2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.04.11 (Fri)

オレンジのさわやかイケメンに思う

Bangkok_24.jpg
昨年の5月にバンコクに行きました。

バンコクは日本から近いですし
行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

私は初めてだったのですが
自分の少ない経験からの感想としては、
Bangkok_13.jpg
マニラほど怖くなく、

シンガポールより、
ごちゃごちゃしてて、

ホーチミンよりかは、バイクが少ない、

そんな感じでした。 <どんなんだって?

唯一怖かったといえば、野良犬。

Bangkok_12.jpg
なんか、妙にホテルの周りにいたんです。
(これは、ネコ。→)

当時、ちょうど日本でも狂犬病のニュースが流れていました。

そして獣医の姉から、
超マニアックな狂犬病のレクチャーを
受けたばかりだったので、
さらに怖さ、倍でした...
Bangkok_02.jpg
でも、その他は人は親切だし、礼儀正しいし
ご飯おいしいし、快適でした。

で、最も印象的だったのが、
お坊さんに対する敬意。

ある時、電車に乗っていると、
椅子が所々空いているという
状況でした。
Bangkok_20.jpg
そこへ、お坊さんが乗ってきたら
3人のワカモノが、スパっと立ち上がって
席を譲ろうとしたんです。

ちょっと、感動~。

街中では、オレンジ色の衣をまとった
お坊さんに、良く会いました。
Bangkok_10.jpg
お坊さん率、高いんでしょうか?

以前流行った、
国家の品格」(藤原正彦 著)に、

新渡戸稲造がベルギー人に対して
「日本には宗教教育がない」 と話すと

Bangkok_08.jpg
「宗教なしでどうやって道徳教育ができるのか?」
と驚かれた...

という件(クダリ)がありました。

日本に宗教がほとんど存在しないのは
良いのか?悪いのか??

そういえば私も、ありがたい教えって受けたことがない。

例えば、クリスチャンだったら
教会で毎週、“許したまえ、さもなくば・・・”
といったような、お話を聴けるのですよね?

オレンジ色のさわやかな姿に、少し考えてしまいました...


関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

21:10  |  ├ Thailand  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

野良犬ちゃん♪

犬好きですが、野犬は恐いです(><;)
ラオスでは野犬は恐くなかったのですが、
実は私・・・
以前タイ北部で山岳少数民族の村へホームスティーした時の事なんですが、
何もしてないし近づいてもないのに
いきなり野犬に襲われ噛み付いたまま離れてくれませんでした!
恐かったのですが冷静になり、敵じゃないよと言い聞かせ
上と下のキバをを掴んで口を開かせて低姿勢で前のまま離れました!
お坊様に対する敬意はすばらしいですよね。
私も今回実感しました。

旅記事はもちろん!後なんちゃってエコな私ですが興味があるので過去記事も見させてもらって帰ります(^^)/



*たびねこ* |  2008.04.11(金) 21:56 | URL |  【編集】

今度はバンコクですか!本当に世界各国を飛び回られてるという感じで凄いですね~。羨ましい。。。
こちらの仏教の寺院は独特の派手さがありますね~。金ぴかな建物をよく写真で見ますけど。日本のお寺はかなり地味で、逆にその地味が風情になってるけど。。。

「国家の品格」ってちょっと前にベストセラーになったやつですよね。僕はまだ読んでないんですけど、「宗教なしでどうやって道徳教育ができるのか?」というくだり、なるほど。。。
宗教教育は諸刃の刃みたいなところもあるし、難しいな・・・僕個人的には思想や道徳を一つの宗教教育で統一してしまうことに抵抗を感じてしまう方ですけど、実際にどちらの人々が平和で幸せな生き方なのかな、と考えると日本の方が良いと言える自信がなくて・・。
SHUN |  2008.04.12(土) 02:33 | URL |  【編集】

