2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.08.25 (Fri)

Field of Light

17Field of Light_170810_175441
ウルルを再訪しよう
と思ったのは

Field of Light
というプロジェクトを知ってでした。

ウルルという
大自然に対して

LED電球での
電飾という

真逆のものの
コラボレーション。

写真をみたときに
一瞬で心を奪われました。

さらには

期間限定での開催で


17Field of Light_170810_180913

2018年3月で終了
ということなので

「一生に一度しか見られない」

というこのイベントの
キャッチコピーを見たら、

すかさず

行かなきゃ!
と思えちゃったのです。

なんと
単純ですこと...

この
Field of Light のエリアには

ツアーに参加しないと


17Field of Light_170810_183008

入れない様子で、

ツアーには

・フィールドに入るのみ $ 39
・飲み物とカナッペつき $ 85
・ラクダツアーつき   $189
・フルコースの食事つき $245

などと、
いくつかあって

値段に比例して

フィールドでの滞在時間が
長くなる様子でした。

フィールドへの入場のみ
にしようかなと思いましたが、



17Field of Light_170810_194802

専用の展望台に
入れるのは、

飲み物付きチケットから
のようだったので

85ドル/人のチケットを
購入しました。

ツアーは

日の入り30分前に
ホテル前に集合で、

そこからバスに乗って
始まります。

展望台に、日没前について
そこで、静かに日没を待ちます。



17Field of Light_170810_193209

シャンパンやカナッペが
振舞われたのですが、

写真を撮るのに
忙しい私は

そんな余裕はなく...

日没とともに
フィールドに照明がつき始めたら

展望台を降りて

そのフィールドを歩きます。

照明は
長い棒の先に丸いボールが
ついている形状で

その一本一本が


17Field of Light_170810_193532

ぼーっと明るい。

一つ一つの
明るさは大したことなくて

結構やわらかい明りでした。

そして、そのものすごく
やわらかい明りが大量に

草原に広がっていました。

展望台では何も言われなかったけど
フィールド内では

三脚禁止だそうで、
知らずに使っていて

怒られました...



17Field of Light_170810_193729

なんか全然うまく撮れず(凹)。

私の写真では
全く伝わらない感じですが

すごく幻想的な世界で、

人工的なLED照明が
自然と調和している感じが、

面白かったです。

このプロジェクトは
Bruce Munro という

イギリスのアーティスト
の作品だそうで

オーストラリアに
若かりし頃に訪れた際に


Field of Light

インスパイアされ

それから25年後の今、
彼の思いは実現されたと

ありました。

このウルルのエリアは
先住民のアボリジニにとっては

とても重要なエリアですし、

オーストラリアの
国立公園で

世界遺産にも
なっているわけですから

きっと実現までは



さぞや、大変だったんだろうなと思いました。

ちょっと高いとは思いますけど、よかったです。おすすめします。
サンライズツアーもあるそうです。


テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : *世界遺産*

19:45  |  ├ Australia (NT)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。