2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.24 (Thu)

鉄道革命

Toyo_Keizai.jpg
先日、「鉄道革命」というタイトルの
東洋経済を購入しました。

それによると、
“世界は環境問題、都市渋滞に直面 
      鉄道の新しい世紀がやってくる”
んだそうです。

前にも書きましたが
輸送量あたりの環境負荷は、
車に比べて鉄道は低い。
DSB_01.jpg

車もハイブリッド車などが出てきたので
ずいぶん燃費も向上していますが、
まだまだ電車には及びません。

日本の運輸部門から出ている
二酸化炭素の量は
2001年から若干ではありますが
減少傾向に転じています(注1)。↓

Transport_CO2.jpgところが、このうち
自家用車からの排出量は
増加しています。

この理由について考えてみると

自動車保有台数が増えたり、
排気量の多い自動車に乗ったり、
一台に1人しか乗らなかったり、

SJ_01.jpg
というところでしょうか。

貨物自動車については、
やや減少傾向がありますが

宅急便などが、
“翌日配送” や “時間指定” など

AMT_01.jpg

とても便利になったり
物流サービスがとてもきめ細やかになったような。

あとは、「空飛ぶマグロ」って言われたように
鮮度の為に、スピードを求め空輸も
増えているとか。

よって、鉄道が押されているような
気がしていたのですが

AMT_02.jpg
東洋経済が言うように、
巻き返す時代が来るのでしょうか?

一番おもしろかった記事は、
シベリア鉄道の復活です。

極東のウラジオストクから、
モスクワまで約1万km。
DB_01.jpg
全線乗車すると6泊7日だそうです。

そしてシベリア鉄道は、
開通から1世紀が経つ古い路線なんですね。

この路線が活性化されて、
もう少し速くて便利になったら、

日本からヨーロッパまで鉄道の旅
もあり得るかも?
NSB_01.jpg

飛行機はやっぱり環境負荷が高いので、
電車で行けるというのは、魅力的。
車窓も楽しめますし。

でもさすがに、片道7日はキツイかしら...

あと、その前に日本海を渡らないと行けません。


注1) 温室効果ガス インベントリオフィス(2007) 日本の温室効果ガス排出量データ 
  よりグラフ作成
関連記事

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

タグ : *交通*

00:01  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

鉄道革命ですか。。。環境への負荷は良さそうですよね。
そうそう、リニアなんかかなりエコ鉄道ですけど、いつになったら実用化されるんでしょうねぇ。。コストが物凄いらしいですけど。
日本からヨーロッパまで鉄道のたびなんか出来たら行ってみたいですね~。

>一台に1人しか乗らなかったり

ドキっ!
いや~、できれば二人の方が良いと思うんですけど、残念ながら一人でしか乗れないんですよねぇ。。(笑)
SHUN |  2008.04.24(木) 00:15 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------
SHUNさんへ
----------
リニアって、そういえば時間かかってますね。
中央新幹線が出来ると、またずいぶんと変わりそう...
日本からヨーロッパへ鉄道の旅、ちょっと魅力的だと思います?
ネットでちょっと検索すると、
現状でもシベリア鉄道の旅を企画しているところもあるみたいでした。
通勤に車を使おうとすると、やっぱり一台に一人になってしまうような。
そういう場合、少し小さい車に乗ってみるとか?二人乗りとか。
でもそうなると、自分の気に入った車が無いのかしら。うーーん。
えこたび |  2008.04.24(木) 23:02 | URL |  【編集】

日本からヨーロッパまで鉄道の旅!?
想像したら楽しくなっちゃいました。
でも時間かかりそうですね。
知人が卒業旅行の一人旅でシベリア鉄道でモスクワまで旅してきたのですが
話を聞いたら面白そうでした♪

今、航空燃油量がものすごい金額で泣けてきます(><)
ヨーロッパ便だと、韓国行ってもおつりが出るほどの額です!!