オーストラリアは多国籍の国で宗教に関してとてもデリケートな国でしたけど、うちの子が通っていた小学校では、キリスト教について学ぶ時間がありました。信仰するしないは別として、あたしは、やはり仏教に触れる教育の時間があってもいいと思いますねぇ。一応仏教徒?( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘのくせに、海外に行って外国の方に仏教について聞かれても何も答えられなくて恥ずかしい思いをしました∑(; ̄□ ̄A アセアセ
ps 女は灰になるまで女らしいですねぇ( ̄。 ̄)ホーーォ。 ちなみにDVは女→男も数は少ないけれど あるらしいですよぉ w( ̄o ̄)w オオー!
shoko |  2008.04.12(土) 14:19 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------
shokoさんへ
-----------
我が家も葬式仏教?ですが、ハッキリ言ってよく解っていません。
前にも、数珠ってどうやって使うんだ?って焦りました。
ぜんぜん関係ありませんが、中学か、高校の時、
違う学校に行ったら教室に貼ってある時間割に「仏」って
書いてあるから、“へぇ、この学校、仏教の時間があるんだ、シブイねぇ”
って大きな声で叫んだら
フランス語だった(汗)。
え、DVって女→男ってあるんですか?よよよ~。

----------
SHUNさんへ
----------
いや、もうネタが尽きてきたのです。
先日からPCの中を掘り起こしています。
確かに、今回の写真は金ピカですが、
これはいわゆる観光客がよく行くところなので、
他に街中で行くと違うのかも?
あまりにきれいなのは、定期的に塗りなおしているのかしら??
宗教の是非って私には、
さっぱり解りません...
宗教が元で争いが起きたり
するわけですものね。
ただ最近、とっても当たり前のこと、
例えば「人に迷惑をかけてはいけない」とか
「困っている人を見たら助けてあげる」という
ことが出来ない人が多いような気がして、
ちょっと気になってました。
道徳観というのは、どうやったら培われるのかなぁと。
(もちろん、自分も含めてですが)

-------------
たびねこさんへ
--------------
はじめまして、こんばんは。
よく来てくださいました。
ありがとうございます。
え、そんな怖いことがあったのですか?その時、傷は負わなかったのでしょうか?
ラオスいいなぁ。行ったことありません。
“たびねこ”っていうブログ名、かわいいですね。
それに、たびねこさんも、たくさん旅なさっていて
写真は美しいし、これからも寄らせて頂きます!
えこたび |  2008.04.12(土) 23:24 | URL |  【編集】

こんにちわ。
タイ、私もいつの日か行って見たいです。えこたびさんの描写、なんとなくわかりました。
タイは仏教国なので、男の子は一度は出家して得を重ねて家に帰って来る風習がある、というようなことを読んだ記憶があります。どこまで正確な話しなのかは不明ですが。でも人々がそんな風に敬意を表すということは、しっかり根付いているということですよね。
日本の場合は、無信心だ、って皆言いますけど、形式ばっていない、空気のような宗教観がやっぱりあると思います。旨く説明できないですけど。
rousse |  2008.04.13(日) 00:34 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------
rosseさんへ
----------
“形式ばっていない、空気のような宗教観”、なるほど。
私はずっと日本にいるから気がつかないのでしょうか。
タイって、すべての男子が一度は出家するのですか...ちょっとナットクしてしまいます。
私はタイのこの雰囲気と、韓国の親を大切にする雰囲気に
結構、感動しました。アジアの国々、もっと歩いてみたいです。
えこたび |  2008.04.14(月) 00:48 | URL |  【編集】

タイ

親戚がしばらくタイに赴任していて、行こうと思えば訪ねられたのですが、結局行かずじまいでした。暑くて過ごすには大変な国だけど、美しい仏教寺院など見てみたいですね。
日本人の宗教観って、特異なのかもしれませんね。
昔イザヤベンダサンの『日本人とユダヤ人』?でしたっけ?あれにもそんな結論があったような。結局日本人の宗教は、人間が中心になっていて、絶対的なものを置くということはしないということかしら?それに仏教や儒教なんかが混じって、世界的にも独特なのかもしれませんね。
sophia |  2008.04.20(日) 13:59 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-------------
sophiaさんへ
-------------
日本人の宗教は、結局“人間が中心”...
なんだか、とってもナットクすると同時に、悲しいような気もしてきますね。
オススメ頂いた本、是非読んでみようと思います。
えこたび |  2008.04.21(月) 23:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/72-de7dc2ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |