので

日本の平均家庭電力消費量
1日平均 10kWh

に対して

オイルヒーター、
1日つけていたとしたら 
25~35kWh、




17Bhutan_161229_163048.jpg

電熱給湯器、冬季に
お風呂1回分で10~20kWh

結構な消費量です...

こうやって、

開発途上国にて
電気を使おうとすると

まずは

安価で、効率が悪い機器
が導入される。

日本発のヒートポンプ式の
エアコン、給湯機は

電熱式の暖房や給湯機
と比較すると




17Bhutan_161229_053735.jpg

4~6倍程度も
効率のよいもの(注2)

しかし、高くて購入できないし、
メンテナンスとかも難しい。

これは、

どうにかしてあげた方が
いいと思うけど、

ブータンでは、

そもそも
電気が水力発電なので

CO2フリーといえば、
CO2フリーなのである。

あとは



17Bhutan_161229_112108.jpg

薪ストーブだけど

これも
カーボンニュートラル。

人口密度の低い
山に住む人たちなので

森林破壊につながるほどの
量は消費しない。

都心部では
薪を購入することがあるけど

ひと冬で、
トラック1杯分ぐらいを購入し、

トラック一台分の薪は
約9000ヌルタム(約16,000円)




17Bhutan_161231_063910.jpg

これだと、
結構、暖房費かかる感じですが

薪は、基本的に
森で集めてくるんですって。

そうしたら、暖房費タダ。

薪を用意するのは
すごく大変だと思うけど

ここの人たちは
あまり大変だと思っていない様子

ですし、ブカリは
ブータン文化の象徴のような

感じもする。





17Bhutan_170107_145716.jpg

ブータンのGNH向上に
寄与する

エネルギー利用とは
どういう形になるのかなぁと

すがすがしい匂いがする
松の薪が

ブカリの中で
燃えるのをみながら

眉間にしわを寄せながら
考えてました。

そうそう、

Chir Pine (ヒマラヤ松)

の松ぼっくりが
やたらと大きい。。。 →→→







注1) 資料:GLOBAL NOTE 出典:世銀 http://www.globalnote.jp/post-14571.html
注2) 国立環境研究所、環境技術解説 ヒートポンプ
    http://tenbou.nies.go.jp/science/description/detail.php?id=11
関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : *ライフスタイル* *エネルギー利用*

21:40  |  ├ Bhutan  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/407-653c2b8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。