*たびねこ* |  2008.04.25(金) 20:33 | URL |  【編集】

電車がそんなに環境に優しい乗り物だったなんて知りませんでした Σ( ̄□ ̄; )  これからは もっと電車を活用しないとねぇ~ と言っても、ほとんど市内をうろついているので、電車に乗ってまで出かけるような機会もないんですけどね∑(; ̄□ ̄A アセアセ
ps 気まぐれに 元亭主が子どもたちに小遣いに毛が生えたようなものを送ってくることはありますけど、 あてにできませんね。(*´Д`)=з  そぉいう男だから別れたっていうのもあるんですけどねぇ~ 
shoko |  2008.04.26(土) 00:32 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

-----------
shokoさんへ
-----------
電車にも乗らないで済むのが、サイコーですよね。
私もときどき、少し電車を手前で降りて歩くようにしてます。
これは、環境の為ではなく、「体重」のためですが...
養育費、決めた額を守ってくれないということなのでしょうか?
ねこパンチしとく?

----------------
*たびねこ*さんへ
----------------
ほぇ~、お友達にいらっしゃるんですか?
すごいすごい!卒業旅行ということは、2~3月に行ったのでしょうか?
かなり寒かったんじゃないでしょうか??
燃料税、確かにすごいですよねぇ。
原油が値上がりすると、更に増えてくるようで恐ろしい。


えこたび |  2008.04.26(土) 14:59 | URL |  【編集】

日本からヨーロッパへの鉄道旅行いいですねぇ~~
車窓楽しめそうです。
いつか、そんな日が来るといいですね。
でもいったいどの位乗るのでしょう?? 
Rie |  2008.04.27(日) 00:07 | URL |  【編集】

実は私は今回の話題にとっても深い仕事をしています。
”空飛ぶマグロ”といえば、十年くらい前でしょうか、あの成田空港の貨物置場に氷詰されたマグロがごろごろと散乱して、ここは市場?と勘違いするような状況でしたが、今は粗方船で冷凍して送ってきます。
また運送会社さんのを始めとしたエコ対策、大変なものです。
特に2年位前に東京の石原都知事の言に端を発したディーゼルの通行禁止問題は、多くの運送事業者に数億から数百億の設備投資を余儀なくしたもので、最近のガソリン代の値上げといい、運送会社はかなり厳しいみたいですよ。
シベリア鉄道を使いオリエント急行でワインを飲みながら、のんびりと旅行してみた~い!
ジョージ |  2008.04.27(日) 23:38 | URL |  【編集】

企業と家庭の中の人はほぼイコールのはずなのに。

貨物自動車など企業では現象傾向にあるのに
自家用車からの排出量は増加している、ということなんですが、
これってすごく不思議ですよね?
企業で働く人々も家に帰れば消費者なわけで。
同じ人なのにどうして家庭では削減できないんでしょう。
この辺りをハッキリさせれば家庭での増加を止めるヒントになりそうだなと思うんですけどね・・難しい^^;
あゆ |  2008.04.28(月) 19:12 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!

----------
あゆさんへ
----------
こんばんは。今、主人に聴いたところ、自家用車も現在は増加傾向は止まり、
横ばいor減少傾向になっているそうです。
上記データは、2005年までですが、よく見れば既に最後の数年は鈍化してます。
貨物というのは、燃費=経費でしょうから、涙ぐましい?努力をしている成果なのだと思います。
おっしゃるように、勤めている人も家に帰れば、家庭の人なのですよね。

---------------
ジョージさんへ
---------------
あらら、ジョージさんそうなんですか?
なんちゃらロジスティック系でしょうか??
空輸は今はほとんど無いのですね。失礼致しました。
食料のみならず、最近の低価格化で、どこもかしこも大変なんですよね。それだけの設備投資をして、ガソリン代も上がっているのに、消費者から回収出来ないなんて...
やはり、今の日本人は低価格化を追求しすぎているような。
バスツアーも交代する運転手無しで走るというし...
シベリア鉄道、やはり気になりますでしょ。

----------
Rieさんへ
----------
シベリア鉄道、日本海側からモスクワまで乗ると、現状では、7日間かかるそうです。
今でも乗ることは出来るみたいです。
しかし、もう少し速くならないと、ちょっと現実的ではないですよねぇ。
Rieさんなら、写真撮るのが大変で7日じゃとてもとても到達しないかも?
えこたび |  2008.04.28(月) 22:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ecotravel.blog123.fc2.com/tb.php/76-17a2513e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。